日々、思うことをサラサラと。

日頃、イイな、とかおかしいゾ、とかキレイだなと思うことをサラサラと書き出してみたい。

セカムズ脳

2016-12-20 | 大野くん
「世界一難しい恋」が同棲のまま終わってしまって
その後、レイさんとミサさんの行方が気になってしょうがない。

大野くん、波瑠さん情報があるとすぐに脳が勝手にセカムズに繋がってしまっている。
現実と架空の人物がシンクロして境目があやふやになっている。
セカムズ脳に侵されてるのである。重症だ。

なので、
名古屋ドームの嵐コンサートに波瑠さんが観に行ったという情報だけで嬉しくてブッ跳んだ。
名古屋での仕事で収録中の波瑠さんの日程と嵐名古屋コンサートの日程が重なりますようにという願いが
叶ったばかりか「行ってくれた」んであるぞ。
キラキラ一番輝いているレイさん(いや、大野くん)を目撃したんだねミサさん。
どう思ったのかな?素敵だったでしょ
大勢のファンの声援を受けて歌って踊る大野くんを目の前に見て「世界一難しい恋」だわ。。
なんてひるんじゃダメだよ。
↑って、だから混同してるってば。現実と架空を

Twitterを見てみれば(悪意のあるものはスルーです)
好意的な応援メッセージが多い。
そのコメントが朗らかで親しみに満ちていて、
いかに「いさなみ夫婦」が愛されキャラであったかが伺える。
「結婚してしまえ・・くそっ羨ましい」とか
「二人は交際してるんじゃないか・・可愛い」とか
「がっつりファンサに惚れる」とか
概ね温かいメッセージが多くてほっとする。
こんなふうに、朗らかでセンスの良い噂話だったら愉しいね。
みんな、やはり現実と架空を混在させて愉しんでいるね。
こんな愉しい盛り上がり方だったら、当のご本人たちも「うふふ」なんて笑ってくれてるかも。

しかし、「結婚」を見届けたかったなぁ。
結婚まで行けば良かったのにね。
だって、結婚後の脚本って引っ張っていくの相当難しいと思うな。
ま、続きは必ずあるとして、
次は、大野くんと波瑠さんW主演でバカリズム脚本のコメディを見てみたい。
大野くんのコメディ仕様の声の抑揚は他に例を見ないほどとてつもなく上手い
これ、彼独特の声質だから誰も真似できない。
波瑠さんもコメディ、頑張ってみて・・どんなかな?






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧作をこの二人で蘇らせて。 | トップ | 映像からの遺言? »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。