東京の空の下

人にはあまり話せない私の喜怒哀楽を、つらつら書いています

■ジファンサイドからのコメントが出ました

2012-10-23 18:15:03 | シンパ~イ♪
思った通りのようです。
仕事の話は弁護士を通してくれという通達に対して、事務所が契約違反だと怒っているようですね。

まあ、表面的には反旗を翻したわけではありませんが、2か月後を見据えた行動であると想像できるから、余計に事務所は過敏になっているのでしょう。


    

 
カン・ジファン側“所属会社と契約解約ではない”立場明らかにして


[日刊スポーツ]入力2012.10.23 17:49

俳優カン・ジファンの法務法人エイペクス側が"所属会社との専属契約に違反した事実がない"と立場を明らかにした。

カン・ジファンの所属会社エスプラスエンターテイメントが23日午前"カン・ジファンが自身のすべての業務課関連して弁護士と話をするといって内容証明を送った。 契約満了時点まで二ヶ月女程度残ったがカン・ジファンと連絡がつかないでいる"としてカン・ジファンと紛争中である事実を認めた。

所属会社によればカン・ジファンは最近所属会社代表と自身のマネジャーが葛藤があった後連絡ができない状態だ。 以後所属会社側はカン・ジファンに内容証明を受けたし韓国演マネジメント協会(以下ヨンメヒョプ)に両者間調整申請をしたと分かった。

だが、これに対してエイペクス側は同じ日午後"カン・ジファンと法律自問契約を締結した理由はカン・ジファンが株式会社エスプラスエンターテイメントとの専属契約を誠実に履行して所属会社と間により円満な法律関係を形成するためであって所属会社の主張のように専属契約を解約したり期間満了前に中断するためでない"として"いつでも所属会社との協議または、対話に参加する意向がある。 所属会社の連絡を避けたこともない"と主張した。


引き続き"カン・ジファンが専属契約に違反したように言論に情報提供した所属会社の行為に対して残念の意思を表わす。 専属契約に違反した事実がなくて、ヨンメヒョプに調整申請をしたことは理解し難い行為であり、対応方案を検討中だ"と付け加えた。

キム硯池記者yjkim@joongang.co.kr




--------------------------------------------------------------------------------


カン·ジファンの法律代理人、 "専属契約違反じゃない"所属事務所反論


入力:2012.10.23 17:35


[イーデイリースターinバクミエ記者]
俳優カン·ジファンが専属契約違反ではないとして現所属事務所エスプラスエンターテイメント(以下所属事務所)の主張に反論した。

カン·ジファンの法律代理人法務法人エイペックスは23日、報道資料を出し、 "カン·ジファンは所属事務所と専属契約を誠実に履行し、より円満な法律関係を形成するために、本 ​​法務法人と法律顧問契約を締結した"と釈明した。所属事務所の主張のように専属契約を解約したり期間満了前に終了するものではないということ。

Apexは"カン·ジファンは専属契約の義務の履行などを見法務法人に委託することで、俳優として配役に充実して作品に専念を尽くすことができると判断した"とし、"カン·ジファンは、本法務法人と一緒にいつでも所属事務所との協議や対話に参加する意向があり、所属事務所から連絡を避けたことがない"と明らかにした。

続いてエイペックスでは、 "法務法人のカン·ジファンの委任行為は代理人の援助を受けることができる当然の権利"と"カン·ジファンが専属契約を違反したかのようにマスコミに情報提供した所属会社の行為について、本法務法人は、深刻な遺憾の意思を表示する"と述べた。

また、Apexは、 "カン·ジファンの専属契約に違反した事実はない"と明らかにしながら"所属会社が韓国芸能マネジメント協会(以下ヨンメヒョプ)に調停申請をしたことも理解しがたい行為だ。それに対して対応策を検討中"と付け加えた。

所属事務所は最近ヨンメヒョプにカン·ジファンと紛争を調整してくれという内容で案件を提出した。所属事務所は"カン·ジファンが自分のすべての業務課関連の法律代理人と話をしてくださいながら、内容証明を送った"とし、カン·ジファンと紛争中の事実を認めた。それとともに"カン·ジファンと連絡がつかない"とし、 "今回のことを円満に解決するために、ヨンメヒョプに調整を要請した"と伝えた。

双方の主張が相反に伴い、今回の紛争は容易に解決されにくい見込みだ。カン·ジファンは去る2008年当時の所属事務所であったジャンボエンターテイメントと紛争を経験したことがある。


デイリースターinバクミエ記者

--------------------------------------------------------------------------------

カン·ジファン側 "の所属事務所の連絡避けたことがない、ヨンメヒョプ調整申請を理解つもりはない"記事入力| 2012-10-23 17:52:38

俳優カン·ジファン側が所属事務所エスプラスエンターテイメントとの葛藤に対する立場を明らかにした。カン·ジファンの法的代理人を務めている法務法人エイペックス側は23日、公式報道資料を通じて"俳優カン·ジファンが、本法務法人との間に法律顧問契約を締結した理由は、俳優カン·ジファンが所属事務所との専属契約を誠実に履行し、所属事務所との間に、より円満な法律関係を形成するためであって、所属事務所の主張のように専属契約を解約したり期間満了前に終了するものではありません"と伝えた。

これらは"俳優カン·ジファンは専属契約の義務の履行などを法律代理人である当法務法人に委託することで、演技者としての本来の役割に充実して作品のために専念を尽くすことができるという判断だった"とし、 "カン·ジファンは、本法務法人と一緒にいつでも所属事務所との協議や対話に参加する意向があり、所属事務所からの連絡を避けたことがない"と明らかにした。

続いてエイペックス側は"俳優カン·ジファンの本法務法人の委任行為は、代理人の援助を受けることができる俳優カン·ジファンの当然の権利であるにもかかわらず、俳優カン·ジファンが専属契約を違反したかのようにマスコミに情報提供した所属会社の行為に対するて本法務法人は、深刻な遺憾の意思を表明する"とし、"カン·ジファンが専属契約を違反した事実がないにもかかわらず、所属事務所が韓国芸能マネジメント協会に調整申請をことについても、本法務法人としては理解しにくい行為であり、それに対して、本法務法人は、対応策を検討中である"と主張した。

これに先立ち、エスプラス側は"カン·ジファンこの内容証明を送った弁護士を介して話をするように一方的に通告した"と主張すると、これらの専属契約をめぐる葛藤が水面上に現れたことがある。

コ·ジェワン記者star77@sportschosun.com












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■ジファンくん・・・ | トップ | ■続いて、事務所サイドの記事... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。