さとう直子の活動日誌

市政のこと、日常のあれこれ、いろいろ発信します

光陰やのごとし

2017-06-18 21:22:00 | 日記
       先月誕生日を迎え還暦になりました。と書き込みをして

      あっという間に1か月以上の時間が流れました。

      まさに「光陰矢の如し」「少年老い易く学成り難し」です。

      誕生日が過ぎ、6月議会の準備と都議選対策が重なり、

      1期め議員としては、ただただふりかかる火の粉を

      払いのける日々の連続でした。

    

      都議選告示の1週間前の17日、

      久米川駅南口で「共産党街頭演説会」が行われました。

      志位和夫共産党委員長を弁士に迎え、会場には

      1500人の人々が集まり演説に聞き入っていました。

      安倍首相の暴走ぶりには多くの国民が怒り心頭です。

      お隣韓国の朴大統領と変わらぬ政権の「私物化」です。

      私たちはもっと怒りを表明すべきではないでしょうか?

      
     怒りといえば、演説会の直後、同じ場所で「公明党」が宣伝

     しかし、声だけで、姿を見せず、車の中から

     言っているのは、「共産党」の批判ばかり

     日頃、自分たちがやっている「成果よこどり」を

     共産党がやっていると、、、

     議事録を見ればすぐにわかるようなウソを宣伝する

     姿を見せずに声だけで、、、

     言いたいことがあるなら、堂々と姿をみせて言えばよいのでは?

     後ろめたいから、姿を見せずにやるしかないのか、、、

     共産党の避難・批判をする前に

     自分たちの「風見鶏」ぶりを直視すべきではないですか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 還暦を迎えました | トップ | 女性後援会の方々と »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事