琉球大学+長崎大学の森直樹氏による論文捏造の追及ブログ

琉球大学大学院医学研究科及び長崎大学熱帯医学研究所における論文捏造・研究不正の追及ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

捏造疑惑論文と学位論文の関係について(琉球大学)

2011-03-26 | 捏造疑惑論文で学位取得(琉球大学)
参考:琉球大学学位取得者データベース
http://megalodon.jp/2011-0327-1046-16/www.u-ryukyu.ac.jp/research-study/degree_of_doctor/iken.html




澤田茂樹 (Sawada Shigeki) (琉球大学・大学院医・病原生物学分野、医・顎顔面口腔機能再建学分野)

論文#27 (捏造疑惑論文)
Downregulation of citrin, a mitochondrial AGC, is associated with apoptosis of hepatocytes.
Sawada S, Kinjo T, Makishi S, Tomita M, Arasaki A, Iseki K, Watanabe H, Kobayashi K, Sunakawa H, Iwamasa T, Mori N.
Biochem Biophys Res Commun. 2007 Dec 28;364(4):937-44.

学位論文(上記捏造疑惑論文とタイトルが同じ)
甲 医研第314号 博士(医学) 澤田 茂樹 (さわだ しげき)
平成20年3月24日 Downregulation of citrin, a mitochondrial AGC, is associated with apoptosis of hepatocytes
(ミトコンドリアのアスパラギン酸・グルタミン酸輸送体シトリンの発現抑制は肝細胞のアポトーシスと関連する)



武嶋恵理子 (Takejima Eriko)
(琉球大学・大学院医・病原生物学分野)

論文#17 (捏造疑惑論文:Retracted Helicobacter pylori-induced interleukin-12 p40 expression. Takeshima E, Tomimori K, Teruya H, Ishikawa C, Senba M, D'Ambrosio D, Kinjo F, Mimuro H, Sasakawa C, Hirayama T, Fujita J, Mori N. Infect Immun. 2009 Apr;77(4):1337-48.

学位論文(上記捏造疑惑論文とタイトルが同じ)
http://www.ryukyu-med1.com/pages/project_degree.html
氏名 武嶋 恵理子
医学博  甲 医研第330号  平成21年 3月23日
学位論文 Helicobacter pylori -Induced Interleukin-12 p40 Expression
(Helicobacter pylori 誘導性のInterleukin-12 p40発現)



照屋宏充 (Teruya Hiromitsu)
(琉球大学・大学院医・病原生物学分野、分子病態感染症学分野)

論文#28 (捏造疑惑論文) Mechanisms of Legionella pneumophila-induced interleukin-8 expression in human lung epithelial cells. Teruya H, Higa F, Akamine M, Ishikawa C, Okudaira T, Tomimori K, Mukaida N, Tateyama M, Heuner K, Fujita J, Mori N. BMC Microbiol. 2007 Nov 22;7:102.

学位論文(上記捏造論文とタイトルが同じ)
甲 医研第312号 博士(医学) 照屋 宏充 (てるや ひろみつ)
平成20年9月29日 Mechanisms of Legionella pneumophila-induced interleukin-8 expression in human lung epithelial cells
(ヒト肺上皮細胞におけるLegionella pneumophilaが誘導するインターロイキン-8発現機構)




中里哲郎 (Nakazato Tetsuro)
(琉球大学・大学院医・病原生物学分野、医・内分泌代謝内科学分野)

論文#23 (捏造疑惑論文:Retracted Anti-adult T-cell leukemia effects of a novel synthetic retinoid, Am80 (Tamibarotene). Nakazato T, Okudaira T, Ishikawa C, Nakama S, Sawada S, Tomita M, Uchihara JN, Taira N, Masuda M, Tanaka Y, Ohshiro K, Takasu N, Mori N. Cancer Sci. 2008 Nov;99(11):2286-94.

学位論文(上記捏造疑惑論文とタイトルが同じ)
甲 医研 第336号 博士(医学) 中里 哲郎 (なかざと てつろう)
平成21年9月30日 Anti-abult T-cell leukemia effects of a novel synthetic retinoid,Am80 (Tamibarotene)
(新規合成レチノイドAm80(タミバロテン)の抗成人T細胞白血病効果)





松田竹広 (Matsuda Takehiro)
(琉球大学・大学院医・病原生物学分野)

論文#51 (捏造疑惑論文:Retracted Resistance to Apo2 ligand (Apo2L)/tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand (TRAIL)-mediated apoptosis and constitutive expression of Apo2L/TRAIL in human T-cell leukemia virus type 1-infected T-cell lines. Matsuda T, Almasan A, Tomita M, Uchihara JN, Masuda M, Ohshiro K, Takasu N, Yagita H, Ohta T, Mori N. J Virol. 2005 Feb;79(3):1367-78.

学位論文(上記捏造疑惑論文とタイトルが同じ)
甲 医研第254号 博士(医学) 松田 竹広
平成17年3月23日 Resistance to Apo2L/TRAIL-Mediated Apoptosis and Constitutive Expression of Apo2L/TRAIL in Human T-Cell Leukemia Virus Type 1-lnfected T-Cell Lines
(ヒトT細胞性白血病ウイルス1型感染T細胞株におけるApo2L/TRAIL誘導性アポトーシスへの抵抗性とApo2L/TRAILの恒常的発現)




富盛宏 (Tomimori Koh)
(琉球大学・大学院医・病原生物学分野)

論文#30 (捏造疑惑論文:Retracted Helicobacter pylori induces CCL20 expression. Tomimori K, Uema E, Teruya H, Ishikawa C, Okudaira T, Senba M, Yamamoto K, Matsuyama T, Kinjo F, Fujita J, Mori N. Infect Immun. 2007 Nov;75(11):5223-32.

学位論文(上記捏造疑惑論文とタイトルが同じ)
甲 医研第308号 博士(医学) 富盛 宏 (とみもり こう)
平成20年3月24日 Helicobacter pylori Induces CCL20 Expression
(ヘリコバクター・ピロリはCCL20の発現を誘導する)


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  研究不正に関連する公的研究... | トップ | 琉球大学での研究不正につい... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-08-16 12:10:23
高松 玲佳(Takamatsu Reika)
(琉球大学・大学院・腫瘍病理学講座 http://tumor-patho.med.u-ryukyu.ac.jp/member/takamatsu.htm
論文#12 (流用・転用画像掲載、2009年7月19日に投稿, 2010年1月5日にAccept及びpublish)
Molecular characterization of Legionella pneumophila-induced interleukin-8 expression in T cells.Takamatsu R, Teruya H, Takeshima E, Ishikawa C, Matsumoto K, Mukaida N, Li JD, Heuner K, Higa F, Fujita J, Mori N. BMC Microbiol. 2010 Jan 5;10:1.
学位論文(上記捏造疑惑論文とタイトルが同じ)
甲医研第355号博士(医学)高松 玲佳(たかまつ れいか)
平成22年3月23日Molecular characterization of Legionella pneumophila-induced interleukin-8 expression in T cells
(T細胞におけるLegionella pneumophila誘導性インターロイキン-8発現の分子特徴)
Unknown (Unknown)
2013-06-05 12:23:25
高松 玲佳(Takamatsu Reika)
(琉球大学・大学院・腫瘍病理学講座 http://tumor-patho.med.u-ryukyu.ac.jp/member/member.htm
論文#12 (流用・転用画像掲載、2009年7月19日に投稿, 2010年1月5日にAccept及びpublish)
Molecular characterization of Legionella pneumophila-induced interleukin-8 expression in T cells.Takamatsu R, Teruya H, Takeshima E, Ishikawa C, Matsumoto K, Mukaida N, Li JD, Heuner K, Higa F, Fujita J, Mori N. BMC Microbiol. 2010 Jan 5;10:1.
学位論文(上記捏造疑惑論文とタイトルが同じ)
甲医研第355号博士(医学)高松 玲佳(たかまつ れいか)
平成22年3月23日Molecular characterization of Legionella pneumophila-induced interleukin-8 expression in T cells
(T細胞におけるLegionella pneumophila誘導性インターロイキン-8発現の分子特徴)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。