大黒さん

つれづれに、道行く人のながれを眺めている土塀のうえの大黒さん

北朝鮮ICBM再発射 韓国THAAD配備急ぐ?

2017年07月30日 | Weblog
備えよ常に! 備えあれば憂いなし



        



1950年6月25日、北朝鮮軍の突然の韓国への

侵入で勃発した朝鮮戦争は、1953年7月27日

国連軍と中朝連合軍は朝鮮戦争休戦協定に

署名し休戦となって現在に至る。

この休戦日に合わせた、2回目のICBM発射に

備えて厳戒態勢がとられていた。

28日11時41分ごろ、想定通りICBM「火星14

型」を発射し、成功したと北朝鮮が発表。

今回の実験で米国全土を射程に収めることが

可能な能力を備え、昼夜を問わず、いつどこ

からでも発射できることが証明されたとする。

弾頭は、奥尻島の北西およそ150Kmの日本

海の日本の排他的経済水域内に落下した。

北朝鮮のミサイル攻撃に備えた米軍のTHAAD

配備地周辺では、韓国の反対派が法的根拠も

なく検問所を設け、民間人が警察関係車両を

検問し、機材の搬入を阻止するなど無法地帯

化し、文在寅は設置には環境調査が前提と

中国の意を汲んで設置先延ばし策を取る始末。

周辺国民は、THAADから出る電磁波による

健康上の被害を想定した反対運動が根強い。

ハワイで行ったTHAADの電磁波測定の公開

実験の結果は、韓国の定めた許容基準値の

0・007%に過ぎなかった。

これを知った反対派は、今度は設置地域での

測定そのものへの反対運動を展開している。

28日のICBMの発射直後の29日午前には、

韓国国防相は、対話を呼び掛けている最中の

発射にメンツをつぶされ、一転してTHAAD

本格運用に備えた準備急ぐと言明。

対話、対話の文在寅と軍との対立も?

備えよ常に! 備えあれば憂いなし」です。

健康と安心のメタボへの備えは?





W.ヒューストン DVD



マイケル DVD


Javari.jp レディース



  






gooリサーチモニターに登録!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現代自 自壊危機 韓国経済... | トップ | 中國 安全性無視して原発大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。