だーばぁの流儀

こちらは児童文学作家・岡田なおこブログです。
日々感じたことを気ままにつづっています。

「一億総活躍社会」を目指さなくても、よくない?

2017-02-23 23:42:18 | 日記
前回ココに書いた・・・つづき

「障害者差別解消法」は自分でもわかっていないから、歯切れが悪かったです。
もう一つ、わかるようで「わからない!」のが、「一億総活躍社会」なんです。

皆さん・・・ご存知と思いますが、一応その概要は下記のようなことです。

2015年9月25日、首相の安倍晋三は記者会見で、2015年からの3年間を「アベノミクスの第2ステージ」と位置づけ、「一億総活躍社会」を目指すと発表した。

一億総活躍社会について、閣議決定では「女性も男性も、お年寄りも若者も、一度失敗を経験した方も、
障害や難病のある方も、家庭で、職場で、地域で、あらゆる場で、誰もが活躍できる、いわば全員参加型の社会」であるとしている。

政府広報では「若者も、高齢者も、女性も、男性も、障害のある方も、いちど失敗を経験した方も、
       一人ひとりが家庭や地域や職場で自分の力を発揮し、生きがいをもてる社会」であり、
      「あらゆる場で誰もが活躍できる、全員参加型の社会」としている。



ワタクシメはこの問題が報じられる度に、
「活躍したくない人もいるんじゃないっすかー」
「一億総〇〇って、軍国主義っぽいなー」とツッコミを入れています(o|o)

安倍さんが言わんとしていること(政策)はごもっともなことですが、「10年先の未来を見据えたロードマップ」を見ると、
  ・希望出生率1.8の実現
  ・介護離職ゼロの実現
  ・名目GDP600兆円の実現
とあり、「がんばれ、がんばれ」と、お尻を叩かれている気がしちゃうんですよね。

ワタクシメの住む地域は都心部で社会資源も豊富にある方だから、希望出生率1.8・介護離職ゼロ・名目GDP600兆円・・・
これらは「実現可能」かも知れませんが、日本津々浦々、様々な環境をにおいて、「10年先のロードマップ」は、
「完全に絵に描いた餅」にしか見えないんですけどー(?_?)

それに、矛盾だらけです、コレ。
GBTを上げようとすれば、出生率は下がるんじゃないですか。
例えば、若い共稼ぎのご夫婦だと、奥さんの収入は保育料で飛んじゃうでしょっ。
フルタイムでガッツリ働いてスキルアップを目指す方だったら、子どもを産まないし、産めないんじゃないのかな~?
同様に「介護」だって、介護料も上がったし、施設も、マンパワーも不足している現状では、
家族が看るしない、「介護離職」するしかないですよ!

ワタクシメが物心ついた頃から、「日本は超高齢化社会になり、出生率はどんどん下がる」と予測されていました。
「だからさー、こうなる前に、ちゃんと『社会保障』を充実させておくべきだったんじゃないの?!」と思うのは、
ワタクシメだけすかね ~゜・_・゜~

「社会保障」が安定していれば、
「若者も、高齢者も、女性も、男性も、障害のある方も・・・生きがいをもてる社会」となるし、
おのずと「あらゆる場で誰もが活躍できる、全員参加型の社会」になりますよ。

「安全保障」も大切でしょうが、「生命」に直結する部分を削っておいて、「一億総活躍社会」になるンかしらね"(-""-)"



日本は「貧困な国」のように感じます

ワタクシメ自身はのんべんだらりと生きていますが、多面的にみつめると、「日本は貧困」、と言いますか、
「日本人は元気がない」と言いますか・・・('ω')
国民運動の中から「一億総活躍社会@プラン」が沸き上がったのなら素晴らしいことだけど、
生活者から離れた所で「プラン」を立てられて、そのノルマを達成するために、あくせくしている気がしてなりません。

話を「差別解消法」とリンクさせますが、「差別」を生むのは「貧困」です。
「豊か」には財政的・物理的・精神的と様々ありますが、あくせくせざるを得ない所に追い込んで、
「差別をなくしましょう」と声を挙げても、
「そうだ、そうだ」と、皆がついてくるとは思えません。

だから日本は「差別禁止法」にせず、ゆるく(笑)「解消法」で手を打ったのかも知れませんね。

もちろん「そうだ、そうだ」と賛成し、共に試行錯誤してくれる人はいると信じて、ワタクシメも進んで行きますが。


タイムリーにも「差別主義者@石原タヌキ太郎」が、豊洲市場や東京五輪・パラリンピックの経費を巡り、都議会自民党内部からも「百条委員会で喚問せよ」と呼び出しを食っています。
「豊洲問題」ではハッキリとした数字が出ているので、石原タヌキ太郎がどこまでしらばっくれられるのか、見ものであります。

石原タヌキ太郎の「差別発言」は多々あり、その都度「百条委員会」を開いて、吊し上げてほしかったです。
ワタクシメが忘れられないのは、
1999年、彼が都知事時代に、重度障害者の施設を視察した際の記者会見で、「ああいう人ってのは人格あるのかね」と発言したことです。
あの時はワタクシメも都庁に抗議文を送りましたが、タヌキ太郎は性懲りもせず、「やまゆり園 障害者殺傷事件事件」について、
「この間の、障害者を十九人殺した相模原の事件。あれは僕、ある意味で分かるんですよ」と語ったのです。

彼は頭のいい人だから「失言」ではなく、本気で「差別発言」をしていたはずです。
きっと今でも、「市場関係者」の苦悩など、屁とも思っていないでしょう。

石原タヌキ太郎の他にも差別主義者は大勢いますが、代表格であるタヌキ太郎にどこまで斬り込めるか・・・
ワタクシメは特に小池真理子氏を支持していませんが(笑)、
社会の闇にひそむ魑魅魍魎に、どう挑むのか興味津々であります。

それによって、「総活躍社会」や「差別解消法」が現実味を帯びてくるかもーといったところです。

        ワタクシメを筆頭にw
        日本人よ、
        未来を信じ、元気になろうぜよ p(^^)q




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「共生社会・障害者差別解消... | トップ | 「3.11」に思うこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。