怪獣ベビーと歩む道

「すくすく育って」の思いを真ん中に、
日々のニュース、美味しいもの、旅行、映画など心にうつるヨシナシ事を

実写版「美女と野獣」

2017-05-14 00:22:42 | spot with kids
1人で映画を観るなんて
何年ぶり?

自分だけの映画時間を捻出するのは
まだまだ難しい子育て期。

満員御礼イベントにご招待いただき
「美女と野獣」を鑑賞できました。

チョウジョは、映画を二回観て
三越の「美女と野獣展」にも行った程に感動していたので、
私もとっても観たかったところ!

こんなヒトトキをいただけるのは
本当に有難いことです

山崎育三郎&昆夏美が登場したイベントだったので
吹替版でしたが
チョウジョには「絶対字幕版で観た方がいい!」とカワイソがられました。

そうなのかしら?
字幕版はそれはそれで良かったです。

チョウジョ曰く
エマ・ワトソン(ベル)の「朝の風景」が素晴らしいそうです。

確かにその後
主題歌は、ポット夫人が歌ってた。

もちろん、岩崎宏美(ポット夫人)や島田歌穂の歌は
素晴らしくて感動なんだけど
アナ雪の神田沙也加しかり
若い声が初々しく通る声が
気持ち良いのよねー。
(↑おばさん)

そういう意味でも
私は、酒場でのガストンの歌が好き♡
まるでディズニーランドにいるみたいで
ワクワクします。

ボールルームのダンスシーンや
バンケットルームのbe our guestのシーンは
初めてみたアニメ版の衝撃には敵わない印象。
3Dや4DXだとまた違うのかしら。

でも、深みのあるストーリーや
道具にされた召使い達の人間ぽい動きなど
実写版ならではの良さもたくさん!

感想は、まだまだたくさんありますが…

怖いシーンで、娘が怖がらないか不安になったり
「トイレ」と言われて中座する心配をしたりすることなく、
自分の世界で映画鑑賞できた時間は

本当にほんとうに貴重でした

(もう10年もすれば、こんな贅沢も、
贅沢と思わなくなるんだろうな〜)。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GW2017 | トップ | うさぎショートケーキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。