猫の住む街

「猫の住む街駅前珈琲店」オープンしました。
家に帰る前にひと休みしていきませんか?

医師に望むこと。

2017年07月15日 11時45分31秒 | 家族のこと
訪問看護師さんに
「心臓の病院の先生が、なんだか物足りなくて」と話した。

母が症状を話しているのに、先生は付き添っている私に確認する感じなのだ。
母が高齢だからとは思うけど、本人の話をきちんと聞いてほしい。
そうして、結果「年だから」という意味合いのことを言う。

「患者さんの話を聞くのが、大事だよね」と訪問看護師さん。
「以前ね、救急にいた時、心筋梗塞の人が運ばれてきて
 先生が『よし!助けるぞ!』と言ったのね。鳥肌がたったよ。」

医師はたくさんの懇願と期待を毎日受けて、重圧に負けそうになるかもしれないけど
「よし!助けるぞ!」っていう気持ちを見せて欲しいよ。

訪問看護師さんが言った。
「せめて、次に受診するまで頑張ろうと思わせてくれないとね、先生は。」

それでも母は、先生のそっけない態度に
「大した事ないんだとホッとしたよ」と言う。
物は考えようなんだな。
「これだけしか」と思わず「こんなにいっぱい」と思うってことかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の近況 | トップ | 母と「君の名は。」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿