公務員試験知能、教員採用試験数学解説

ある予備校講師が暇な時間に綴る小さなブログ

大阪府公立義務教育諸学校事務職2016.10.22no8

2016-11-12 08:43:00 | 場合の数、確率
ある小学校において、先生2人と生徒6人が8人掛けの円形のテーブル席に座るとき、先生2人が隣り合う座り方は、何通りあるか。                    ①1400通り②1410通り③1420通り④1430通り⑤1440通り                    学校事務職の問題は、基礎問題が多く、得点し易いのですが、筆記の合格点も高く、「8割から8割5分」という人もいるくらいです。基礎の復習にはちょうど良いでしょう。                    異なるn個の円順列は、(n-1)!通りです。先生2人は隣り合うので、まとめて1人とします。例えば、こんな風に座りました。しかし、まだ2人の先生は、着席していません。2人の先生をg、hとすると、その座り方は、2×1通りあります。よって、この8人の座り方は、                  6!×2×1=6×5×4×3×2×1×2×1=1440(通り)で、正解は肢⑤です。PVアクセスラン<aブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村キング にほんブログ村" />
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警視庁1類から(グラフ)平成... | トップ | 大阪府公立義務教育諸学校事... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

場合の数、確率」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL