F.F.Art Gallery

FF釣行記&出張先での旅行記&グルメ情報を中心に発信しています。

バイエルン窓

2014年01月12日 14時14分29秒 | 雑記帳

バイエルン王ルードヴィッヒ一世が1842年に寄贈した
ステンドグラスです!

①<聖ヨハネ>
砂漠にて伝道師ヨハネが教えを説いている場面です。
上段では聖ヨハネ誕生の場面を描いています。

②<東方三博士の礼拝>
星に導かれて東方から3人の占星術の学者さんが、生まれ
たばかりのキリストを礼拝しに贈り物を手にしてやってきた
場面です。この3博士はヨーロッパ、アジア、アフリカの3大
陸を代表しているとか、青年、壮年、老年の3世代を代表し
ているとか諸説あったりします。この場面はキリスト教絵画
で非常によく見られる場面です。

③<キリスト哀悼/ピエタ>
ピエタとはイタリア語で慈悲、哀れみを意味し、十字架から
降ろされたキリストの遺体を聖母マリアが膝の上に乗せて、
我が子の死を悲しむという場面です。この場面も美術作品
のテーマによく用いられ、特にバチカンのサン・ピエトロ大
聖堂にあるミケランジェロの大理石彫刻「ピエタ」が有名で
す。

④<聖霊降臨>
復活したキリストは復活から40日後に昇天していく(父なる
神の元に帰る)のですが、昇天前に約束していた通り、昇天
の10日後に使徒たちの前に聖霊が降臨するという場面で
す。キリストの昇天後は聖霊が仲介役となるのであります。
この聖霊、聖母マリアがキリストを身ごもる時にも登場します。

 ⑤<聖ステファノの殉教>
聖ステファノはキリスト教における最初の殉教者です。キリ
ストの教えを広め、ユダヤ教を批判していた聖ステファノは、
エルサレムのユダヤ人たちに石打ちの刑を受けて殉教し
してまうという場面です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

西風の神(ゼピュロス)

2014年01月04日 23時09分36秒 | 雑記帳

ゼピュロスは西風の神である。英語ではゼファー (Zephyr)。
アネモイの中で最も温和なゼピュロスは、春の訪れを告げる
豊穣の風として知られている。頬をふくらませ、青い顔をして、
西風を吹かせ、春を運ぶ神である。
ギリシャ神話では、西風の神(ゼピュロス)がニンフのアネモネ
に恋したため、妻である花の神フローラが怒って彼女を神殿
から追放。西風の神はせめてもの償いに、アネモネを花に変
えたそうです。春風がアネモネの花を優しくなでるのは、ゼピ
ュロスが今でも彼女のことを愛しているからだといわれます。

            <おまけ画像>


この記事をはてなブックマークに追加