なおすけの都市伝説と雑学

なおすけが仕入れた都市伝説や雑学を紹介。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

盲人用信号機が少なくなった理由

2009年01月11日 | 都市伝説
目の不自由な方に対し、「ピヨッ!ピヨッ!」という鳥の鳴き声を発して、
信号が今「青」であることを伝える「盲人用信号機」。

ここ最近、極端に数が減っているようなんですが、
そのきっかけはある奇妙な事件が関係しているようです。

それはわざと「ピヨッ!ピヨッ!」と、信号機と同じような音を出し、
目の不自由な方を死亡事故に合わせる殺人鬼がいたんだとか。

これによって、目の見えないひとだけでなく、携帯メールに夢中になっている人も、
「ピヨッ!ピヨッ!」という音を聞くだけで、無意識のうちに信号を見ずに、
道路を飛び出してしまい事故に遭ってしまうということもあったそうです。

実はこれ、完全犯罪にもなりうるとも言います。
死亡事故を発生させたのち、ほかに目撃者がいなければただちに逃走。
万が一、他の目撃者がいた場合は、第1発見者を装えば、
証拠も何もないので捕まることがないんだそうです。

データーによると、盲人用信号機のある横断歩道での死亡事故の数は、
ほかと比べて高いんだそう。
こういったことがあり、盲人用信号機はどんどんと姿を消していったらしいです。

しかし、盲人用信号機は今でもわずかながら残っています。
その理由は、いまだ捕まっていない犯人逮捕のためなんだとか。

警察は盲人用信号機の周りを張り込んでいるんだそうです。

FROM 長浜之人

関連記事
道路標識に隠された秘密
「子供が乗っています」ステッカーの本来の役割
高速を走っているとラブホテル街があるのはなぜ?
「キラー通り」の由来
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 違和感のある夫婦の会話 | トップ | 松本人志「M1グランプリ200... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む