ピアノは歌う♪ 〜調律師が見た音楽の世界〜

合唱歌手としても活動をするピアノ調律師が語るピアノと音楽の話

12.ファイロファクス

2008-10-06 01:49:38 | お気に入りグッズ
今日は僕のお気に入りグッズを紹介します。
毎日使ってる手帳です。

これは1987年3月購入の、6穴のシステム手帳で、黒い牛革製のファイロファクスです。
この年の確か1年ちょっと前くらいに、エッセイスト山根一眞氏が書いた本「スーパー手帳の仕事術」が出てから、日本にシステム手帳ブームが巻き起こったのです。
文具類の好きな僕も例にもれず、この手帳に夢中になりました。
もう欲しくて欲しくて、でも当時、イギリス製のこの手帳なんと3万6千円もしたので、なかなか手が出ないでおりました。

ところが、しばらくするとファイロファクスの廉価版?でスタイロファクスという日本製のシステム手帳が9,800円で発売されたのです。
僕はもうがまんができず、グレーのスタイロファクスを購入したのです。

しばらくはこれで満足して、中のリフィルをいろいろ交換したり、工夫していろいろ作ってみたりと、楽しんで使用していました。
ある日、取引先の部長さんが僕の手帳をめざとく見つけ、「お、ファイロファクスじゃない。ちょっと見せてよ。」と声をかけてきました。
僕は何も言わずに手帳を見せました。
しばらく手帳を見ていた彼は、「え? これファイロファクスじゃないの? …なぁんだ。」と言ったのです。
それからというもの、再び僕はファイロファクス熱に苦しむことになるのです(^ ^;)。
2ヶ月ほどしたとき、ついに、四日市にある大手の文具店「白揚」のレジで、お金を渡してファイロファクスを受け取っている夢(!)まで見てしまいました。
それからは、もうついにがまんができなくなり、家内に相談したら「そんなに欲しいのなら買ったらいいんじゃない。」と言われ、また広告にも「確かにこの手帳は高いです。でも20年は使えますから、そう考えれば1年たったの1,800円です。・・・」みたいなことが書いてあり、その言葉に納得させられた僕は、ついにお金を握りしめ白揚に走ったのでした。
そして広告で言われていたように、使い始めてからめでたく20年経ちました(^ ^)。

じつは、購入してから7,8年経ったころに、一度だけ、買い換えをしようと思い、実際により便利そうな造りの日本製のバインデックスというシステム手帳を購入したことがあります。
そのときはファイロファクスのホックもはずれかかっており、また妻の薦めもありクリスマスプレゼントとして買ってもらったのです。
ところが、ファイロファクスからリフィルをバインデックスに入れ替え、新しい手帳をカバンに入れて仕事を始めたとたん、この手帳ではだめなことに気がつきました。
もう、ファイロファクスが無くなったとたんに、心がざわつき乱れ、もう仕事もなにも、手につかないのです。
1日でネをあげた僕は、さっそくファイロファクスを修理に出し、新しい手帳は予備として机の引き出しに埋もれることになったのです。
その後も、何度か修理も出したりしましたが、ますます愛着がわき、僕の仕事には無くてはならないものとして、ずっと愛用しています。

買うときは確かに高かったです。
でも、この手帳は、それ以上のものを僕に与えてくれ、また教えてくれました。
物は大事に使うとかけがえのない価値を僕たちに与えてくれます。

できるなら、ピアノもそうであってほしいといつも思っています。
だから細心の注意を払い調律もするわけで、でもそう考えながらする仕事はとっても楽しいものなんですよ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 11.古いヤマハピアノ | トップ | 13.ボストンピアノBP218 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なおき)
2012-05-27 04:19:32
はじめまして、僕も同じファイロファクスを約23年使ってます。途中リングを3回くらい替えましたが、ジャケット部が本皮らしく独特の風合いになり、手放せません。いろいろな情報管理システムを試行錯誤してきましたが、気軽に記入すると言う意味では、バイブルサイズが一番気軽に取り組めます。現在は同じバイブルでも別のスリムサイズのバインダー(ちなみにブランドはサザビーです)とデータバンクとしてアシュフォードの30MMサイズを分冊で使ってます。ファイロファクスは、別のデータバンクとして併用してます。
スケジュール管理はスリムのサザビーにとりあえず記入して、アシュフォードのA5サイズに転記して行っています。
 スケジュール管理でパソコンも使ったことがあるけど、スケジュールは生き物だと思うので、現在のこの方式が一番あってます。
 システムノートは使いこなすのが難しいということを昔からよく言われますが、ようは使う人にとって一番使いやすいようになってたら、それが使いこなしだと思いますねぇ。あとはその人にとって手放せない存在になっているかなのかなぁ何て思います。
 長々となりましたが、お互いにファイロファクスと末長く付き合っていきましょうね。
なおきさん (町田 直紀)
2012-05-28 01:00:11
おお、ff仲間ですね! しかも、名前も僕と同じ!
僕もffはほとんどスケジュール管理として使っています。
とても便利です。
ブログには書きませんでしたが、リフィルは自分で使いやすいように考案した、見開き一週間のオリジナルタイプです。
6,7年分を印刷屋さんに穴開けまでお願いして作ってもらいます。
そりゃもう自分で考えたやつですからとても使いやすいです。
そのオリジナルリフィルも、多少の改良は加えましたが、1991年からずっと使っています。
だからもうちょっと手放せないでしょうね。少なくともそのリフィルは。
ファイロファクスのほうは縫い合わせの部分がだいぶん痛んできておりますので、いつまで持つのか、ちょっと不安を抱えてますが、できれば死ぬまで(笑)使えればと思いますが、どうでしょうね。ちょっと無理かも・・・。
残念ですが。
でも、いいものを長く使う、というのはほんとにいいことですね。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

お気に入りグッズ」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。