陽だまりの中で・・・

グータラママのジャニ日記。 光一くん、にの、太一くん、いのっちが好き。でも、一番好きなのは元Jrの小原裕貴くんで~す。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1リットルの涙

2005-12-13 22:40:45 | テレビ
今日も泣けました。
「私、結婚できる?」ってことば。原作では、もっと年をとって
お医者さんの卵を好きになって発することばだけど。

主治医は、あっさり「できません」と答えてましたが・・・
テレビ的には、暗示的ですね。

原作には、ない麻生遥斗くんの役目は、大きいですね。
なんかそんなささえを自分から捨てていく亜矢にもらい涙。
遥斗も亜矢の手紙よんで涙ぽろぽろ。ホントせつない。
遥斗には、明るい未来があって自分の未来は、生きてることがつらい。
とわかってる未来ってホントつらい。未来がないのに等しい未来って
考えるだけでつらい。その現実をみつめていかなくっちゃいけないんだ。

私も病気して、ベッドで寝ている時、歩いてるスリッパのぱたぱたした音を
聞いて、歩けていいなあっと思ったことがあった。普通のことが
普通にできる大切。病気してはじめてわかったこと。
でも、よくなると忘れててた。感謝がない自分。

亮ちゃんは、大きくなった。「J家の反乱」にでてる頃は、
6男でちいちゃかった。翼くんが次男だったなあっ。
裕貴くんが長男で、いつもゲストが選ぶ好きな子は、亮ちゃん。
裕貴くんは、1回しか選ばれなかった。
亮ちゃんの演技って自然体。演技してるのか普通にやってるのか
よくわからん。

テレビ的には、何歳で亡くなる設定なんだろう。来週が最終回らしいけど。
でも、沢尻エリカさんって可愛い。将来、大物女優さんになると思う。
昔の吉永小百合みたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 堂本兄弟 HEY HEY HEY マッチ | トップ | Aの嵐 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
認められないのではなく、認めたくない、「今」 【1リットルの涙 第10話】 (The Natsu Style)
いくらなんでも病気によって出来る事が奪われていく現実なんぞ認めたくないでしょう。それを認めてしまえば、「じゃあこれは続けていこう」と誓った事ですらそのうち出来なくなりそうだという想像が膨らみ続けて、止まらなくなってしまいそうで。それこそ亜也が、「何のため.
1リットルの涙 第10話 (やっくんのendless blossom)
居場所 生きてゆく場所 そして自分の存在価値 確実に変化してゆく周囲の環境に 自分はもういられないのかもしれない 私なりの未来を探す そのために また頑張らなくては それでも崩れていく体 いうことを聞かなくなってゆく それは 心も蝕んでゆ...
第10話 「ラブレター」 (ブログ ド ガジュマル (改装済))
ラブレターって別れの手紙だったんですね! 予告を見て、番宣みた私はてっきり結婚するもんだとばかり思ってましたー。 あの場面で「私・・・・結婚できる?」って言うなんて・・・・ 普通の女の子だったのに、明るい女の子だったのにーーーーーー!! ここに来て気丈
1リットルの涙第十話「ラブレター」 (私でもいいですか?新館)
亜也(沢尻エリカ)は父・瑞生(陣内孝則)と母・潮香(薬師丸ひろ子)と共に、主治医である水野(藤木直人)の診察を受けていた。 発声の訓練をする亜也。 亜也は懸命にリハビリ
1リットルの涙、第10話 (きららのぼやき)
レミオロメンの『粉雪』とKの『Only Human』を聴きながら 1リットルの涙の感想書いてる私って・・・ ちょっとハマリすぎ(。-_-。) もうねー・・・これ泣きすぎて困る。 頭痛いんだよね、泣きすぎて… また選曲もいいし、泣く要素満載じゃん!? でも見ずにはいれないき.
つれづれなるままに・・・ (3しょうがいの作業所。(仮想))
録画しておいた、『1リットルの涙』(フジ系、毎週火曜、21:00~ )をじっくり観終わりました! (リアルタイムでももちろん観たんですけどね!)“沢尻エリカ”さん、演技、お上手ぅ~ 。 (“大西麻恵”さんもお上手だと思ったんですけど…  私たちSCDのマネって簡単...