加地尚武の佐倉新町電気街

「福音の少年 Good News Boy」シリーズ(徳間書店 徳間デュアル文庫)著者による電脳生活と意見。

【祝ノーベル文学賞】ボブ・ディランのアルバムを三枚挙げてみる。

2016年10月13日 20時32分48秒 | 本のこと。
ニュース速報を見たときに、思わす「プッ」と吹きだしてしまった。
何年か前から噂はあったけれど、まさかシンガーソングライターのボブ・ディランがほんとに受賞するとは思わなかった。

今年も期待していたハルキストのみなさんには悪いけど、ディランの受賞はとてもうれしい。
大好きなアーティストだからだ。

もちろん、あのフクザツな英語の歌詞を理解しているわけではない。ボクが惹かれるのは、サウンドと、(ほんのみじかい期間だったけど)すばらしい歌唱力。
「文学賞」だから歌詞に対して贈られたのはわかる。でもボブ・ディランは、すばらしいシンガーだった(過去形かも)。

今日は受賞記念で、ぼくの大好きなディランのアルバムを三枚だけ挙げたいと思う。

オー・マーシー(紙ジャケット仕様)
SMJ
SMJ

80年代のディラン。歌唱力で聞かせる最後のアルバムじゃないかと個人的には思う。一番好きな曲は「シューティング・スター」。ただ、泣けます。


血の轍
SMJ
SMJ

あらゆる意味で最高傑作。「風に吹かれて」しか知らない人は、ぜったいこれを聴こう! 



時代は変る(紙ジャケット仕様)
SMJ
SMJ

初期のディランといえばこれ。歌詞が聞き取りやすいので、「ノーベル文学賞」の重みを味わおう。アルバム名の曲や「ハッティ・キャロルの寂しい死」もいいけど、やっぱり「神が味方」だな。大げさだけど、魂が震えるほど感動した。

いやー、もう一本ビール呑みたい感じだ。よかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Kindle Unlimitedで読みかえす「シャーロック・ホームズ」

2016年08月06日 19時21分55秒 | 本のこと。
シャーロック・ホームズの冒険 【新訳版】 シャーロック・ホームズ・シリーズ (創元推理文庫)
深町 眞理子
東京創元社


ぼくはAmazonの奴隷みたいなものだ。
prime会員には3年前からやっているし、音楽を聴くといえば最近はiTunesなんかよりAmazon Musicアプリを使っている。むろん飲み物の定期購入はしてるし、暇なときはprimeビデオで古めの映画を観る。

今回、ようやく日本でも「Kindle Unlimited」のサービスが始まったのですぐに申し込んだ。
これは月額980円を払うと、対象の本やコミックが読み放題になるというもの。
本屋のドリンクバーみたいなものだ。

国内の本では12万冊。いまのラインナップはちょっと「もの足りない」感じがするけど、これから増えていくことを期待したい。

最大10冊ライブラリに入れられるんだけど、上の新約版の「シャーロックホームズの冒険」が対象だったのでダウンロードしてみる。
おお、「ボヘミアの醜聞」からだ。
翻訳が変わったので読みやすいこと読みやすいこと。百年以上前の小説とは思えない。
収録されているほとんどすべての短編は一度読んでいるはずなのだが、一日であっという間に読み終えてしまった。
純粋に面白い。
コナン・ドイルという作家が、こころから読者を楽しませようとしているのが、わかる。
改めて思ったのは、「シャーロック・ホームズ」というシリーズの「冒険小説的側面」だった。
そう、いまでいうヒキコモリのような生活を送っている青白いインテリ探偵がじっとしたまま事件を解決するというよりも、ワトソンという凡人が、うぬぼれが強くどっちかというとメーワクな友人ホームズによって冒険に巻き込まれていく物語なのだ。

そういう意味で「アイアンマン」のロバート・ダウニーJrが主演した映画「シャーロック・ホームズ」は、この「ほんとはハラハラドキドキな冒険小説」としての「シャーロック・ホームズ」をよく再現していると思う。

シャーロック・ホームズ スペシャル・バリューパック (初回限定生産) [Blu-ray]
ロバート・ダウニーJr.,ジュード・ロウ,レイチェル・マクアダムス,マーク・ストロング,ノオミ・ラパス
ワーナー・ホーム・ビデオ


ああ、楽しい。
次はジュール・ヴェルヌを読んでみようかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ゴジラ」は進化する!そして「ニッポン」も進化する。~『シン・ゴジラ』を観て。

2016年08月02日 19時12分57秒 | 音楽・映画のこと
映画『シン・ゴジラ』公式サイト

日曜日に『シン・ゴジラ』を観た。
すぐにブログに感想を書こうと思ったのだが、二日間寝かせてみた。
観た直後はテレビ版の『エヴァンゲリオン』の第14話を観たときのように異常に興奮していて、マトモな文章にならないと思ったからだ。
あ、いまもマトモじゃないね(笑)

いや~よかった~(しみじみ)

二日寝かせてこれしか出てこない。

ぼくは『エヴァンゲリオン』の二次創作がきっかけで小説家としてデビューした人間です。
最初の本はいまは潰れてしまった「ぺんぎん書房」という出版社から「福音の少年」という題名で出した。
元は「ニフティサーブ」というパソコン通信サービスのアニメ掲示板の中で連載していた「錬金術師ゲンドウ」という二次創作小説で、それをオリジナル小説として加筆修正したものだった。

出版社の方と本の宣伝について打ち合わせするときに、「PRのために庵野秀明さんと対談しますか?」と言われて「と、とんでもないです」とあわててお断りしたことを憶えている。ひょっとすると冗談だったかもしれないけど、本気だったら、それこそとんでもないことだと思った。
ぼくはアニメ史に燦然と輝く『新世紀エヴァンゲリオン』のいちファンが高じて小説らしきものを書いたにすぎない。そんな人間が庵野氏と対等に話していいわけがない、そこまでヒクツじゃないけど、それに近い感情を抱いていた。

その庵野氏がまたまたすごい作品を世に送り出した。「総監督」というのはたいてい「名義貸し」のようなもの、という先入観があるのだが、『シン・ゴジラ』はあきらかに映像作家としての庵野秀明の刻印がある作品だと思う。
それは進化を続けるゴジラの各形態のモーションであるとか、台詞であるとか、カット割りであるとか、構図であるとか、指摘すればきりがないほどだけど、これは「庵野秀明の映画です」といって差し支えないのではないか、と思う。

脚本も言うことはない。見事な脚本だと思う。
一級のエンターテイメントでありながら、優れた日本人論になっている。

「現場力」「個人よりも組織」「根回しによる合意形成」、巷間に溢れる日本人論を表層的になぞっただけじゃないか、と批判するのは簡単かもしれない。しかし、この映画に描かれた政治家たちや自衛隊員たちには、抗いがたいリアリティがある。

劇中、この新しいゴジラは急激に進化していく。だが、ニッポンもまた「ゴジラ」という最強最悪の外圧により急激に進化を遂げるのだ。それも「明治維新」や「太平洋戦争の敗戦」といった過去の歴史を上回るスピードで。

ネタばれは避けたいが、あえて「共存」という言葉を浮かびあがらせたラストもいい。
火山だらけのちっぽけな島国で日本人は「荒ぶる神」の「神威」とともに生きてきたのだ。とてもすっきりとした結論だと思う。

この文章をここまで読むような人はとうに観ていると思うが、もしまだなら、ぜひ映画館で観ることをすすめたい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のこと

2015年12月19日 20時42分53秒 | 音楽・映画のこと
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を観てきた。
例によって息子と一緒に。彼はこの日のためにエピソード4〜6のブルーレイを観て予習している。
(エピソード1〜3はテレビと映画館で観ていた)

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]
ジョージ・ルーカス,ジョン・ウィリアムズ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


なにか、感想を書こうと思うのだけど、なにも思いつかない。
というのは、

この映画、「スターウォーズ」という映画世界に、なにも足していない、と思うのだ。
この映画があろうとなかろうと、映画の一本目(エピソード4にあたる)は映画史に残るだろうし、4本目から6本目(エピソード1〜3)の新三部作が「がっかり映画」という事実に変わりはない、と思う。
いや、むしろ喪失感があるかな。「失った感じ」。ネタバレになるのでこれ以上書けないが、なにか思い出に近いものを失ったような気もした。

つまらないか、と言われればそうではないんだけど、面白いか、と言われれば、「まあ熱心なファンならばニヤニヤしたりホロリとする瞬間はあるんじゃないかな」と答える程度の映画だと思う。

「スターウォーズ」の最初の一本としてはまったくおすすめしない。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

11月30日(月)のつぶやき

2015年12月01日 02時52分38秒 | 四国八十八箇所
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水木しげるとアドルフ・ヒットラー。

2015年11月30日 21時25分23秒 | 本のこと。
水木しげるさんが亡くなられた。
「ゲゲゲの鬼太郎」をはじめ数々の名作を残されたが、ぼくが一番好きなのは、この作品。

劇画ヒットラー (ちくま文庫)
水木 しげる
筑摩書房


二十世紀最大の独裁者の貧乏な画学生だった若者時代からベルリン崩壊までのヒットラーの半生を描いた比較的オーソドックスな伝記漫画である。
おなじみの妖怪は出てこない。普通の意味では。

だが読んでいただくとわかるのだが、この「ヒットラー」と、彼を取り巻く人物たちが、もう「妖怪」なのだ。それはどんな妖怪よりも怖い。
普通の妖怪はヨーロッパを蹂躙し、数千万のユダヤ人を殺したりしない。

93歳。男性の平均年齢よりも長いし、大往生だったろうけど、もっと長生きしていただきたかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月29日(日)のつぶやき

2015年11月30日 02時54分12秒 | 四国八十八箇所
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親子三代007(ゼロゼロセブン)

2015年11月29日 11時47分23秒 | 音楽・映画のこと
もうすぐ九十歳になろうかというぼくの父は「007シリーズ」が大好きで、街に一つあった小さな洋画専門の映画館にぼくを連れて観に行っていたものだ。
それこそ第一作目の「ドクターノオ」(公開時007は殺しの番号)から第六作目の「女王陛下の007」まで一緒に観た記憶がある。

ドクター・ノオ [Blu-ray]
ショーン・コネリー,ジョセフ・ワイズマン,ウルスラ・アンドレス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


女王陛下の007 [Blu-ray]
ジョージ・レーゼンビー,テリー・サヴァラス,ダイアナ・リグ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


大人になって観返すと、そんなに難しいストーリーの作品はない007シリーズだが小学生低学年の自分にはわかるはずもなく、「ドクターノオ」の「ドラゴン」を模した火を噴く装甲車や「ゴールドフィンガー」のアストンマーチンや、「二度死ぬ」の忍者部隊なんかをただ面白がっていた。
それに、きれいな女優さんとエッチなことをするシーンが多いので、なんだかドキドキして観ていたことを憶えている。

死ぬのは奴らだ [Blu-ray]
ロジャー・ムーア,ヤフェット・コットー,ジェーン・シーモア
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


007役がロジャー・ムーアに代わってからの一作目「死ぬのは奴らだ」は一人で観に行った。
中学生になっていたからだった。

昨日の夜、ぼくは地元で働いている息子と一緒にダニエル・クレイグの007最新作「スペクター」をレイトショーで観てきた。ぼくの書斎に並んでいる007のブルーレイのコレクションを観て、息子はいっぱしの007通になっていたのだ。
最新作「スペクター」は、そんな50年以上にわたるシリーズのファンに向けた、「オマージュの塊」みたいな映画だと思う。アクションとかロケ地のそこかしこに「女王陛下~」であるとか「二度死ぬ」とか「ロシアより~」を思わせるシーンの連続である。
ぼくたちはとても楽しんだ。父と初めてみた「ドクターノオ」に負けない面白さだった。

親子三代に引き継がれる映画シリーズ、なんて、007以外にはない。
「ジェームズ・ボンドは帰ってくるでしょう」と「スペクター」のエンドクレジットにもあったように、今後もずっと続いていってほしい。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

11月1日(日)のつぶやき

2015年11月02日 02時58分51秒 | 四国八十八箇所

えらくメジャーになったグループ。キュートな曲が多いです。
play.google.com/music/m/Blijob…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月27日(火)のつぶやき

2015年10月28日 03時02分08秒 | 四国八十八箇所

生頼範義さん死去 「スター・ウォーズ」や「ゴジラ」「信長の野望」などのイラスト手掛ける(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加