グッジョブ!「インドネシア単身生活」

アトランタ、メキシコに次ぐグッジョブシリーズ第3弾!!
還暦を迎え今回はインドネシアへ単身赴任。

スラバヤ東海岸探鳥記 62 (2017/05/16)

2017-05-16 05:07:28 | 日記
養殖池の奥を目指すが、できるだけ今まで通ったことがない道を通ることにした。



養殖池で働く人たちを始め、行き来する人たちの移動手段は専らオートバイ。
移動距離が長いのでオートバイは機動力がある。



雨が降ると道がぬかるんでオートバイとはいえ走りにくい。
晴れたら晴れたで、雨降りの時の轍が深く刻まれて、土地が乾燥して硬くなっているので、その溝にタイヤを取られて結構苦戦しているようである。

強い日差しが照り付ける中、「ギョギョシ」「ギョギョシ」と鳴く声。
オオヨシキリの声である。
オオヨシキリはインドネシアにいないとばかり思いこんでいたので、チュウヨシキリと思っていたところ、改めて調べてみると、インドネシアにもオオヨシキリは一般的に見られること。
また、チュウヨシキリは「ギョギョシ」「ギョギョシ」とは鳴かないことも分かった。



これはまさにオオヨシキリである。
全長19㎝。
したがってインドネシアでの記録が119種目となった。
以前のブログでオオヨシキリをチュウヨシキリと報告したことがあった気がするので、改めて訂正する。

オオヨシキリは日本では夏鳥として渡来し、葦などに巣を作って繁殖する。
赤い口をして「ギョギョシ」「ギョギョシ」となくのは有名である。

コヨシキリはいつかはっきり覚えていないが、以前記録した。



全長13㎝。
口に餌を咥えていて、この後草むらの中に消えて行ったので、多分繁殖しているものと思われる。
コヨシキリも日本には夏鳥として渡来し、草原などで繁殖する。

もちろんチュウヨシキリもいる。



全長15㎝。
大、中、小のヨシキリのオンパレードである。
これらは同じ環境で生息している。
が、チュウヨシキリは日本にはいない。

もう一つ間違いがあった。
チュウヨシキリが子ネコの鳴き声に似ているということを以前のブログで書いたことがある。
子ネコの鳴き声の主を探し当てた。



ジャワハイノドメジロであることが分かった。
インドネシアで120種目となる。



全長13㎝。
この種もヨシキリたちと同じ環境に生息している。
以前、偶々ジャワハイノドメジロが子ネコのような声で鳴いていた時に、そばにチュウヨシキリがいたので、てっきりチュウヨシキリの声だと思ったのである。

気を取り直して、先に進もう。
足元から「キューッ」と鳴きながら飛び上がって木に止まったササゴイ。



敵もびっくりしただろうが、こっちもびっくりした。
こんなことが起こるのはほとんどが養殖池の手前の岸に止まっているときで、互いに見えないのである。

枝先に止まっていたセッカ。



小さな体と細い足で、懸命に止まっているという感じ。
セッカは日本に夏鳥として渡ってくる。
西日本では越冬している。
漢字で「雪加」と書く。

地面に降りたムナオビオオギビタキ。



木の上では茂みに隠れて、おまけにじっとしていないのでなかなか写真を撮らせてもらえない。
以前、ジャカルタにいた頃は、何の気なしに撮影できていた気がするが、スラバヤではなぜかシャッターチャンスに恵まれない。
やはり撮ろう撮ろうとする気の焦りが尚一層チャンスを逃すようである。
野鳥撮影とは得てしてそんなものである。



運よく尾羽を広げた。
手前の草がやや邪魔になる。
自然相手なのでどうにもならない。

養殖池の奥を目指してさらに進む。

(つづく)

ランキングに参加しています。
よかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 -->
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スラバヤ東海岸探鳥記 61 (20... | トップ | スラバヤ東海岸探鳥記 63 (20... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
また新種? (kosoant)
2017-05-16 06:51:23
またまた新種発見でしたか?
東海岸養殖ため池は、道路などは整備されていないみたいですが広大で満喫していますね!
RE: また新種? (筆者)
2017-05-16 16:00:39
kosoantさん
コメントありがとうございます。
新たな種が記録されると、ついついまた行ってしまいます。
写真に撮るチャンスがなかった珍しい鳥は、このWonorejoにはまだまだいますよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL