なおパパ日記

妻と娘2人の4人家族の日記です。主に家族でのイベントや趣味である車やテニスのことを書き連ねたいと思います。

2016年 書籍191 (お金の流れで読む日本の歴史)

2016年12月20日 | 購入した本

 大村大次郎さんの”お金の流れで読む日本の歴史”を購入・読破しました。

 学生時代、社会科は丸暗記科目として対応していたため、『租庸調』という言葉が税制だったということを、この本で初めて知りました。
 最初に制度を考えた人って、本当に頭がいいし、視野が広かったのでしょうね。きっと先人たちからの知恵を吸収する柔軟さ・謙虚さを兼ね備え、自分だけがよければいい!という自我もなかったことでしょう。

 時代が進むにつれ、税を徴収する役割(国司等)の人が私腹を肥やすようになり、徴収される側の立場が反逆(一揆やテロ?)行為を繰り返し、制度が複雑化していることを感じました。
 仕組み・制度で変えられるのは、小手先のテクニック。つまり枝葉のこと。本質(=幹)は、人間性の部分なのでしょうね。
 戦後、修身を捨て去ることを義務付けられた日本が、本当の意味で復活する日は近いのかしら?!

 歴史を知ることが、こんなにも楽しいことだったなんて、、、
 もっと学生時代に、本質に目を向けて勉強(=楽しみ)しておけばよかった。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年 書籍190 (欲求がな... | トップ | 2016年 書籍192 (facebook ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

購入した本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。