なぽちゃん部屋☆うふ

ゴスペルディレクター、ボイストレーナー、シンガーソングライター
齋藤直江☆なぽりんです。


熊本初日

2017-07-13 23:14:20 | GOSPEL
前々から行く予定にしていた、熊本復興支援ツアー。
先週の福岡、大分の水害により、仲介してくださる九州キリスト災害センターが、当然ながらコンサートどころではなくなってしまったので、行くか行かないか、昨日、一昨日は悩みに悩み、友人たちにも祈ってもらっていました。

行ったところで足手まといになりはしないか?
なにか出来ることがあるのか?


でも、最終的には、こんな時に行く事も意味があるんだと思えた事。
そもそも”歌う”事以外でも、やれる事はたくさんある!!
行くべきでないとしたら、飛行機が飛ばないだろう。飛ぶなら行こう!

飛行機も無事離陸し、時間通りに熊本に到着。
ちなみに本日、羽田発ー大分空港行きは欠航だったんです。


くまモン、至る所に。
さすが熊本!



まず、お会いしたのは、熊本地震を機にこちらにご夫婦で移住され九州キリスト災害センターのスタッフをされている戸田さん。東北震災後は、いわきに移住し復興支援の働きをされていたとのこと。すごいっ!!
しかも同じ歳でした

2番目にお会いしたのは、熊本で牧会されている牧師先生。
なんと!
蒲田のクワイアメンバーから、”この先生に、もしお会いしたらよろしく伝えて欲しい!”と言伝を頼まれていた先生で、びっっっくり!!
初日にしてミッションクリア



先週、大雨で水害の被害にあった日田市に、新しくベースを構える事になり、今日はその新しい物件での最初のミーティングでした。
この度の水害は、筑後川の上流で尋常じゃない大雨による洪水とのこと。

福岡や熊本の牧師先生たち、また今回被災された日田市にある教会の牧師先生、熊本地震を機に移住し支援の働きをされている九キ災のスタッフの方たちが集まり、祈りから始まり、聖書のことばを分かち合い、具体的な今後のスケジュールを話し合われていました。


震災自体は本当に恐怖だったでしょうし、支援の働きもイバラの道。特に地震の復興は長期戦で想像を絶するほど大変だと思いますが、働かれているみなさんが、ものすごい一致されていて、キリストの愛を礎に取り組んでおられる。
一人一人が生き生きと輝いておられました。

そんな貴重な会議に参加させていただき、また道中いろんなお話をお聞きし、それだけでも、来た意味があったなぁと。



これから、ボランティアを受け付け派遣し、復興支援をしていくんだそうです。
志しのある方、また自らは行けなくとも、義援金で支えたい!と思われた方は、九州キリスト災害センターのHPをご覧ください。


多くの方が未だ、苦しい避難所生活を余儀なくされています。
7月半ばの九州…暑いです。
物資を運ぶにも、崖崩れでまだ道が閉鎖されていて、ルートをこれから確保していく状況のようです。
熱中症や食中毒も心配です。
避難所生活が長期化すると、心身の疲弊が懸念されます。


みなさんのお祈りと支援が必要です(>人<;)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 常備菜 | トップ | 拡散希望 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む