エイゴファームの公式ブログ

英語の発音のコツがわかる「ジェット機式発音用カタカナ英語」などのデータをアップロードしているサイトです。

ジェット機式発音用カタカナ英語 「help」

2017年04月20日 14時42分13秒 | 日記
ジェット機式発音用カタカナ英語で描いた、英単語「help」を公開します。

英単語「help」は、発音リズムが1つ(音節が1つ)の英単語です。発音記号を見ると、「つよめ」と「よわめ」の音で発音することがわかります。そのため、「help」は、つよめとよわめの音を使いわけながら、1つのリズムにまとめて発音する必要があります。





発音記号について

「help」の発音記号を見ると、「子音」が3つあり、アクセントマーク付きの「母音」があることがわかります。「子音」が「母音」の前に1くる場合は、その子音は母音に吸収され、子音と母音が合わさった音「合体音」へと変化します。

日本語の50音においては、「あいうえお」と「ン」を除くすべての音は、実は「子音」と「母音」が合わさった「合体音」です。たとえば、「カ」はローマ字で「KA」と書くように、子音「K」と母音「A」が合わさってできた音であることがわかります。「カ」は合体音なのです。

英語では、「子音」が母音のうしろ側にくることがあります。しかし母音は困ったことに、うしろ側にくる子音を吸収することができません。そのため母音のうしろにくる子音は、よわめに発音する「独立した子音」として扱われることになります。

英単語のほぼすべてに、この「独立した子音」が含まれています。この「独立した子音」は「よわめ」に発音する必要があります。なぜなら独立した子音は、単独では1つの発音リズムを持つことができないからです。

そのため「独立した子音」は、基本的に「母音」に寄り添う形で一緒に発音されることになります。

ジェット機式発音用カタカナ英語では、「独立した子音」がわかります。そのため効果的で実践的な発音練習を行うことができます。ジェット機式発音用カタカナ英語でしっかりとした発音練習を行えば、海外留学をしなくてもペラペラな英語が話せるようになります!



「エイゴファーム」「ジェット機式発音用カタカナ英語」はエイゴファームが管理する登録商標です。
©naoyauchino 2017 All Rights Reserved.



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジェット機式発音用カタカナ... | トップ | ジェット機式発音用カタカナ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む