フライトシミュレーターの世界

大変恐縮ですが仕事が忙しくてコメントへの応答ができません。読者相互間で助け合いをお願いします。

Boeing 747-8iで中国の延吉から韓国の釜山まで(2)

2017-05-19 11:26:29 | 日記

Boeing 747-8iで中国の延吉から韓国の釜山まで飛んでいます。延吉を離陸して巡航中です。

夕日の周りの空が赤みを帯びています。

機体下面は鏡のようです。

前から見たところです。地上の地形が機体下面に反射しています。

長春郊外を飛びます。大都市上空には航空路がかかっていないようです。

長春の南東で南西に変針します。操縦席の照明をつけます。

FMSにはルート上の各ポイントの予定到着時刻と残燃料予定が出てきます。

空の青が先ほどより濃くなりました。

夕日がさらに沈みます。地上の景色が見えます。

地上も赤く光って見えます。

空はますます青くなります。

空の色が紫色になってきました。

今日は燃料が十分ありますから巡航速度を上げてみます。今までのECONクルーズからマッハ0.87でのクルーズに変更します。

マッハ0.87まで加速していきます。

釜山まであと641マイル。残燃料予定20.5トン。大丈夫です。

渤海に出てから南東に変針します。

NAVRAD画面を見ると釜山の00LのILS周波数が入っています。コースの数字はちょっと違いますが。

改めてDEPARR画面でRKPK空港の到着を00Lと選択します。

空は紫に、下には層雲が広がってきました。

マッハ0.87での巡航です。

もうすぐ渤海に出ます。

本当に遼東半島には航行路がほとんど設定されていません。

ますます陽が沈みます。

離陸から1時間1分。

夕日が見えました。

操縦室にも夕日が差し込みます。

この先で南東に針路が変わるので、ステップクライムでFL390まで上がります。

FMSも巡航高度をFL390にします。

南東に変針します。

山東半島の沖合を韓国のほうへ向かいます。

北朝鮮の飛行情報区に入らないようにします。

空はさらに青くなっていきます。北朝鮮のほうは何も見えません。

下から見上げたところです。

GPSが狂うことがあります。VORを使った現在位置の表示をオンにして、現在位置を確かめながら航路が北朝鮮のほうに逸れていかないように見守ります。

もうすぐ陽が沈みます。

燃料の様子ですがあと25トン。やはり変ですからふたを開けて2・3番、3・4番のパイプをオンにしました。

これですっきりします。

ソウル付近のVORを受信し始めました。

ND上に降下開始地点が見えてきました。あと166マイル。

VORの識別信号を聴きながら行きます。

NAVRAD画面でどのVORを受信しているのか確かめます。

航路は北朝鮮に入らないようにソウルのほうへ向かいます。

飛行方向はほぼ夜になりました。

これが昼と夜の境目です。

後ろを向くとまだ昼です。

前を向くと完全な夜です。

主翼にウイング灯が当たって光っています。

エンジンにもウイング灯が当たって光っています。

まもなく韓国上空です。

さて、ではここで時間を進めて日の出前にします。東から南東を向いて飛んでいます。太陽が上がってくる方角です。まだ日の出前です。

まもなく降下開始です。空港手間で6000フィートまで降ります。

日の出です。

眼下には層雲が広がっています。

空は高いほど青くなります。

降下が始まりました。

オートブレーキを3。

今日の進入はフラップ30度で139ノット。着陸滑走路のILS周波数とコースが正しく入力されています。

さらに太陽が上がってきました。

機体全体が光っています。

朝日が当たって機体が赤くなっています。

操縦室にも朝日が差し込みます。

地上の山が見えてきました。

まもなく釜山です。

釜山のATISの受信が始まりました。QNHは2997。北西の風8ノット。

さらに空が赤くなりました。

ND上に着陸滑走路が見えてきました。南側に回り込んで北向きに進入します。

さらに空が赤くなりました。

トランジションレベルは韓国では日本と同じFL140です。QNHを設定します。

最終進入開始の3500まで降下します。

ARCを設定しようとしましたがうまくいきません。すぐエラーになります。またこのソフトではFIX機能が使えません。そのため、空港から10マイルとか15マイルとか円を描けないのです。これは特にARCを飛ぼうとするときに不便です。

朝日の直射を受けると全面が赤くなります。

雲の間から地上が見えてきました。

機体下面に地上の景色が映っています。

積雲も出ています。

ARCに入る前に180ノットに減速します。

シートベルトサインをオン。

地上の地形をND上に出します。海から陸へ進入します。

ILSも受信できるようになっていますが、受信が遅いように感じます。

フラップを降ろし始めます。残燃料22.7トン。十分です。

これから左旋回でARCに入ります。空港すぐ脇のPSN VORを中心にした半径15マイルのARCです。

左旋回が始まりました。PSN VORから14.2マイル。

地上の山々が見えています。なんか幻想的です。

ILSをまだ受信しません。設定はあっているはずですが・・・。

3500フィートで水平飛行です。VORから14.1マイル。

地上が見えています。

LNAVではうまくARCを飛ばないので、マニュアルでヘディングを動かしながらARCを飛ぶことにします。

いよいよ変です。まだILSを受信しません。そこでマニュアルでILSの周波数と方位を入れてみました。

そうしたらすぐに受信。ところがもうローカライザーの位置を行き過ぎています。

30度バンクで回りますが相当行きすぎました。

マニュアルで滑走路の延長線に修正します。

右奥に滑走路が見えます。十分着陸できます。もやがかかって幻想的な光景です。

と、そこで雷が鳴ったかと思ったら突然の停電!パソコンは止まってしまいました!家の停電は数分で終わりましたが、この時、家のそばの信号が消えて1時間ぐらい再点灯しませんでした。

仕方がないので滑走路の手前10マイルから飛ぶというのを選んで最終進入からやり直します。

釜山空港の着陸滑走路の10マイル手前を選びます。

読み込んだらすぐにポーズにしてフラップ、ギア、オートブレーキなど、その他最低必要な設定だけします。マニュアルで降ります。

静かに降下していきます。

湾の奥に空港があります。早朝の雰囲気です。

山並みが続きます。眼下には市街が広がります。

まもなく着陸です。

無事着陸しました。

次第に日が昇っていきます。

狭い滑走路も注意すればちゃんと入れます。

平行誘導路に入ります。前輪が完全に右を向いた状態です。止まらないように気をつけます。止まると動かし始めるところが大変です。

平行誘導路で止めます。

パーキングブレーキをセット。地上電源をつなぎます。

トランスポンダをスタンバイ

エンジンをカット。

油圧、燃料ポンプ、灯火類をオフ。

シートベルトサインをオフ。

無事到着です。

降機が始まりました。

機体全体が光っています。

というわけで、B747-8iで延吉から釜山まで飛んできました。この機体は比較的簡単に飛ばせることができます。またX-Plane11の描画の美しさもよくわかりました。

X-Planeはまだ進化を続けています。

(おわり)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Boeing 747-8iで中国の延吉から韓国の釜山まで(1)

2017-05-19 09:47:03 | 日記

今日はX-Planeの有償機体Boeing 747-8iで中国東部、朝鮮族自治州にある延吉から韓国の釜山まで飛んでみたいと思います。

このX-Plane用の747-8iは最初発売されたときははっきり言って出来が悪かったですが最近ではだいぶ良くなってきました。しかしまだバグがあり、今の時点でダウンロードするとバージョン1.51ですがこれではエンジン始動に必要なAPUの圧搾空気が起動しません。同梱されているアップデーターを使ってバージョン1.6にアップデートし、ここの指示に従ってダウンロードされたacfファイルを解凍してしかるべき場所にコピーする必要があります。近いうちに修正版がダウンロードできると思いますが。

今日飛ぶコースです。北朝鮮領空と平壌飛行情報区は避けて飛ぶのが世界の常識で、延吉から釜山まで直行距離の2倍以上のルートを飛びます。また北朝鮮に近い中国の国境地帯には航空路がほとんど設定されておらず、黄海に出るまでにこんな大回りなルートになります。

延吉の空港は滑走路と誘導路しかありません。今日は滑走路に機体を読み込みます。RWY27からの離陸で、最初に機首を反対側に向けておきます。地図の画面を出して機体をクリックし、ヘディングの矢印を回すと機体の位置が変わります。

読み込んだ機体は米国の大統領専用機です。米国では次の大統領専用機をB747-8にする計画ですが、トランプ大統領が高すぎると言い出したのでどうなるかわかりません。しかしこのソフトには既に入っていて、実際にそうなるかどうかは知りませんが機体全体がメタリックに光っていて大変きれいなのです。特にX-Plane11にReal Weather ConnectorSkyMaxx Pro Ver 4を組み合わせるとすばらしくきれいになるので、今日はそれで飛ぼうと思います。

時間は夕方です。

機体全体が光っているのがわかります。延吉は盆地のなかにあります。

特に機体下面は銀色に光っていてまるで鏡のようで、地上の景色が映ります。

操縦室の内部です。

先に紹介したXPRealistic Proを起動します。

まずバッテリーをオン。スタンバイパワーをAUTO。

油圧がオフであることを確かめます。

ギアレバがダウン、ギアもダウン、オルタネートフラップがオフ、フラップが上がっていることを確かめます。

フラップレバーアップ、スロットルクローズ、リバースダウン、燃料カットオフスイッチカットオフ、スピードブレーキダウン。

スピードブレーキはよく見るとARMの位置になっていますが、ジョイスティックに軸を割り当てて戻る場所がこのARMの位置です。この先に倒すにはマウスでドラッグして動かします。

パーキングブレーキ、オン。

左席サイドにタッチパネルがついています。そのスイッチをオン。右上にあります。

OPTを選びます。右上から地上電源を接続、貨物と客室のドアを開く。左上が操縦かんを隠すです。その下、デフォルトで操縦席の視野の広さを指定できます。

地上電源がつながりましたのでEXTPWRがAVAILになっています。それでこれをオン、1か2をクリックすると両方オンになります。

バスタイ、発電機、ユーティリティーを全部オンに。IRSをNAVに。

航法灯をオン。

FMSのセットを行います。IRSはダミーでGPSが航法に使われており、現在位置の入力は不要です。

タッチパネルのFUELを選びます。左のボタンの上から2番目をクリックしてマニュアルセレクトにし、右のボタンの上から2番目を押して燃料の量を指定します。今日は40トン積みます。数字を入れたら右のボタンの一番上を押して燃料を搭載。

PLD画面で乗客と貨物の量を決めます。下にパーセンテージで出ているところを選ぶと楽です。今日は50%を選びます。選んだら右のボタンの一番上を押して搭載。

FMSの入力を続けます。RTEページを出します。延吉(ZYYJ)から釜山(RKPK)まで離陸滑走路は27です。

今日の航路です。距離の割には長くなります。

DEPARRボタンを押して出発、到着の設定です。まず出発。ZYYJ空港はRWY27からの離陸。SIDは入っていません。最初のポイントOMBADまで直行します。入力したらEXECボタンを押します。

RKPK空港への到着はRWY00L。この空港にはSTARが設定されていません。しかし00LにはILSが設置されているのですがILSと出ておらず、これはバグだと思います。入力したらEXECボタンを押します。

このようにコースが入力されました。

NDをPLNにして飛行ルートを画面上で確かめます。

コースの終わりはPSN VORまでになっています。となりに滑走路が見えます。ILS進入が正しくセットされていません。上空で到着前にセットしたいと思います。

ではオーバーヘッドパネルの設定です。ダミーのつまみ、動かないつまみが結構あります。左上から行きます。EECのふたを開けてボタンを押してすべてノーマルにします。

すぐ離陸しますからAPUもオンにします。

ウインドウヒートをオン。

ヨーダンパーをオン。

APUが起動したので電源をAPUに切り替えます。

燃料と乗客・貨物の搭載はあっという間に終わります。FMSのINITページを開き、L1をクリックして総重量を呼び出します。リザーブは06、コストインデックスは今日は100で飛びます。そして最初の巡航高度はFL360。

離陸は最大離陸推力で。

離陸フラップは10度。離陸速度が出てきます。トリムは6.8ですから覚えておきます。V2は159。

PROG画面です。航路は835マイル、2時間ちょっとの飛行です。到着地での残燃料予定は23.6トン。十分です。 

MCPをセットします。左右のフライトディレクターをオン。速度はV2の159、ヘディングは滑走路方位の271。

オートブレーキをRTO。

QNHは2980。

ND画面に地上の地形を表示させます。空港は南北を山に挟まれています。

上側ECASです。キャンセル・リコールを押して通常ではないメッセージがないか確かめます。離陸推力はTOでN1が103.2とセットされています。燃料40.3トン、総重量276.9トン。客室の気圧が地上の標高より500フィート低くなっています。まだ扉は開いていますが・・・。外気温は19度です。

VORやILSの識別符号を聞くときは無線のスイッチをR/Tにします。

トランスポンダをセットします。つまみの位置はスタンバイ。

ラダートリム、エルロントリムはゼロ。

シートベルトサインをオン。ノースモーキングのスイッチはなく、客室チャイムのボタンがあります。

エンジンオイルの量や他の計器も正常です。

下側ECASの画面はEFISを使って左、中央下、右の3か所どこにでも表示できます。見やすいので右に表示します。STAT画面です。油圧システムの油の量、酸素の量、バッテリーの電圧を確かめます。APUは動いています。

グーグルマップで見るとこのようになっています。

ではまたタッチパネルを開き、地上電源を離し、すべての扉を閉めます。

グランドハンドリングを出すと大変賑やかになります。

夕日が当たり始めました。

地上の支援車をすべて離します。

油圧を全部AUTO、オンに。今日はプッシュバックがありません。

燃料ポンプをオン。ただし、ふたがかかっているところ、ここは747-400ではオンなのですが果たして747-8iはどうなのか。そのままにしてメッセージが出ないか確かめます。

いろいろやってみましたが、ふたがかかったところがオフでもメッセージは出ません。センタータンクは2.2トン残っていますが燃料ポンプをオンにするとメッセージが出ます。スタブタンクは空です。

こんな感じです。

そこでセンター、スタブタンクのポンプは切ります。ふたがかかったところはオンにせずに飛んでみます。

メッセージは消えました。

ビーコン灯をオン。

PACKSを3つともオフにします。

ではエンジン始動です。2基ずつオートで行います。まず1番、2番エンジンの燃料カットオフスイッチをRUNに。

1、2番のスタートボタンを引きます。白く点灯しませんがスターターは動いています。

N1が上がってくるのに時間がかかります。

続いて、3、4番エンジンを始動します。

スタートボタンを引きます。

エンジンの始動が無事終わりました。離陸のスタブトリムを合わせます。先ほどFMSに出てきた数字です。6.8。

燃料のコンフィギュレーションはこんな状態です。やはり2,3番エンジンに増強ポンプから燃料が行かないのは変な気がしますが・・・。

メッセージを確かめます。与圧を再びオンにします。

与圧をオンにし、APUからの空気の取入れをオフにします。

APUをオフ。

STAT画面を確かめます。APUはオフになり、油圧は4系統とも正常に動いています。

電源です。正常です。

与圧、空調です。正常です。

舵の動きを確かめます。

油圧系統、正常です。B747では4系統あります。

すべての扉が閉まり、オートマチックになっています。

ギアとブレーキの温度も正常です。ギア扉はB747では地上では開いているようです。

キャンセル・リコールはこの丸いボタンです。

離陸フラップ10度。警告、警報は出てきません。オートブレーキはRTO。

では滑走路の端までタクシーします。今回のように誘導路が狭くて滑走路をタクシーする場合には、滑走路端でまた地図を出して、機関車をターンテーブルで回すようにヘディングを180度変えてやると離陸方向に向き直ります。

こんな感じになります。

トランスポンダをTA/RAに。

離陸フラップ10度、TRIM6.8。燃料39.5トン。外気温19度、オートブレーキRTO。異常なしです。

着陸灯、ストロボ灯をオン。夕方なのでロゴ灯やウイング灯もオンにします。

タッチパネルのCLKを選び、経過時間計をSTARTにします。

さて離陸です。離陸したらまず滑走路方位に飛びます。ちょうど左手の山に陽が沈もうとしています。

離陸滑走が始まりました。TO/GAスイッチは正面左側にあるACPTボタンです。これはもともと文字通信を使った管制で指示を承認する時に押すボタンです。

最大推力で50%しか乗っていませんからあっという間に離陸します。

勢い良く上昇していきます。

オートパイロットをオン。

空港を過ぎて既に高度4000フィート。LNAVをオン。右に旋回上昇していきます。加速しながらフラップを徐々に上げていきます。

250ノットになりました。引き続きものすごい上昇率で上昇していきます。

グーグルマップで見たところです。

引き続きFL360まで上昇します。

中国では10000フィートを過ぎたら気圧計を2992に直します。

着陸灯をオフ。

空気が安定しています。客室サインをオフ。夕日が差し込んでいるのがわかります。

キャンセル・リコールで何も警告は出てきません。

順調に上昇していきます。ND右上に現在の時刻が出るのはとても見やすくていいです。

すでに地上にはもやがかかっています。機体が鏡のように光っています。

夕日です。

離陸からまだ5分しか経っていません。

ギアとブレーキの温度は正常です。

エンジンも正常です。

扉も正常です。与圧が抜けると扉が開いたという表示が出ることがあります。

与圧、空調も正常です。

操縦室に夕日が差し込んでいます。

空港を離陸してOMBADで航空路に乗ったところです。

巡航高度FL360に達しました。

離陸後15分。

このように北朝鮮との国境の近くに中国側は航空路を設定していません。遼東半島から遼東湾にかけても航空路を設定していません。

釜山まで777マイル、残燃料予定19.5トン、十分です。

PROGページの2ページ目、3ページ目も表示されます。燃料はトータライザーとカルキュレイティッドがほぼ等しくなっています。燃料漏れがあると差が開いていきます。

吉林市の南側を飛びます。

夕方から夜まで、空の景色はさまざまに変化していきます。赤みを帯びてきました。

(つづく) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

B767-300ERの上空引き返しと緊急着陸(2)

2017-05-17 15:17:51 | 日記

トルコのイスタンブール国際空港から米国ニューヨークのJFK空港に向かっていたBoeing 767-300ER機が上空引き返しとなり、空港近くで待機パターンに入ったところです。

防氷装置が入っています。新たな異常は起きてないようです。

エンジンの状況も変わりなしです。

速度を維持するために推力を制限いっぱいまで上げます。

すると新たな警告が出ました。乗員の酸素の量が減っていると。早く着陸しないといけません。

待機パターンを旋回中です。右回り、速度は265ノットです。

燃料を投棄していくと機体が軽くなり、フラップ・スラットなしの下限速度も下がってきます。そこで飛行速度も下げていきます。260ノットに減速します。スロットルを少し絞って減速します。

260ノットに減速しています。待機コースを大きくはみ出しています。自動操縦で飛んでいます。バンク角は自動で20度になっています。

推力もEPRで1.44ぐらいで速度を維持できるようになりました。それでもまだN1、N2は98%です。

燃料投棄をしていますが、投棄燃料の描画はないようです。

下から見上げても主翼の先端から出る燃料は表現されていません。

さて、待機が終わればイスタンブール国際空港(LTBA)に緊急着陸です。着陸は離陸滑走路より長さが長いRWY35L。滑走路の延長線上のERMANへ直行してILS進入です。

TURKOは空港の南西に位置します。

そして進入チャートです。ILSDMEアプローチ35L。ILS周波数は111.50、識別符号はISEF、コース354度。ミニマム360フィート。ゴーアラウンドの高度は5000フィート。着陸滑走路の標高は102フィート。ERMANはILSに付属したDMEで10.6マイル。

LEGSページにこのように入りました。TURKOを出てERMANに直行します。方位75度で57マイル。2700フィートまで降下し、そこから進路を352度に変えてILS進入です。

プログレスページにもLTBAまでのルートが入りました。

現在の重量は165.8トン。燃料投棄が進むにつれて次第に下がっていきます。

機体内外の気圧差はゼロになりました。着陸地の標高をセットします。

さて、センタータンクが空になりました。燃料投棄完了です。センタータンクの燃料ポンプを止めます。

センタータンクの燃料ポンプがオフになりました。残燃料36.8トン。これ以上は飛行して減らすしかありません。しかし今日はエンジン火災で1発エンジンが止まっていて、速やかに着陸する必要があります。

機体が軽くなるにつれ、速度を維持するための推力も下がってきます。

防氷装置を止めます。

酸素の量は減り続けています。

燃料投棄ノズルをオフにし、スイッチもオフにします。

FMSでTURKOでの待機を終わりにするようにARMします。待機コースを回りながら次のポイントへ離脱できるところまで飛び、待機コースを離脱します。

速度は245ノットまで下げました。軽くなったのでこれで十分です。2700フィートまで降下します。FLCHボタンを押します。

しかしあまり動きが良くないのでV/Sでの降下に切り替え、ND画面を見て降下終了ポイントの緑色の半弧の位置を見ながら500フィートでの降下にしました。与圧が漏れているのであまり降下率が大きいと耳に大きな負担がかかるはずです。

まだ待機パターンを回っていますが降下を始めます。次にTURKOに来たら待機コースを離脱します。ここまで離陸から1時間1分。

結局重量は160.4トン、最大着陸重量を15トン上回っています。この後の飛行で幾分か燃料が減って、オーバーウエイトでの緊急着陸になります。進入速度はフラップ20度の162ノット。滑走路の長さは3000メートルあります。油圧もブレーキも異常は出ていません。片側のリバースが効かないだけです。3000メートルの滑走路で十分止まります。

ときどき降下率を動かして最終進入開始地点の手前で2700フィートになるようにします。

順調に降下を続けています。ERMANで左旋回して最終進入に入ります。

客室高度は次第に下がっていきます。ただ与圧漏れがゆっくりなので機体の気圧の変化よりも客室の高度の変化が遅くなり、気圧差がマイナスになっています。すなわち機内の気圧のほうが低くなっています。

ND画面上に着陸空港から10マイル、30マイルの円を描きます。

このような円が描かれます。

ILS周波数とコースをセットします。

雲の下に出ました。左手に空港が見えています。

ボスボラス海峡の入り口です。たくさんの船が見えます。

ERMANの8マイルほど手前で2700フィートになりました。スロットルをマニュアルで操作して速度は引き続き240ノットを維持します。

10000フィートより降りると客室高度の警告が消えます。

ILSの受信が始まりました。識別符号ISEFが聞こえます。グライドスロープとローカライザーの針が出てきました。フラップを出しながら減速を始めます。

識別符号を確認したのでILSの音声の受信を止めます。

QNHは3021。離陸後1時間16分。エンジン火災が始まってから59分。

APPボタンをプッシュ。すぐにオートパイロットが3つ自動的に入ります。

するとまたサイレンが鳴ります。乗員の酸素が少なくなったと今度は警報。早く着陸する必要があります。

しかしまだ酸素は1096あります。減圧開始から700ぐらいしか減っていません。

最終進入コースに乗りました。フラップを下げながら減速していきます。

スピードブレーキをARM。

ゆっくり減速していきます。正面に滑走路が見えています。

既にギアは出ています。安定して降下を続けています。

まもなく着陸のアナウンス。

ゴーアラウンドの高度を5000フィートにセット。速度は160ノットを目標にします。先ほどよりいくらか軽くなっています。

ところが160ノットに近づいてきて推力が上がると右のエンジンだけ推力が上がりますから機首が大きく左に振られます。ラダーを踏み込んで機首を直す操作がオートバイロットでは行われないようです。これでは着陸できません!

すぐにオートパイロットを切ります。オートスロットルは最初から切れています。

右のラダーを踏み込み、マニュアルで機体を立て直します。まもなく着陸です。左側のエンジンが止まっていますからやや右に傾いています。3度ぐらいでしょうか。風も右前方からの横風。

外から見るとこんな感じです。結構傾いています。

無事着陸しました。リバースは片側だけですがよく効きます。誘導路に入ります。離陸から1時間20分。異常発生から63分。

駐機場に向かいます。

APUはすでに動いています。着陸灯、ストロボ灯をオフ。

トランスポンダもスタンバイ。

着陸後のアナウンス。

駐機場に到着しました。

エンジンをカット。

油圧をオフ。

燃料ポンプもオフ。

ビーコン灯をオフ。

ドアをマニュアルにという指示。

降機のあいさつ。乗客と貨物は代替機で改めて出発することになります。

降機が始まりました。

グランドハンドリングを取り付けるとにぎやかになります。

結局このようなコースを飛びました。待機は待機コースに入るまでの周回を入れて3周しました。

拡大してみるとこうなっています。やはり速度オーバーでコースを回っていますからかなりはみ出しています。

降機が終わったようです。操縦室の扉を開けます。

IRSの位置の狂いを見てみます。ほとんどありません。

IRSのスイッチをオフ。

降機は終了しています。機体を修理、メインテナンスしてから降機します。

メニューのMAINTENANCEボタンを押すとすべての故障が一瞬で直り、オイルや酸素など足りなくなったものが補充されます。

はい、メインテナンスが終わりました!

酸素も補充されています。

では降機します。

というわけで、B737-300ERの上空引き返しと緊急着陸が無事終わりました。この有償機体はこうした故障の時の対応が充実しているといわれます。いろいろ試してみるとおもしろいでしょう。

それにしてもこれでオートパイロットなしに飛ぶとなると飛ぶだけで他には何もできないと思います。これでオートスロットルも動けばかなり楽になります。

なかなか迫力がありました。

(おわり) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

B767-300ERの上空引き返しと緊急着陸(1)

2017-05-17 10:35:03 | 日記

X-Planeの有償機体B767-300ERはかなり詳しく作り込んであります。

今日はこの機体で上空引き返しと緊急着陸をやってみます。

現在当機はトルコのイスタンブール国際空港(LTBA)から米国のニューヨークにあるJFK国際空港(KJFK)に向けて離陸したところです。燃料を61.5トン満載して最大離陸重量にほぼ近い186.7トンでRWY05から離陸し、北西方向へ上昇旋回しているところです。さすがに重くて機の動きが鈍いです。PFDの速度計を見ても現在の速度のすぐ下に黄色や赤色の帯が出てきています。また上のほうはフラップの制限速度の赤色で、非常に限られた範囲で速度を制御する必要があります。既にオートパイロット、オートスロットルを入れてあります。

眼下にイスタンブールの街が広がります。後方にはボスボラス海峡があります。

離陸したイスタンブール国際空港が見えます。

フラップ・スラットを全部上げましたがその時の下限の速度が250ノットを超えているので、260ノットで上昇していきます。

今日は最初、FL320で巡航します。

トルコはトランジション高度が10000フィートです。高度計を2992に直して加速します。

RIMBOでFL130以下という高度制限があります。

シートベルトサインをオフ。

黒海沿岸を順調に上昇していきます。

このようなコースを飛んでいきます。

ルート上の最低高度は常にわかっていないと緊急降下などのときにどこまで降りてよいかがわからず、危険です。ネットのSkyvector.comのVFRチャートにはその区域の最高の標高が出ています。さっと調べるにはこれが最も便利です。一方PFPXなどで本格的にフライトプランを作れば自動的にその区間の最低高度が表示されます。

離陸後17分、巡航に入りました。

では767のメニューから故障を選び、エンジンのところ、第1エンジン火災を選びます。すぐに発生するようにします。

画面に戻るといきなりサイレンが鳴りだし、火災警報で第1エンジンに火災が発生したことがわかりました。当機では火災が発生したエンジンのスロットルは自動的にアイドルまで戻ります。オートパイロットは切れません。自動的に水平直進飛行を続けてくれます。見るとラダートリムは動いておらず、エルロンが動いて機体を傾けて水平直進飛行をしています。

上側ECASにはさまざまなメッセージが出ています。火災の場合には上空でエンジンを再始動することはできませんから、表示された再始動可能速度もあまり意味がありません。オートパイロットは入ったままです。離陸後17分。

まずシートベルトサインをオン。

機内でイレギュラーなことが起きた場合などに見るマニュアルがQuick Reference Handbook、通称QRHです。B767-300ERについてもネット上に出ています。もちろん実際には運航会社やオプションの違いなどで内容に差があるわけですが、だいたいはこれで間に合います。これがその表紙です。直ちに対処が必要な項目は表紙に目次が出ています。今回はENGINE FIREですのでページ8.2です。

エンジン火災については以前にも紹介したことがあります。B757です。また火災ではないですが離陸滑走中に片側のエンジンが止まってしまって、上空で燃料投棄して戻ってくるお話がこちらです。

今回のB767-300ERのエンジン火災はこのマニュアルで対処します。今のところ何が原因でエンジン火災が起きたかはわかっていません。ただ異常な揺れや音は今のところありません。エンジンが落下して機体が傾いたということもありません。

そうすると対処は次のようになります。

オートスロットルをオフ > 火災が起きた側のスロットルレバーをアイドル、確認 > そちら側の燃料コントロールスイッチをカットオフ、確認 > エンジン火災スイッチを引く、確認 > もし火災警報が点灯していれば消火スイッチを倒して1秒間押さえる > 30秒経ってまだ火災警報が点灯していれば消火スイッチを反対側に倒して1秒間押さえる

もし機体の激しい振動が起きたり、エンジンを止めても続いていれば遅滞なく減速し、振動が収まる安全な高度まで降下。もし再び振動が増え、これ以上の減速や降下が現実的でない場合、速度を上げると振動が収まることがある。

 APUを使えればAPUを起動 > 対地接近警報装置のフラップオーバーライドをオーバーライド > トランスポンダをTAオンリーに > 十分な設備と条件が整った最も近くの空港に着陸することを計画

もし防氷装置を使うときは、エンジンを止めた側の空調スイッチをオフ > 隔離バルブをオン > 防氷装置が不要になったら左右の隔離バルブをオフ

着陸はフラップ20度、進入速度はフラップ20度に対応する速度で > ゴーアラウンドはフラップ5度で > QRHでこの場合の着陸に必要な滑走路の長さをチェック

以下のチェックリストは実行しないこと。エンジンボトル、エンジンシャットダウン、空調オフ。

これで当座の対処は終わりです。

では降下・進入・着陸の時の操作です。

・降下チェックリスト

与圧・着陸地の標高を与圧パネルに入力 > リコールボタンを押して内容をチェック > 自動ブレーキをセット > 着陸データ・フラップ20度の時の進入速度、ミニマム > アプローチブリーフィングを完了

・進入チェックリスト

QNHをセット

・着陸チェックリスト

スピードブレーキをARM

ギアダウン > フラップ20度

以上です。

基本的に機体が壊れていないかどうか振動などで確かめます。そして適切な空港にすぐに着陸。フラップは20度で、ということです。フラップ20度で着陸ですから進入速度は通常より早くなります。フラップを25度以上に出さないのでフラップ警報は切っておきます。またトランスポンダでRAが作動するようになっていると突然機体が上下して失速の危険がありますからTAだけにします。

では、やっていきましょう。オートスロットルを切ります。オートスロットルはエンジン1基では作動しないようです。B777では1基でも作動しますが。

火災を起こしたエンジンを確かめて燃料コントロールスイッチをカットオフ。

最初に消化ハンドルを引き上げます。これで火災警報が止まるか確かめます。

止まりません。ではハンドルをヨコに倒します。これで消火剤がまかれます。

消火剤のボトルは2つあって、ひとつ30秒で噴射します。30秒経ってまだ火災が消えなければ2つ目のボトルを噴射します。そのため、噴射を始めたらストップウォッチをスタートさせます。下の写真の左上にあるCLOCKというボタンを押すと、時計のストップウオッチが動き始めます。速度が既に落ち始めています。片側のエンジンが止まっていますので。

するとほどなく火災警報は消えました。やれやれです。

ストップウォッチは13秒回りました。

 片側のエンジンが止まったため、左右の燃料タンクの残存量に差ができて機体が傾く可能性があります。そこで左右の燃料タンクをつなぐXFEEDをオン。ただし、現在は中央タンクから燃料を供給していますので左右のタンクからは使っていません。

火災の理由がわからないのでとりあえず280ノットに減速し、1基のエンジンだと現在の高度を維持できないのでFL260まで降下します。FLCHを押します。すると280ノットを維持するように自動的にピッチがコントロールされてFL260まで降りていきます。

本当はFMSのCRZページにあるENG OUTを選択すると1発不作動の時の最適高度が出てくるのですが、このソフトではこの機能が使えなくなっていました。残念!

それから推力は片側エンジンだけを使うので、設定を連続定格出力CONにします。上側ECAS右側のCONというボタンを押します。そして推力はマニュアルで操作していきますが、この数値を超えないようにします。

280ノットで降下中です。降下率が1000フィートになるように推力を動かしています。

 ときどきCANCEL、RECALLを押して新たな警告が出ていないか確かめます。

推力の目標はEPRで1.70とあります。現在の推力は1.40です。止めたエンジン1は特に振動は出ていません。そして燃料供給量は0.0。もしこの数字が0.0でなければ燃料が漏れているということです。それは大変なことです。エンジンオイルの量も減っていませんからオイルパイプも無事なのでしょう。

外から見たところです。左右でエンジンの見え方が違います。向かって右側、1番エンジンは風車状態で回っています。

 設備と条件が整った最も近くの空港に着陸する必要がありますから、今回は出発地のイスタンブール国際空港に戻ります。管制と打ち合わせ、まずTURKOポイントまで行きます。INTREFボタンを押してTURKOと入力し、EXECボタンを押します。

今日は最大離陸重量で離陸してまだ燃料が大量に積まれていて、このままで着陸すると最大着陸重量をオーバーしてしまいます。そのため燃料投棄をします。

 TURKOは157度の方向、95マイルです。180度近いターンになります。

 LNAVで左旋回。まだFL260に向けて降下中です。速度は280ノット。

 さて、ここでもう一つトラブルです。減圧です。減圧には急激な減圧とゆっくりした減圧の2つの故障が用意されています。急激な減圧は選択してもうまく動かなかったのでゆっくりした減圧を選びます。さて、どうなりますか。

 画面が戻ってしばらくすると上側ECASに客室高度の警報が出てサイレンが鳴りだしました。

これが鳴ったら直ちに酸素マスクをつけて乗員間のコミュニケーションの確保を行います。以後しばらく酸素マスクをつけての操縦になります。

 まだ火災の対処を続けているところでした。トランスポンダをTA/RAからTAに。緊急事態を宣言します。スクウォーク7700にします。

すぐに与圧計を見ます。内外気圧差はどんどん小さくなり、客室高度は10000フィートぐらいです。しかし気圧の昇降計は下がっています。ということは客室高度が下がっているということです。降下の速度が大きくて客室高度が大きく下がってきているのでしょうか。理由はわかりませんがこれは与圧が抜けています。

 客室酸素をオン。

客室高度の警報に対処するQRHを調べます。

酸素マスクを装着 > 乗員のコミュニケーションを確保 > 客室高度と上昇率をチェック > もし客室高度が制御できていなければ客室酸素スイッチを1秒押さえる > 遅滞なく1万フィートあるいは安全高度のどちらか高いほうまで降下 > スロットルをアイドルに > スピードブレーキを展開 > もし機体が壊れていることが疑われるときは速度に注意。また機体に高い負荷がかかる操作は避ける > 最大運用限界速度で降下

では操作を続けます。下側ECASにSTATを表示します。酸素の量が出ています。次第に減っています。酸素は出ています。

緊急降下をしますから機内アナウンスをします。

緊急降下はオートパイロットを使って行います。先ほど見たようにこのあたりの標高の最高はせいぜい5千フィート台です。ですから10000フィートまで降ります。速度は引き続き280ノットです。

写真を取り忘れましたがスピードブレーキはフルに展開します。するとものすごい降下率で降下が始まります。ちょうどTURKOに向けて旋回中でしたから引き続き自動でバンク角15度の旋回が続いています。

火災の対処がまだ残っています。APUをスタートさせます。

APUブリードが機内に流れるようにします。

対地接近警報装置のうちフラップ警報をオーバーライド。こうしておかないとフラップ20度で着陸しようとすると警報が鳴ります。

スクウォーク7700。緊急事態を宣言しています。

あっという間に10000フィートまで降りてきました。スピードブレーキを戻し、動いている右側のスロットルを動かして速度が280ノットになるようにします。トルコではQNHへの切り替えがFL100です。QNHをこれから変えます。ここまで離陸後26分。まだ最初の火災発生から9分です。

連続定格推力が1.57になっています。これを超えないようにします。依然として客室高度の警報が出ています。そのほかには異常な警告はありません。

スピードブレーキは全部戻します。

酸素の量は引き続き減っていきます。油圧は正常です。また止めた側のエンジンに燃料は流れていません。APUも正常に動いているようです。

10000フィートで水平飛行をしています。与圧の抜けはスローですから一気に調整されません。そのため10000フィートに向けて客室高度はゆっくりと下がっていきます。今は逆に内外気圧差は最大まで大きくなっています。これは安全バルブが開いているのでしょうか。

機体を外から見るとこういう感じです。エルロンと右側のスピードブレーキが動いて機体はやや右に傾いています。

 このような形で上空引き返しになりました。

着陸灯をオン。

QNHを3021に合わせ、260ノットに減速します。フラップ・スラット展開速度以上で飛ぶようにします。エンジン1基で機体が重いときに不用意にフラップを出したり減速したりするとそれっきり加速ができなくて急激に降下して速度を上げるか失速するかしかなくなります。エンジン1基の時は出来るだけ減速しないようにすることです。

さて、ここでギアが下りてしまった状況を作ります。ギアダウンです。現在の速度は260ノット。ギアダウンの上限速度は270ノットですからギアもギアドアも機体も壊れないはずです。

ダウン3グリーン。ギアは正常に出てロックされました。

さてギアが降りると抵抗が大きく増えます。そのため推力を上げないと速度が維持できません。ここでは推力が連続定格推力をEPRで0.01上回っています。

ちょっとスロットルを戻し、1.57、連続定格推力ぴったりにします。N1は103.6も回っています。

速度はまた上下に挟まれました。ギアが出ているので270ノット以上は出せません。またフラップ・スラットを出していませんからすぐ下にフラップなしの下限速度があります。スロットルを動かして260ノットを丁寧にキープします。

左右のエルロンが今までより大きく動いています。ギアが出て抵抗が大きくなりました。

外から見るとこんな感じです。右側はスピードブレーキがだいぶ上がっているのがわかります。

気圧も落ち着いてきたので酸素マスクを外します。

ではFMSにTURKOでの待機を入力します。今日はこのまま海に出てから燃料投棄を開始し、TURKOで待機中に引き続き燃料投棄をします。TURKOで右回りインバウンド30度、レグ1.5分のコースです。待機時間は燃料投棄が終わるまでとします。

LEGSページに右回りの待機が書き込まれています。

QNHをセットしたので高度がずれました。改めて10000フィートまで降下します。

現在の機体重量は181.8トンあります。最大着陸重量は145トンですから37トンぐらいオーバーしています。

しかしこの機体では燃料投棄できるのはセンタータンクの燃料だけです。センタータンクには現在20.2トンの燃料が入っています。ですからあと20.2トンしか軽くできません。もちろんこれに加えて飛行時間分の燃料は減るのですが。旋回中に燃料投棄をしてセンタータンクをカラにして、火災の影響でできるだけ早く着陸しなければならないので、このまま進入着陸に向かいます。オーバーウエイトでの着陸もありです。

APU発電機からの電気が供給されています。ただし、ユーティリティーバスは左右ともオフになっています。機内サービス用の装置は動いていないはずです。

このように引き返してきました。いよいよ海に出ますので燃料投棄を始めます。

待機地点のTURKOまであと20マイル弱。風はヨコから吹いています。

燃料投棄のスイッチをオンにし、左右のノズルをオンにします。

センタータンクの燃料が減り始めました。燃料投棄が行われています。

機体重量も180.0トンに減ってきました。

新たなスクウォークが指示されたのでそれをトランスポンダにセットします。引き続きTAのみです。

ではここでさらに悪条件として防氷装置をオンにします。先ほど見たようにエンジンを止めた側の空調をオフ。

防氷装置をオン。

そのまま飛び続けてTURKOまで来ました。風向きが大きく変わるので速度が落ちすぎないように目標速度を265ノットにしてあります。

 (つづく) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

X-Plane11の画期的な画面の動き

2017-05-15 18:38:22 | 日記

これまでFSXやX-Planeは旋回時に目の前の計器が動かずに景色の地平線が動いていました。そのため、本来は飛行機の前後を貫く機軸に沿って回転(ロール)するにもかかわらず、何か景色が傾きながら右左に移動するようにしか見えませんでした。

ところが有料のアドオンですが、X-Plane11用にそれを改めて、旋回時に計器が動いて景色の地平線と計器の人口水平線が一致するように画面を表示するソフトが発売されました。

はっきり言って一度これを使ったらもう元には戻れません(笑)。最初は今までとは景色の動き方が逆で戸惑うかもしれませんが、2,3回飛べばすぐ慣れて、こちらの方が自然ですから実に飛ばしやすくなります。

同時にこのアドオンはタービュランスや失速が近い時に機体を震わせたり、エンジンや風切りの音をリアルにするなど、これも一度使ったら元に戻れません(笑)。

たとえば以下の画面を見てください。これは水平直進飛行です。この状態では差はありません。

では左に旋回します。デフォルトの画面では計器は傾きません。景色と人工水平線が傾きます。しかしここでは計器も左に旋回しているように傾いています。そして景色の地平線と計器の人工水平線が平行になっています。よりリアルに旋回を感じることができるようになりました。これは画期的な進歩です。さらに左の方向に視野が動いて左のほうがよく見えるようになっています。

次に右に深いターンをしてみます。計器が右に大きく傾き、景色の海に見える水平線と計器の人工水平線が平行になっています。そして右側がより広く見えます。

そして急激に降下したところです。急激に上下すると画面の動きに重力の効果が表現されます。急激な降下ですからマイナスのGで一瞬浮くような感じになり、視点が一瞬高くなります。

威力を発揮するのが最終進入です。右のほうに滑走路があります。右旋回でアラインさせます。滑走路がより見やすくなりますし、滑走路に奥行きが感じられて大変アラインしやすくなります。

正面に滑走路があります。エルロンを左右に動かすと、まさに飛行機の中心を貫く機軸に沿って左右に回っているように見えます。ですから滑走路に奥行きが感じられて大変アラインしやすくなります。

ちょっと右側に機をずらしてみます。

こうやって左に傾きながらアラインさせます。

左から合わせるときはこうやって右に傾けながらアラインさせます。

横風があっても調整がとても楽です。突風で機体が傾いても直すのが容易です。

もうすぐ着陸です。

横風着陸でも自然にアラインできます。

機内から見たところです。

さて、どうやってインストールするかですが、X-Planeの無償のダウンロードと、有償のアドオンの2つが必要になります。

まずダウンロードですが、X-Plane用のLuaというスクリプトをダウンロードしてインストールします。

FlyWithLuaと呼ばれるスクリプトで、こちらからダウンロードします。

ダウンロードするとZIPファイルはこのようになっています。FlyWithLuaというディレクトリーをX-PlaneのResourcesのPluginsにコピーします。

X

そしてFlyWithLuaのなかにScriptというディレクトリーがあります。内容はこうなっています。実はこれらのスクリプト、X-Plane10用でX-Plane11では動かないものもあります。動かないものを入れておくとLua自体が動きませんので、インストール後のScriptのディレクトリーの中味を全部削除します。

有償のアドオンはこちらです。XPRealistic Proと言います。今まで無償でベータ版が出ていました。

ダウンロードするとこのようなZIPファイルです。そのなかの、赤枠で囲ったXPRealisticというディレクトリーと、XPRealistic.luaというファイルを先ほどのScriptのディレクトリーにコピーします。

するとこのようになります。Scriptの他のファイルはここでは全部削除してあります。動くものだけを選んで入れればよいですが。

そしてX-Plane11を起動して、Plugins>FlyWithLua>FlyWithLua Macros>XPRealistic Proを選びます。

するとこういう画面が出てきます。上から2つ目の青い枠が空欄になっていると思います。もしX-Cameraというプラグインを同時に使う時はここをクリックします。そして機体の種類によって5つのプロファイルが事前に用意されています。ここではC172なのでそれを選びます。

そしてProfile Immersionsは、23項目指定するところがあります。赤枠で囲ったところをクリックすると1番から23番まで各項目をオンにするかオフにするか選べます。オフにする時はその下の青い枠を空欄にします。

このなかでいま、バグがいくつかあります。特に10番のHeading anticipationです。これを選ぶと右クリックして画面を動かすことができなくなります。次回のアップデートの時には直っていると思いますが。気にしなければこれを選んでください。上のように旋回時に旋回方向の視野が広がります。

というわけで、これは実に画期的なアドオンだと思います。

(おわり)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加