猫の住む街

「猫の住む街駅前珈琲店」オープンしました。
家に帰る前にひと休みしていきませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

合唱

2009年09月28日 23時16分50秒 | 家族のこと
「あいつがさぁ」と夫。
「合唱コンクールの新聞記事を見て『なんでうちの学校、合唱部ないんだろう』って言ってたぞ」

あいつとは息子のことである。
夫 『あったら合唱やってたか?』
息子『合唱部入ってたよ』

へー。初耳。
でも今考えたら、小さい時ウィーン少年合唱団聞きたがったことあったな。
そんな頃から歌好きだったんだ。
サッカー少年と思ってたけど、もうサッカー部戻らないかもなぁ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

人口透析

2009年09月28日 22時48分14秒 | 家族のこと
実家の母が人口透析をすることになった。
腕にその入口を作るために、今日手術だった。

今日は行けなかったので、昨日入院している病院へ行った。
いままで何度もいろいろな病気で入院した母だが
今回は急ではないし、本人が準備周到で入院していて、こちらもそう心配しないですむ。

喫茶室で母とお茶のペットボトルを飲みながら話す。
病院でなければ、こうやって外でお茶するのも悪くないなと思う。

そうしているうちに父が病院にやってきた。
83歳の父。入れ歯が歯ぐきにあたって、柔らかいものしか食べられないと言う。

「歯医者に行きなよ」と私。
「いいんだよ。床屋と歯医者は座ってるのが嫌なんだ。
 悪い所がなくちゃ、いつまでも生きてるようだよ」と父。

なんだか可笑しくて、母と私は笑った。3人で笑った。
父と母が並んで笑う。
その後ろの窓越しに、病院の中庭のきんかんやみかんの実がなり、日々草が咲いてる。
初秋の陽が柔らかだ。
2人の写真撮りたいと思ったが、照れくさくて止めた。

仕事でお年寄りと話をする。
今日は丁寧にお話しした。
両親と同じくらいの年齢の方々だからね。
尊敬の気持ちを持ってね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

頭の回転

2009年09月26日 07時24分32秒 | 毎日のこと
先日の薬味の件で、シソの葉を書き忘れた。
ごるちゃんに言われて気づいたが、
それより、今回刻んだ薬味自体にシソの葉を入れ忘れてた。
それがショックだ。
何回も刻んだ薬味なのに、買い物に行った時点で忘れてた。
トホホである。


先日仕事帰りに、川崎ラゾーナで買い物をした。
20時50分。
地元に着くころは、もうスーパーは閉まっているので、途中の川崎で降りた。
野菜売り場で店員さんが「半額でーす」と言っている。
『そうか』と思い、野菜をかごに入れてレジへ行くが、半額にはならなかった。
レジのそばの店員さんに聞くと「八百屋さんに聞いてください」とのこと。
野菜売り場の人に聞くと「このコーナーの“半額シール”の貼ってあるものだけです」と言われた。

そうだよね。…なんで気付かなかったんだろう。
言われてみれば当たり前だ。
今までならそんなことは気付くことだった。
脳みそに酸素が行ってないというか、血が回ってないというか…。

年をとるってこういうことだ。
わかっていたことが気付かなくなる。
できていたことができなくなる。
50歳でこんなことを言っててだめだよね。でも気がついちゃうんだもん。
仕事では突っ張って頑張ってるんだぁ。
時々ミスして怒られるけど。

涼しくなってきたし、大好きな編み物でもしようかな。
ミルクティーでも飲みながらね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

薬味

2009年09月20日 14時12分15秒 | 毎日のこと


今年の夏はこの薬味をよく食べた。
今日はチャーハンにのっけてみた。

今日は日曜日。子供達も出かけ、夫と二人チャーハンのランチ。
「オジジとオババの昼ご飯て感じだね。これからこうなるのかね。」
などとぼやきながら、チャーハンを食べる。

夏の初めに“はなまる”でやっていた薬味で
かいわれ・小ねぎ・みょうが・しょうが・シソの葉を合わせたものだ。
ひとつづつより絶対美味しい。どうしてだろう。
全部切って、ざるに入れ水にさらして水をよく切る。
タッパーにペーパーをしいて保存すると、冷蔵庫で1週間くらいは大丈夫。
この夏、切らすことなく冷蔵庫にあったので、冷ややっこや納豆にものせて食べた。
近所に住んでる義父にも好評で、おすそわけもした。
時々は嫁もしてます。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

パイン味のビール

2009年09月20日 13時55分10秒 | 毎日のこと
おとといは、夕方から息子のクラスの母の親睦会に行った。
2次会で、パイン味のビールを頼んだ人がいて、みんなで匂いをかがせてもらっていた。
そして私も…
「ホントだ。パインの味。
「あー!飲んだ(笑)」
「えっ!?

みんな匂いだけなのに、私だけ本人より先に飲んじゃった。
完全に酔っ払いでした。
仕事の後に行ったからなぁ。
でもいろんなところに顔出さないと、偏るからなぁ。
いつも誰とでも話が合うとは限らないけど、おしゃべりなおぽんでいたいと思う
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1日の最後に傘でたたかれる

2009年09月13日 10時31分37秒 | 毎日のこと
昨日は忙しい1日だった。

息子の高校で役員なので講演会を開くため、朝10時から準備に行った。
午後2時半講演会が始まり、その後は5時半からの息子の「ゴスペルナイト」を見に
有楽町国際フォーラムへ。

1グループ150人くらいがステージに上がり、3曲歌う。
9グループが出演したから、3時間でものすごい人たちが集まったことになる。

その中に息子は入っていたのだ。
そうなると、もはや運動会を見にきた父兄のようで、楽しんでハイになってるのは
歌っているみんなで、そのおすそわけをしてもらっているようだ。

でもよかった、よかった。楽しそうだもん。

夜9時に終わり、有楽町のガード下の飲み屋に夕飯を食べに入る。
息子はもちろんコーラで、塩焼きそばややきとりを食べる。
私も長い一日を思いながら生ビールをグイッと飲む。

へらへらしながら京浜東北へ乗る。
私たちが立っていた足もとの座席の若い女の子が、ハンバーガーを食べてる。
ふと見るともう2個目のハンバーガーを食べてる。
次はチョココロネを食べてる。
次はおにぎりを食べてる。
続けて2個、合計3個おにぎりを食べ、4個目を手に持って電車を降りて行った。

私たちはぶったまげながら、彼女の後に私が座り、左に息子が座り
立っていた夫と3人で話していた。
私の右隣には気にも留めずに……




右隣には小さいおばあさんが寝ていた。
すくっと立ち上がり、「次の駅で降りるんだな…」と思って左の息子に話しかけた瞬間、
そのオババが傘で私の頭をたたいた!「えっ??何ですか??痛いんですけど」と私は言い、
明らかにおかしい。私を睨みつけてブツブツ言ってる。
そして2mくらい向こうから夫の足元につばを飛ばした。2回も!
周りの人もびっくりしている。

「おまえ、なんか言った?」と夫に聞かれても思い当たるふしは無し。
「なんかストーカーとか言ってたみたいだ」と夫は言う。
そして駅に着き私たちは降りてしまったが、その後どうなったのだろう。

「すげーな、あの年で2回も続けて、つば飛ばして。
 すぐ溜まるんだな。」
息子がそんなところで感心してるのが可笑しかったが
なんだよ~。たたかれた頭が痛い。
電車に乗った時から、ねじれた空間に入り込んだようだった。
今日の余韻が吹き飛んじゃったよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昼食のそば屋

2009年09月11日 22時32分01秒 | 毎日のこと
大門の交差点からもっと増上寺よりに、小さいそば屋がある。
昼に行くとお店に人が溢れ、カウンターの席の後ろに、次の人が並んでるくらいだ。

今の私の昼休みは、3時近くなので、時々ひとりで入ってみる。
たぬきそばが350円、かきあげそばが400円。
私が行く時は、たいてい誰もいない。
さすがに、そんな時間に女性がひとりで食べてる人もいなくて
今日行ったら「毎度!」と言われた。

私はそば屋の常連になりつつあります。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

悲しくてうらやましい話

2009年09月11日 22時08分53秒 | 仕事のこと
会社の先輩で53歳くらいの人がいる。
思った事をはっきり言うし、てきぱきしたおばさまだ。

昨日帰りがいっしょになり、この1年で11kg痩せた話を聞いた。
「どうやったんですか?」
「プールの中でのエクササイズを週4日通ってたから。
 それと主人が病気で看病してたからかしら。」という。

「それで、去年亡くなったのよ。
 再婚して3年で亡くなったの」という。

駅で写真を見せてくれ、
お互い一目ぼれだったこと、
知り合って半年で結婚したこと、
きっと彼は年をとってもハンサムなままだったろうこと、
たくさん旅行に行って思い出の引き出しがたくさんあること、
闘病中は「ありがとう」というと最後のような気がして言えなかったこと、
ご主人は60歳で亡くなったこと、
今も彼の32歳の娘と暮らしていること、
など、あふれるように話してくれた。
おかげで、ラッシュの電車の中でウルウルしちゃったほどだ。

「幸せですね。20数年もいっしょに暮らしてたら
 “死んじゃえばいいのに”なんて気持ちになることもあるし…」
彼女も前夫とは借金で苦労して離婚しているそうで
余計に今度こそ幸せにと思っていたのだろう。
テレビを見ていても、一人彼に話しかけているんだそうだ。
思い出すことはいっぱいで、当分は大丈夫と言っていた。

「ただいま」と家に帰ったら、夫が「お風呂入ったら」と言ってくれる。
私の場合、これはこれでよしとするか。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

コロッケとばくだん

2009年09月07日 07時13分54秒 | 毎日のこと
  

いつもは朝に夕飯を作って会社に行くので、揚げ物は作れない。
昨日はお休みだったのでコロッケを作った。
調子に乗ってじゃがいもをチンしたので、30個もできちゃった。
うちのは俵型のコロッケ。
実家のコロッケが俵型だから。
合びき肉と玉ねぎが入ってます。今日も1日コロッケです。

右は、この夏我が家で人気の「ばくだん」です。
大戸屋でサイドメニューにあって、気に入ってしまい、
3日に1度は作りました。

山芋のすりおろしにまぐろ、おくらが乗ってます。
納豆と卵の黄身を乗せれば完璧だけど、省略もします。
このコップに入れる所がミソです。
大戸屋のまねっこです。
わさび醤油でぐるぐるしてかっこみます。

もう少し、残暑を乗り切りましょう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

女性には女性が必要

2009年09月06日 12時37分06秒 | 毎日のこと
前の会社は、男性ばかりだった。
しかも50歳の私より年上が大半で、私だけが派遣でみんな社員。
想像してみて。
自分が若くてチヤホヤされれば楽しいかもしれないけど、
早い話が、私は雑務をする「派遣のおばちゃん」としか見られてなかった。
おしゃれをするのも気が引けて、一日もくもくとPCに向かい、
昼休みも一人応接室で食べた。

ところが今の会社は、SEに男性が数人いるのみで、ほとんどが女性。
みんな主力で働いてる自負がある。必要とされてる実感がある。
その中でも、私くらいの世代が10数人いる。
みんな溌剌として、おしゃれして、自分に磨きをかけている。

やっぱり女性には女性が必要よ。
お互い刺激しあわないと成長しないよね。


今の会社の基礎化粧品がデザインのリニューアルをするという。
その座談会に出席した。
パッケージのデザイナーとあれこれ話し合う。
初めての経験だったけど、こうやって商品は出来て行くんだなと思った。
エイジングケアの商品だから、私たちにピッタリ。
私たちの年代しか分からないこともあるんだから。
なんでも長所にかえて華麗に生きて行くわよ!!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

木風町

2009年09月04日 07時26分42秒 | 毎日のこと
毎日いろいろな所から電話がかかってくる。
どんな街かな…なんて悠長に考えてる暇は無く、次々に処理しているが、

木風町…いい町名じゃないですか。
木々の間を風が通り抜けるような、素敵な街を想像し
「初めてお聞きしましたけれど、素敵な町名ですね」と言うと
「ははは、今度遊びに来てください」とお客様がおっしゃる。
どこの県だったかも忘れたけどね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加