ようこそ!奈良大学国文学科へ!!

奈良大学文学部国文学科の日々の出来事を綴っています。
特色ある授業の様子や、学生や教員の活動ををご覧ください。

永井先生が上田秋成「冠辞続貂」の板木を発見!

2013-06-20 17:19:11 | 研究活動
永井一彰先生が、上田秋成「冠辞続貂」の板木を発見しました。

上田秋成は「雨月物語」でよく知られている江戸時代の文学者で、多くの作品を残しています。
しかし秋成の書物の版木は、これまで題簽(表紙タイトル)部分が知られていたのみで、本文の板木が見つかったのは今回が初めてのことです。

このたびその記者発表が国文学科共同研究室で行われました。
当日は読売・朝日・毎日・奈良新聞、共同通信といった新聞各社に加え、奈良テレビからも取材がありました。

発表内容は6月19日発行の全国紙・地方紙に掲載されていますので、どうぞご覧下さい。

読売新聞:http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nara/news/20130618-OYT8T01324.htm
毎日新聞:http://mainichi.jp/select/news/20130619k0000m040068000c.html
産経新聞:http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2013/06/19/15ueda/
奈良新聞:http://www.nara-np.co.jp/20130619092309.html

また前回のブログ記事で少し紹介したように、今回発見された「冠辞続貂」板木は、奈良大学博物館で開催される「板木さまざま」展で初公開されます。
入場無料ですので、ご来館の上どうぞ実物をご覧ください。


写真
上:当日の記者発表の様子
下左:「冠辞続貂」板木(部分)
下右:「冠辞続貂」本文
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【予告】「板木さまざま」展が開... | トップ | 実地見学踏査の授業(上野誠先生... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む