だーばぁの流儀

こちらは児童文学作家・岡田なおこブログです。
日々感じたことを気ままにつづっています。

「母の日」にはカーネーション

2017-05-16 00:01:49 | 日記
「大丈夫よ」と言うしかないじゃん.。o○


この前ココに書いた通り、MIAMIからやってきた甥っ子@芋助はチョー反抗期だし、中途半端な「帰国子女」だし、
ノーミソの大半は「スケボーのこと」に支配され、見事なまでに勉強してなさそう~゜・_・゜~
何だかんだとお駄賃をちょろまかしたり、ワタクシメからは「恐喝か?!」ってくらいの勢いで、小遣いをせびったりして(笑)
スケボーにつぎ込んでいるようです。

ーージーちゃんは芋助の将来を考えると、ぞわぞわしてくる。眠れないほど心配しているんだ!

「大丈夫よ。まだ13才だし・・・」とワタクシメが言うと、
「なおこはお父さんを励まそうとして、そう言ってるのだろうけど、
13才という大切な時期に、こんなことしてたら『大丈夫』ではないんだよ・・・泣」。

こういう会話を繰り返してるのでごじゃる。

妹のメーコに関しても同様です。
メーコは子どもの頃から気分にムラがあり、生活も不規則。
食事も十分摂らず、ビールで生きている時もあります(苦笑)
家事全般じょうずなのに、気分がオチルと、部屋がぐちゃぐちゃ(/ω\)

「規則正しく、美しく」のオヤジ様とは、水と油のごとく違うのです。
ワタクシメも若い頃は「掃除しないなら、全部捨ててやるー」と、不自由な体をはった、すさまじいケンカもしました。

でも最近は・・・
餓死しないんだから「大丈夫」よ・・・とか、
部屋は散らかってても身なりはキレイにしてるから「大丈夫」よ・・・と、ワタクシメも寛大になりましたわぁ。
メーコと付き合うためには「寛大になる」しかありません(笑)

たぶんメーコも、同じことを思っていることでしょう(大笑)

まーさ、
メーコにしても、自分で選んだ道とは言え、異国で暮らし出産し育児、そして仕事も、諸々つらかったんじゃないですか?
だから芋助を連れて戻って来たんだから、「リハビリ期間」は必要ですよ・・・と、ココでは物わかりの良い姉に成りすましておきます (*^_^*)

メーコと芋助は「日本人」であって日本人ではありません。
だからひとつ屋根の下で生活すのは、モノスゴークむずかしいです。
だけど「家族だから大丈夫」と信じて見守るしかないのです。

ーー信じる者はすくわれる。    合掌。(^人^)


やっぱり「母の日」にはカーネーションだよね 

母上が人工呼吸器をつけ寝たきり状態になって2年目です。
病院は「私物の持ち込み禁止・特にナマモノは絶対ダメ」となっているため、病室に花を飾ることも許されません。

母の日にワタクシメも見舞いに行きましたが、途中で可愛いカーネーションを見ると、買いたくなって悲しかったです。
母上はチョット反応が悪く、ベッドサイドでオヤジ様と話す事と言えば「メーコと芋助の先行き」ばかり。
詰まる所、ため息 ('ω')

ゆううつな気分になり、ワタクシメが一足早く帰宅すると、芋助の自転車がありました。
ところが家の中はもぬけの殻。
メーコがバイトの日なので、仕事の後で芋助を連れ、病院に行ってくれることがあります。
「母の日だから、行ったのかなーと(行ってくれるといいなー)と思いメールすると、ビンゴ☆彡

ーー今、病院。
  ジーちゃんも帰った後に到着。
  バイト先の店で、飾ってあったカーネーションの造花をわけてもらっていたら遅くなっちゃった。
  買い物しながら、かえりますーーとのこと。

  泣けるぜ、メーコ (ノД`)・゜・。


そして、夜。
母屋に行くと、テーブルの上に可愛いカーネーションのアレンジが載っていました ↓






芋助が花屋に行き、「お母さんにあげる花で一番安いの下さい」と言ったそうです。
でも、そこは「アレンジが売り」の店だったので、安いといっても1500円。
芋助にとっては大金です。
どんな気持ちで買って来たのかしらね(?_?)
その前に、おしゃれな花屋に入っていく芋助を想像すると、だーばぁは涙が出ちゃうよ。

メーコも芋助ももんもんしていて、本当はだーばぁだって「大丈夫」とは思っていないけれどwww
母の日にカーネーションを準備してくれて、ありがとう💛

どんな状態であれ、母上がいてくれるから、家族の絆が結ばれるのかも知れません。

いつか「あの頃は・・・何だったのかね~」と、一緒に笑える日が来ることを、せつに願っています。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絵本な一日 | トップ | 「文科省のウソつき―!」 ●~* »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。