いるま・風の善さん

中高年オジンの趣味と遊びの日記です。

ゴルフボランティア・日本シニアオープンin習志野CC

2016年09月17日 | ゴルフ
 今季日本ナショナルトーナメントの第1戦 日本シニアオープンゴルフ選手権が千葉県印西市の習志野カントリークラブ キング・クイーンコースで開催されたので、4日間の内15日~17日の3日間お手伝いに行ってきました。

 早朝5:30分集合のため、自宅を早朝(と言うよりも夜半)2:50分に出発。まだ夜も明けきらない5時過ぎに会場のちかくにある駐車場に到着できました。(今回もボラ仲間T氏と同行)
初日のスタート時は本降りの雨でした。

(雨のパッティンググリーンではまだ練習に来ている選手もいませんでした)
第1組 6:45のスタート時間のころには音を立てて本降りの雨。スタートが1時間繰り下がってやっとスタートできました。(50歳以上のプロ・アマ126名が参加)

 初日木曜日の業務は、キャリングボードの担当です。雨の中のキャリは数字カードが濡れて滴が落ちたりと苦労します。

(習志野CCはクラブハウスからスタートホールには橋を渡っていきます)

(第2組のボード・・・選手皆さん初めて付く選手でした)

(雨の1番ホール)

(最終18番グリーン)
雨は途中からあがりましたが、各選手とも深いラフに苦労してホールアウトしました。

(終了後の各選手のスコアー、明日頑張って予選通過をめざしてほしいですね)

 2日目9/16日(金)は早番のスコアラー担当です。第15組のインスタート(7:25分)となりました。

(選手はこの組です、スタート前のボード)
高崎選手は、善さんがボランティアを始めたとき(約15年前)狭山GCで初めて付いた選手で、それ以来の担当でした。(この話しをしたら高崎選手もビックリしていました)

(インコース10番のスタートティーグランド)

(10番ホールは左に池があるうち下ろしのホールです)

(最終18番ホール・パー5・グリーン周りのバンカー)
2日目の選手は「金選手76のトータル+5、白浜選手75のトータル+6、高崎選手72のトータル+5」でホールアウト。明日からの決勝ランドに全員が進めました。(参加者126名、上位60位まで。カットライン+8)まずは良かったですね。

(注目の選手、決勝へは進めませんでした・屋根裏のタケさん)

(予選終了しての上位選手の速報板・トップにはマークセンや室田淳・渡辺司選手などがきていました)

 3日目(土曜日)もスコアラー担当でした。
決勝ランドから2サム1ウエーのプレーとなります。

(1番スタートティグランド)

(土曜日のスタート前担当組ボード)
今日は良い天気、暑くなりました。

(この大会は手書きスコアー記入と、端末による送信の兼用なので雨が降ると苦労します)

(名物の橋を渡って、運も天頼み・・天運橋)

(7番ホール)
土曜日のこの組、早野選手74のトータル+7、井戸木選手75のトータル+8でホールアウト。井戸木選手は珍しく池に2度ほど入れてしまい、苦戦していました。

(最終18番グリーン)

今回は日曜日が用事が出来たためにキャンセル、優勝争いの行方はテレビで応援しております。
3日間早朝通勤?は、少々疲れました。同行していただいたボラ仲間のTさん、お世話になりました。

〔追記〕
 日曜日の決勝戦は、完全に最終組の2人に絞られました。
共に50歳、シニアルーキーの「鈴木亨選手とP・マークセン選手」
結果は最終ホールバンカーから劇的なチップインバーディーを決めたマークセン選手はシニアオープンを制しました。

(優勝のP・マークセン選手△12)

(健闘した2位の鈴木亨選手:写真は共に大会FGより)

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上総国分寺・国分尼寺周辺見学会 | トップ | 犬伏・薬師堂(NHK真田丸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。