『H S S C』『釣れないクラブ』『BEBEDORES'DEPORTE』『もぉ~うし会』明光電設の趣味blog。

登山・トレイルランニング・ランニング・スノーシューイング
そしてちょっぴり魚捕り! 他には酒飲みの事などを・・・。

【越後三山1Day縦走】後編

2017年07月17日 | ランニング&トレイルランニング

それでは、いよいよ後半戦のスタートですが、その前にこのチャレンジに同行してくれた皆様を再度紹介しておきます。

 

 

新潟県が誇るイケメンランナー「ツッキー」

彼とは「越後駒ケ岳」でお別れとなりました・・・

 

いえ、彼は死んではいませんよ

仕事の都合で枝折峠下山で帰っちゃったのだ

また、遊んでね


百名山ハンター「イケっち」でぃ~~~す!

経験値豊富でめっちゃ強いっす!心強い!




そして、BD最速にして酒を呑むスピードも最速男の「マコッちゃん」

細かいデータを提供してくれます

今日も酒の力を見せつけてくれ!




そして1週間前に24時間で坂戸山(634M)を23回登ったというこの若さで伝説の男となりつつある「リッキー」

いや、もはやあれは伝説になったね!




僕も一応撮ってもらったので

今回のチャレンジの言い出しっぺで最年長です

50の音が迫ってきた・・・

 

 

 

前編をご覧になってない方は、ぜひこちらを読んでみてくださいね

【越後三山1Day縦走】前編

 


 

20分弱の休憩の後身体が冷えてきたので出発です!

時刻はだいたい10時30分位

 

ここまでコースタイムの約半分で来たけど、ここから先はそうは行かないだろう・・・

10時間40分となってるから6~7時間はかかるかな?

 

 


中ノ岳から水場の「祓川」まではガレた急坂でした。

浮石でガラガラしてて、とっても歩きにくい

 

そんな中イケっちは軽快に下ってるなあ~流石

 



振り返ると、やっぱ急だよね~~

写真じゃ伝わりにくいよね~~~



まだ「ショウジョウバカマ」もこんなに

「イワカガミ」もまだ咲いてました

山の春は遅いね



そして現れた雪渓

駒の小屋上部の雪渓は階段状になっており、人も多く通っている様だったので危険度は低かったけど、ここは危険

滑ったらどこまで落ちてくんだろ

 

ここで、隠し持ってた「チェ―ンスパイク」を装着!

持ってて良かった

 

この雪渓の様子や縦走路の雰囲気をYouTube動画まとめました。

そちらを下の方に張り付けてありますのでそちらもご覧くださいね



この雪渓を下った先が水場の「祓川」のはず

だが、だが川なんて出てないじゃん

この雪の下か~~~!

 

よくよく考えればそういう事ありえたよね・・・

 

水の残り約1リットル「千本檜小屋」まではだいぶあるが持つのか・・・

 

 



凄い所降りて来たな~



そして、また登り返す



AM11:15

「御月山」到着!

また、いくつものピークを登ったり、下ったりが続くんです



分かりずらいけど下りの鎖場

下の方はこんな感じね



そして、ここから非常に草が延びてるゾーンに突入しました!

膝上まであるんだもん

まだ、整備前なんだろうな

雪深い年だったからね



顔の高さ位までの所も有ったりして・・・

 

足元見えないからさ~、突然の段差、地面の障害物(石・根っこ)等見えずにズリッと滑る、つまずく・・・小股でチョコチョコ歩いて何とか凌ぎました



ここも写真じゃイマイチですが、危険なポイントでしたね



 

エネルギー注入!

 

多分塩分不足で脚が攣りかけた時に一発で効いたのがこれ

二粒ガリガリっと食べたら、速攻で効きました

 



13:29

「荒山」到着!

ここらへんだっけ?

空が暗くなり、雨が少し強くなって雷が遠くで鳴ってたの

ちょっとビビったよね



五竜岳手前の垂直岩登り!

イケっちの登坂も動画で見れますよ

 

この岩場

鎖が設置してあるんだけど、最後の最後鎖が無い!

なんで途中から無いの~~

 

アブね~ジャン!



稜線を振り返り


14:16

「五竜岳」到着!

 

さあ、次はいよいよ「入道岳」だよ

途中どうなる事かと何度か思ったけど、ここまでやってきた!

もう、すぐそこだよ

 


また、藪漕ぎ

でも結果的には、この塗れた草木が脚の筋肉をアイシングしてくれて疲労が軽減された気がしたよ




いよいよ「入道岳」が射程圏内に入ってきました!




激坂だった十二平~グシガハナ




中ノ岳からの縦走路!

しかし、よくやったよ!




14:25(中ノ岳避難小屋から4時間28分)

遂に最後のピーク「入道岳」1,778m到着!

嬉しいね~ここまでくれば、あとは何度も通った事のある所だ

 

でもね最後まで油断は禁物

 




今日は「大日岳」には寄りません

最後にこんな長い垂直登頂できません

皆も同じ意見だったので、迂回路から9合目の千本檜小屋に向かいます。



長い階段のある所ね

 

千本檜小屋誰も居ませんでした

「駒」も「中」も登山客居たのに、いつも賑わうここには誰も居ない・・・

何度も来てるけど、ここが貸切状態なのは初めてです。

 

ここのコーラ美味かったな~~~



8合目「薬師岳」にて

リッキー、タイマー3秒って

 

 

大倉口登山道までのトレイルは少々急な所もあるけど、走れます!

とにかく走れます

 

最後先に行ってって言われたので、売り切れ寸前の脚で走りきりました



もうね、一気に下りました

早く帰りたくって

フカフカのトレイル気持ち良かった~

写真も撮らずに一心不乱! 



「坂本神社」に到着したのは16時58分

 

12時間44分でグルっと一周やってやったぜ!



そして、川でアイシング

気持ち良い~~~

 

ここで時計を止めたのでSUUNTOムービーの時間は12時間48分でしたね

 

行動時間12時間44分

移動距離27.65Km

累積標高3,306M

 

越後三山縦走記録

越後三山縦走記録2

 

 

チャレンジの感想

・まずは本当にうれしい

・好きな事をできる身体と環境に感謝

・仲間の大切さを再認識

・思ったほどの筋肉痛にならず(腕と大腿四頭筋に少々)に変態的には不満

 

最後に今後チャレンジされる方へご参考までに
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【越後三山1Day縦走】前編 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL