なおパパ日記

前日の自分からの変化/成長を記録してみます!

2016年 書籍155 (あなたがもし残酷な100 人の村の村人だと知ったら)

2016年09月19日 | 読破した本

 FPの江上治さんの”あなたがもし残酷な100人の村の村人だと知ったら”を再読し
ました。
 日本を100人の村に縮小し、国家予算・借金などを一般人の生活に当てはめた数字
に変換してくれています。

 100人の村人のうち、働ける人が半数を切ったら、どんな村になるかしら?!
 年収360万円の人が、8000万円以上の借金を抱え、借金を毎年200万円弱も増やし続
けるという生活ができるかしら?!

 これって、現代日本が抱えている問題なんですよね。
 国家規模の数字になると、理解の許容範囲を超えて、政治家が何とかしてくれるだ
ろうと、丸投げするのは無責任極まりないですからね。
 それに、自分の在位中のことしか考えない政治家が、子孫の日本のことまでを考え
た政策を打ってくれるかどうか微妙ですしね。。。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年 受講セミナー40 (心... | トップ | 2016年 神恩感謝44 (湯殿山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読破した本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。