虹の向こうに

4人の子どもの父親をしています。
リバ剣(ブランクを経て再開した剣道人)で、段位は三段です。

障害?障碍?障がい?

2010年09月28日 | ひとりごと
昨日の記事「『しょうがい』ってなぁに?」の中で、ボクは「障害」「障害者」と「」でくくって表現しました。

それは強調したかったからではなく、本来なら違う表現にしたいけど、誰にも伝わり、かつ相応しい表現を持ち合わせていなかったので、やむを得ず一般的な表現を用いたためです。

つまり、本当は別の言葉にしたいけど、ないものは使えないから仕方なく使った言葉を「」でくくったのです。


今、社会的にこの「障害(者)」という表記を改めようという流れがあります。

かといって、「老人」を「高齢者」と言い換えたようにはなかなかできないみたいで。


そもそも、「障害」は「日常の生活を送る上での困難を生じさせるもの」を指しているわけです。

ボクとしては、そのことに特別な違和感を感じません。

ただ、「障害」のある人を「障害者」と単純に表現してしまったため、まるで「障害となる人」のように見えることが問題なんですよね。

「有障害者」とかだったら多少よかった?


なんだか「害」の字に抵抗あるひとが多いみたいですね。

だからといって、「障碍」や「障がい」のように表記したって何も解決しないよなぁ、というのがボクの意見。

結局語感は変わらないし、「碍」だってそんなにいい字とは思えない(「碍子」の「がい」ですから)。


昨日の記事にGachaさんがくれたコメントの如く、大事なのはそういう表面的なことではないでしょう。

内面的な理解や心理的なバリアフリーが進めば、「障害」はひとつの単なる要素となり、ことさら「障害者」とカテゴライズする必要もなくなる、あるいは少なくなるんじゃないかな。

そして、そんな社会が実現したら、「障害」をあえて「」でくくったり、言葉遊びのような書き換えをしたりしなくてもよくなるのではと思ったりします。


そのためには、学ばなきゃいけないことがたくさんあるなぁ。

誰か、ともに学び合いましょう。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

※10/09/28 22:55 リンク用バナー追加(for PC)
※10/09/28 22:57 「『しょうがい』ってなぁに?」へのリンク貼り付け
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« じぶんでやる! | トップ | りさこがやるの! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。