なおすけの都市伝説と雑学

なおすけが仕入れた都市伝説や雑学を紹介。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サザエさんがイタリアで放送できない理由

2009年01月06日 | 都市伝説
同じ言葉でも国によって意味が違い、誤解を招く言葉があります。

有名な話だと、「ポケットモンスター」をアメリカで放送するときのタイトルは「ポケモン」。
なぜなら、「ポケットモンスター」はアメリカでは、「ポケットの中のモンスター」、
つまり男性器のことを意味するので、「ポケモン」というタイトルで統一されているらしいです。


それから「サザエさん」も、イタリアでは絶対に放送できない事情があるそうです。
それは、カツオのフルネームは「磯野カツオ」ですが、
この「イソノカツオ」を巻き舌で発音すると、イタリア語で「私は男性器です」
と聞こえてしまうからです。



それから、長澤まさみが出演している「カラリオ」のCMがありますが、
ブラジルで「カラーリョ」とは「ちんこ」とか「キンタマ」という意味になるんだそうです。
だから、ブラジル人がこのCMを見ると、かわいい長澤まさみが「ちんこ!ちんこ!」
と連呼しているので、とってもびっくりするんだとか。



日本国内でも、地方によって女性器の呼び名は変わって、
九州では「ボボ」と言う。
だから、昔のプロレスラーで「ボボ・ブラジル」という人がいたんですが、
九州興行のときは「ボブ・ブラジル」と名前を変えるくらい気を遣っていたらしいです。



これと同じような話で、沖縄では女性器を「ホウミ(宝味)」と言うんですが、
松田聖子の「抱いて…」という曲のサビに
「♪Hold Me  あなたに秘密にしてたニュースがある
  Hold Me  私の奥に芽生えた命を祝って♪」
「♪ホーミー(Hold me)、嵐の夜はベッドで抱いていてね♪」
という部分があり、沖縄の男子中・高生の間でこの曲がヒットしたという話があります。
女性の方は間違っても沖縄ではこの歌は歌わないように。



また日産の車でホーミー(HOMY)という車種がありましたが、
沖縄では販売禁止にされていたそうです。


それから、『加賀まり子』はスペイン語で『おかまのウンコ』なんだそうです。

FROM 首都神話 島田修平

サザエさんの出演料と幻の最終回
サザエさんのオープニングに潜むブラックマネーの噂
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アート引越センター」驚きの社... | トップ | ジミー大西天然エピソード集 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む