いるま・風の善さん

中高年オジンの趣味と遊びの日記です。

さきたま古墳と吉見百穴をめぐる(05Mの会オプション)

2016年10月23日 | 文化財・史跡
 前掲の05Mの会東京大会の翌日、要望の多かった「さきたま古墳」を訪ねるオプショナルツアーを募集したところ13名の参加がありました。(10/22日)
  コースは、ホテルー石田堤ーさきたま古墳ー忍城ー吉見百穴ー熊谷駅

 ここは幹事のKさんの地元、遠方から参加の多くは鴻巣市内のビジネスホテルに1泊して、マイクロバスでの史跡めぐりです。

まずはホテルから近い「石田堤跡」から
 天正18年(1590)後北条氏討伐で豊臣秀吉の命を受けた石田三成が、忍城を攻めた際に築いた堤の一部です。三成は延長14キロとも28キロとも言われる堤を短期間に築いて、忍城を水攻めにしました。

(鴻巣市側は公園に整備)

(行田市側は並木道風に整備)

(堤は上越新幹線で分断されています)

 さきたま古墳群は県名発祥の地、行田市の埼玉(さきたま)にあり、5世紀後半から7世紀はじめごろまでにつくられた9基の大型古墳で、国の史跡に指定され保存整備が進められています。

(さきたま資料館で学芸員からさきたま古墳の概要の解説を受けました)

(資料館に展示されている稲荷山古墳から出土の金錯銘鉄剣:国宝)


(さきたま古墳内最大の規模を持つ、丸墓山古墳・円墳です)

(丸墓山古墳墳頂から観る稲荷山古墳)

(コスモスの咲く二子山古墳)

(稲荷山古墳付近を歩くメンバー:鉄剣出土地点は復旧工事中・来年3月完成予定)

(将軍山古墳資料館にも入りました)

(古墳近くの食堂・さんぽ道 で昼食)


(忍城)


(吉見百穴:7世紀ごろの横穴墳です、200穴以上確認されました。)

(戦時中は一部が軍事施設となりました)

(全員集合して記念写真)

JR熊谷駅で解散、新幹線で東京駅経由それぞれのご自宅へ。

(熊谷駅前)
2泊3日の関東の旅、参加の皆様お疲れ様でした。来年の再会を楽しみにしております。



ジャンル:
学校
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 05Mの会・東京大会(奈良大... | トップ | ゴルフボランティア・三菱電... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お世話になりました (観音)
2016-10-27 21:21:12
東京大会、楽しく大変有意義な3日間でした。
6月津和野の森鴎外旧宅を訪れましたが東京の鴎外荘が
立派で、現役時の活躍を実感しました。古墳群・忍城も
初めてで心に残ります、ありがとうございました。
観音さんへ (善さん)
2016-10-28 17:26:17
 3日間、お疲れ様でした。
津和野の鴎外旧宅、私も一昨年行きましたがそれなりに趣があったと思います。
次回の大阪、よろしくお願いします。
吉見の百穴 (Z)
2016-12-07 23:16:58
昔々 遠足で行きました。
古墳ですから、お墓なのでしょうが、一穴ずつが結構広いので充分生きて暮らせる大規模マンションの様だと子供心に思いました。
Zさんへ (善さん)
2016-12-12 18:02:38
 古代人のお墓です、発見当時は地底に住むクモ人間だとか、真剣に論議されたようですよ。
全国にも在りますがこれほどまとまってあるのは珍しいと思います。
本当にマンションのようですね。

コメントを投稿

文化財・史跡」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。