NAOの飛行機写真日記

飛行機好きの若僧です。島根県の出雲縁結び空港がベースで大阪や名古屋に遠征にも行きます。良かったら見てください!

JAC2342便 ボンバルディアDHC-8-Q400(2017年7月22日:出雲~伊丹)

2017-07-31 04:38:04 | 飛行機搭乗記
2017年7月22日(土) JAC2342便 出雲8:55~伊丹9:45 出雲SPOT:4 伊丹SPOT:24 機種:ボンバルディアDHC-8-Q400(JA850C) 座席:14D 飛行時間:38分 距離:151マイル 飛行速度:620km/h 飛行高度:17000ft

今年3回目の遠征は、北海道へ向かいます。7月23日に開催された航空自衛隊千歳基地航空祭に行ってきました。もうSNS等で速報があった通り千歳基地航空祭は残念なことがたくさんありちょっと不完全燃焼な結果でした。まあ、それは追々紹介していくということで札幌新千歳空港へ向かうのですが、出雲~札幌間は8月にならないと直行便の運航は無いので、今回は往復大阪経由です。予定通りいけば4レグ全て違う機材に乗ります。まずは大阪伊丹空港までのJAC2342便搭乗記です。


出雲空港へやってきました。JAC2342便は定刻での出発の模様です。


出雲空港は保安検査場が2レーンになりました。混雑時の待ち時間解消になりますね。


保安検査場を通過します。


保安検査を通過してレシートの搭乗券が発券されました。なんか長いと思ったら乗り継ぎなので2区間分の搭乗券でした。


本日の搭乗機がJAC2341便として伊丹空港からやってきました。鶴丸塗装のDHC-8-Q400です。折り返しの2342便に搭乗します。


東京からJAL277便として767-300がやってきました。


搭乗時刻になったので2番ゲートを通過し、搭乗機まで向かいます。2341便の到着が遅れたため、搭乗時刻も5分遅れます。


ゲート通過後、3番スポットに駐機する767-300を1枚。


搭乗機は4番スポットに駐機しています。










3番搭乗口より階段を1階に降ります。


外に出ました。3番スポットに駐機する767-300ER、JA613Jが目の前です!


グランドレベルで撮影できるのは徒歩での搭乗の魅力ですね(^^♪ このJA613J、後々出てきます。


本日の搭乗機はDHC-8-Q400のJA850Cです。鶴丸塗装です。なかなかサンアークに当たりませんね。


搭乗します。


本日の座席は右窓側の14Dです。


座席間隔はプロペラ機ということもあって少し狭いです。


窓の外はこんな感じ。Q400は翼の下に胴体があるのでほとんどの座席が翼の下なのですよね。


出発時刻になりプロペラが動きだしました。


自走で方向転換して滑走路へ向かいます。


滑走路へ出ます。ランウェイ07から離陸するようです。


ランウェイエンドで方向転換。


離陸滑走開始。


エアボーン。


ランディングギアを閉まってようやく外が見えました。




松江市上空。


中海上空。


一旦、日本海へ出ます。


右側に見えてきたのは!


中国地方最高峰、大山です。今日は綺麗に見えます。


大山横を通過。


気流もなく順調なフライトです(^^♪


鳥取市上空付近でライトターン。


徐々に街並みが見えてきました。遠くに伊丹空港が見えます。




見えづらいですが、大阪城も見えます。






ランディングギアを出します。


眼下の大きな川は淀川。


千里川土手を超えて。


CRJ200と767-300が待っています。


9:43、伊丹空港ランウェイ32Rにランディングしました。離陸時間が9;05だったので飛行時間はわずか38分です。短距離路線ですね。


24番スポットに到着しました。


CAさんにお礼を言って降機します。


到着口からターミナルに入ります。


到着ロビーから乗ってきた機体を1枚。


このまま乗り継ぎできますが、次便へのトランジットタイムが2時間あるため、一旦出ます。少しだけ展望デッキで撮影します。これが後に大正解でした!

次回は伊丹空港撮影編です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年7月18日:米子空港(空... | トップ | 2017年7月22日:伊丹空港(晴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。