西暦2017年のラグビーフットボール

優雅で感傷的な日本ラグビー(あるいは「カヴァレリア・ルスティカーナ」について)
旧「バックスタンドで会いましょう」

ラグビーワールドカップ日本大会プールマッチ組み合わせ抽選会

2017年05月10日 22時56分59秒 | ワールドカップ
都庁のパブリックヴューイングに行ったのだが、何なんだこの閑散ぶりは? 2019年のスタジアムの光景の予知夢なのか? いちばん人がいた時で70人くらいだっただろうか? しかも、画面が小さくて迫力がないのはともかく、音声が流れないという不手際。おーい! リハーサルしておけよー! どっちらけのパブリックヴューイングになってしまった。

安倍晋三首相が引いたジャパンのプールAは予想できていたこと。だいたい開催国はAかDだものね。
そしてまずは吉田沙保里氏がバンド5のプールAにプレイオフ・ウィナーを引く。おー、だとするとトンガが有力だろうな。オセアニア2でなくてまだ良かったな。でもまだどちらがフィジーになるかサモアになるかトンガになるかわからないな。
続いて「デメ」こと坂田好弘氏がバンド4のプールAにヨーロッパ1を引く。おー、ルーマニアかスペインかロシアだろうな。これもオセアニア1でなくて良かったな。ここまでなかなかついているな。
でもそのあとの展開は予期していなかった。バンド2は(昔品川でBMWを売っていた)林文子・横浜市長が引く。何とプールAはスコットランド。バンド2の残り3チームは南アフリカ、フランス、ウエールズだから、その中ではいちばん勝ち目がありそうな感じがする(あくまでも感じがするだけだが)相手。やったー!
バンド1はビル・ボーモント(この人選手として日本に来てジャパンに負け掛けているはずだ)IRBじゃないワールドラグビー会長が引く。何とプールAはアイルランド。バンド1の残り3チームはニュージーランド、イングランド、オーストラリアなので、その中では唯一試合になりそうな感じがする(本当に感じがするだけだが)チーム。やったー!!
あとは観たい試合もだんだん決まってきたな。でもプールマッチは最小限に抑えて、今回も決勝トーナメントに専念する方針。さあ、僕はこれから、「偽スケジュール表」を作って、これから2年半の楽しみをスタートさせよう。
ジャンル:
ラグビー
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンウルブズ21:20ブルズ | トップ | 決勝はニュージーランド対オ... »
最近の画像もっと見る

ワールドカップ」カテゴリの最新記事