公務員試験知能、教員採用試験数学解説

ある予備校講師が暇な時間に綴る小さなブログ

国家一般職(高卒)グラフ2016.9.4

2016-10-13 09:15:36 | 日記
図は、土産店における、ある年の1月~12月の間の購入者数と土産物の売上個数を示したものであるが、これから確実にいえるのはどれか。肢①増加率は、増加した量を、元の量で割ったものです。5月よりも2月のほうが大きい。肢②購入者数は、横軸だから、左へずれた月が減少しています。肢③購入者1人当たりの売上個数は、売上個数を購入者で割って調べます。肢④肢⑤肢③と同じように調べます。正解は、肢5です。PVアクセスランキング にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国家一般職(高卒)図形 201... | トップ | 国家一般職(高卒)数表 201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL