セゾン・ド・ユー

時々更新フォトダイアリー、北の四季とエトセトラ

小径をとおって木立の中へ

2017-07-13 12:48:23 | ぐるりのこと

ヘミングウェイに、似たような題名の小説があったが、ブログの内容とは関係ない。

油絵調の加工がされている。

サテ、この子はどこに向かったのかな?

 

 

 

 

 

 

コモンのホタルブクロは、蕾をふくらませ色づいてきた。

膨らます前の紙風船みたいだと、蕾のかたちを見ていつも思う。

この花は、蕾のときの方がずっと濃い。

 

 

 

 

 

 

トランスカンシア(ムラサキツユクサ)の淡色葉タイプ。

ツユクサが咲くのはもっぱら午前中だが、まだ花期には少し早いようだ。 

ちなみに、普通葉タイプはバックガーデンにある。

 

 

 

 

 

フウロソウの仲間の、ゲラニウムマクロリズムアルバム。

花弁の長い、芳香?のするお花。

芳香といっても、好みは別れるかも知れないが。

 

 

 

 

 

 

どうやら、あの子の行き先は、ベリー園のハスカップサイドだったようだ。

この子の口には、少し酸っぱいと思うが…

 

(特派員二号撮影) 

 

 

『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そしてデルフィのころ | トップ | 夏木立ち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。