fernhaven rd.

狭いベランダで育てているバラのこと、一緒に暮らす猫のこと、トールペイントのことなどなんてことない毎日を書いていきます。

バラの花の鉢カバー、今週土日で描いたのはたったこれだけ、、

2017-07-17 20:21:17 | トールペイント
暫く筆を持たなかったので、集中力が続かない。

ちょっと描いては、スマホを触ったり、アイスクリームを食べたり、ため息をついたり、「んんんシンドイ」とうなったり、昼寝したり

土曜日は結局2時間、日曜日はやっとこさ3時間描いただけ。


昨日の日曜美術館で放映されていた川端龍子は、毎日毎日朝9時から夜9時までアトリエにこもっていたそうです。

宮尾登美子さんが書かれた『序の舞』でも上村松園(がモデルだった)は、画室にこもって絵を描いていたと言う描写がしょっちゅう出てきます。


何故、ここでこのような大天才大画家が出てくるのか?

そこまで好きやったらええなぁうらやましいなぁ、と言う根性のない私のしょうもないつぶやきのためです


夫の趣味はゴルフ、私は音楽や映画と全く趣味が合いませんが、何故か『日曜美術館』だけは一緒に見ます。

川端龍子の絵は、どれもすごい迫力、芸術性も高く、感心しながら見ました。

時間があったら、TV画面を写してその絵の素晴らしさをご紹介したいと思いますが、、、(?)


土日、取り敢えず筆を持ったので、今日はご褒美に映画を観に行ってきました!(あくまでも自分に甘い)

『ダンサー、セルゲイ.ポルーニン、世界一優雅な野獣』(バレエダンサーのドキュメンタリー)

久々にパンフレットが買いたくなるくらいいい映画でした。

また明日か明後日にでも感想を書きたいと思います。



描いた部分のみアップさせてください、バックは川島詠子先生のシルクスクリーンを使用しています。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜日の楽しみ、新聞の読書... | トップ | 映画 ダンサー、セルゲイ.ポ... »
最近の画像もっと見る

トールペイント」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL