猫の住む街

「猫の住む街駅前珈琲店」オープンしました。
家に帰る前にひと休みしていきませんか?

在宅で看取ること。

2014年03月22日 22時12分17秒 | 家族のこと
3月15日から下痢と熱が続きましたが、
黄疸が少し出てきたことが原因のようです。
3日間の、下痢の一日10回くらいのオムツ替えは、かなり大変でした。
と言ってもそばで母を手伝ってただけですけど。
急遽、訪問看護師さんが一日3回、ヘルパーさんが一日1回来てくれ
その後の3日間を乗り切りました。

母が病院に入れようと言い出しました。
弱っていくのを見ていたくない。
病院に入れる方がベストではないか。家族ができることは限りがある。
先が短いことに納得できず、まだ手だてがあるのではないか、と言うのです。

ここでいう“病院”はホスピスということです。
一般の病院は治療を目的しますが、もう治療ができないと1月半ばに言われています。
いざという時、登録をしていないとホスピスは入れないのです。

往診の先生、訪問看護師、ケアマネ、弟と私と母、みんな揃って今後の相談をしました。
これだけの人が手を貸してくれて、在宅で看とるのは贅沢なことだよ、と母に話し、
一人で家で心配してる方が辛いことに気がついて、在宅でしばらくは看ようと落ちつきました。

往診の先生は、父にとって何が一番気持ちいいことかを考えてあげるように、
またこれから先、病院が安心できると思えば、その時にホスピスを考えることにしました。
答えは一つではないということです。
母の精神状態によって、いざというときのために保険としてのホスピス登録です。


今日は訪問入浴に入りました。
ケアマネさんが手配してくれ、
「お風呂に入ることでたとえ余命が短くなっても、本人がお風呂好きなら気持ちよくなってもらいましょう」
と言っていました。

過去の例で、お風呂のあと氷を少し口に入れてもらい「あー、美味しい」と言って亡くなった人もいるそうです。
先生も「薬で痛みをとることで心地よくなる人もいれば、痛くても薬は絶対使いたくないという人もいる」
と言っていました。

何がその人にとって心地いいことか選択することができる、それが在宅のお看取りということですね。

ハーシーのチョコプリンを食べ、父は寝ています。
固形物は食べられず、粒の薬も飲まなくてよくなりました。
胸に貼っている痛み止めのシールのみです。
今日は、そのプリンも飲み込むのに大変そうになってきました。

ツタヤで昭和歌謡のCDを借りてきたので、
明日からは歌を聴きながら、好きなコーヒーを飲ませてあげるつもりです。
認知症は不思議なほど進んでおらず、つい先日まで私の電車賃を心配してくれていました。
そして、19日には自分のことを「もうお蔵入りだな。死に体だ。」と言うなんて
分かっているということなんでしょうかね。
帰る時にはいつも「悪いなぁ、ご苦労さん」と言ってくれてます。


実家は坂の多い町です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チーム・おじいちゃん

2014年03月11日 09時29分59秒 | 家族のこと
往診の先生・訪問看護の看護師さん・訪問介護のヘルパーさんが定期的に来てくれています。
何かあったら24時間で対応してもらえると思うと、家族はホッとします。
家に居ながら、病院の病室のようで、チームを組んでもらったように嬉しいです。

週3日、母は透析に行っており、その日父はデイサービスに行っています。
最近は疲れるのか、デイサービスでない日は昼間ずっと寝ているようで、
今後デイサービスに行かれなくなったら、母のいない日に私が行かなくては!と急に思い、
仕事の調整に悩んだりしていました。

土曜日は仕事中にいろいろ考えてしまい、仕事が手につかなくなり、
同僚たちに「1」話したら「10」分ってくれ、
彼女たちの一言一言に胸打たれ、なんだか涙がボロボロ出て早退して帰ってきました。
私たちは、コールセンターで日々話を聞き、しゃべる仕事。
「私たちはプロ集団なんだ」と、同僚たちを誇らしく思いました。
「ご家族のことを最優先で考えて」と言ってもらえ嬉しい限りです。


昨日ケアマネさんから電話があった際に聞いてみると
「デイサービスでも、横になって休めるところありますよ!」と元気な返事。
彼女の元気な声に、いままでも励まされてきました。
それなら、当分はいままでどおりでいいんだ。
悩んでいたことがすっかり晴れました。


身内では、良かれと思ったことがチクチクトゲのように感じることがあり
食い違いに悲しくも悔しくも感じることがある。
介護で疲れるってこういうことなんだな。


肝臓がんと診断された大学病院も、往診の医師宛てに紹介状を書いてもらい
もう行くこともありません。
若い医師でしたが、分かりやすく相談に乗ってもらいやすい方でした。
「私がかかることがあった時は、よろしくお願いします」と笑って後にしました。
病院のソーシャルワーカーの方にもお世話になったので、帰りがけに挨拶に行くと
「何かあったらいつでも来てください」と言ってもらい、嬉しいことでした。
これですべての病院からの紹介状が、往診のクリニックに集まりました。
と言っても、もう父は薬を飲んでいませんけどね。

もっとのんきにしていないとダメですね。
お気楽で看病・介護をすることにしましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事どうしようかな…

2014年03月09日 17時42分41秒 | 家族のこと
病人が出たとき大変なのは、世話自体ではなく、仕事をやりくりしたり、
家族が同じ方向を向いていられるか、ということに、神経を使うことだね。

「ママ、今月から仕事減らすわ」と息子に言ったら、
「いいんじゃないの~。仕事してられない時もあるからな」と言った。
そのとおり!考える余地はないよ。ちょっと涙が出た。
することはひとつ。

父も母も家にいたいと思っている、と思う。
私も助けたいと思っている。
でも、母はみんなが大変になるから施設に入れようと言う。

正直、ちょっとホッとした自分もいる。
複雑だ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父を病院から脱出させるの巻

2014年03月04日 22時54分10秒 | 家族のこと
父が肺炎で救急車で入院した病院は、行くたびに不信感がつのるとんでもない病院でした。
知人が口をそろえて、ブラックだと言うのはうなずけます。

家では紙パンツを使用していたので、おむつには慣れておらず。
交換してくれるおばあさんのヘルパーさんは、ろくに声もかけず
事務的にこなす方のようで、
「はい、上向いて」と少々怖く。

だんだん父は食べず・飲まずになってしまいました。
聞けばおむつ交換が嫌とのこと。

これは一日でも早く退院した方が元気になると思い、
まだ肺炎の数値が少々高いのでもう少し治療してから退院と言われましたが
8日めの昨日、医師がいる時に、認知症・肝臓ガンの末期であると話し、できるだけ家にいさせたいし、
往診の医師も来てもらえることになっていると話し、強引に退院許可をもらいました。

ケアマネと土曜日に相談した時には、月曜に介護ベッドや車いすを手配し
火曜日に搬入して、午後退院がいいねと話し合っていたにもかかわらず
月曜の4時半に、これから退院すると、ケアマネに電話したところ
「えー!!そんな急に!(笑)」と呆れられ、強引さを笑われました。

ベッドは後でもいいと思ったのです。とにかく連れて帰りたかった。
ところが、病院に飛んできてくれたケアマネは
「ベッドの手配しましたから。もうご自宅に行っています」と1時間で手配してくれたのです。

タクシーで家に着くと、新品の介護ベッドを組み立てている最中で
タクシーから降りる時も、これまた新品の車イスに乗せてくれたのです。

なんて早急な手配!仕事の手早さ!
思わず
「Aさん!ごめんね~。無理言って~!お給料がどこから出てるか知らないけど残業もさせちゃて~
と抱きつく勢いでお礼を言いました。
「大丈夫~、お給料は国から出てるから~」と笑うAさん。

そして一日たった今日は、往診の医師と訪問看護師の方が父の様子を見に来てくれました。
それもケアマネの手配のおかげです。
医師に昔の事を聞かれているうち、父は「白い花の咲くころ」という歌が好きだと言い
医師はすぐスマホでその曲を検索し曲を流したところ
父は大きな声でその歌を歌いました。
横浜市歌を知っているかと看護師に聞かれ、その歌も大きな声で歌いました。

看護師が後から「先生、感動して泣いてましたね」とそっと教えてくれました。
私も実はジワッと涙が出てしまいました。

医師が帰り、残った看護師に
「先生はどんな印象でしたか?」と聞かれ、父は
「まともだったね」と答えたのにはみんなで笑いました。ぶっ飛んでいる父です。

どうやら病院のおばあさんヘルパーさんを、父は「怒鳴りつけてやった」らしいのです。
どんなことに対してかは「忘れた」と言いませんが、プライドを傷つけられたのでしょう。
これでもうその病院に行くことはないと思うとホッとします。
医療と介護の大きな違いを実感しました。
介護保険で動く方たちの優しい事!それってどういうことでしょうね。
まあ、母が通う透析の病院は、どの看護師さんもいい人ばかりだそうだから一概には言えませんが…。
今は、父の事に対しては私のわがままを通してもいいと思っています。
それが悔いの残らない看護だと思います。

今後はヘルパーさんに来てもらいながら、デイサービスに週3日通い、
ショートステイしながら特養に入れればいいなと思っています。
でも、今日来た医師は在宅を勧める派のようだし、心の葛藤は続きます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加