ずっとそのまんまから一歩踏み出す

いつも同じところでつまずいてしまう自分。そのまんまから、ほんのわずかでもいいから、進んでいきたいがための日記

この手術のおかげで

2017-07-18 11:11:43 | 日記
カテーテルアブレーションをしてから本当に変わりました。
この手術を受けてほんとに良かった。

自分の人生自体が新しくなりました。


もしあまりしんどくならずに不整脈もたいしたことなかったら、
リスクを取ってまで、手術を受けようとは思わなかったでしょう。


よっぽどしんどくて、大変で、苦しかったからこそ、
手術を受けようと思った。


そして、その犠牲を払っただけのことはあったし、
何十倍も何百倍も助かった。



普段の発作を起こしていない自分からしてすべて変わった。
また以前のように、時が経つと頭がぼんやりしてきたが、


それでも、しっかりしていた時にかなり家のことも頑張ったし、
今の状態でも以前よりはるかにしっかりと認識したり、物事が見えるようになった。


とてもやりやすくなった。
人づきあいの点でも、何かを集中してやりとげる点でも、
かなり改善面がみられた。


人の肌の色まではっきり見えるようになった。
これまでも見えていたが、見え方が違う。
輝き、張りまで見えるから、

この人こんなに肌白くて輝いていたんだ、
ということに今さらながらに驚いたりすることが多い。


そんな風にいろいろ、見えるようになると、
面白くなった。


自分でもいろいろ動けたり、判断できるようになってきたからだ。


自己内対話がしっかりできるって、
何かをする上では欠かせないんだなって思う。


以前の自分ではできなかったことなので、
本当に助かっている。


不整脈を起こす方がいらっしゃれば、
カテーテルアブレーションはやった方がいいと思う。


発作が起きなければいいや、と思っていたのに、
そんなレベルじゃなくて、

日ごろの自分の頭の状態から変わるんだから・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カテーテルアブレーション | トップ | よく眠れるのはいいことだが »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL