公務員試験知能、教員採用試験数学解説

ある予備校講師が暇な時間に綴る小さなブログ

警視庁1類から(位置)平成25.9.21

2016-10-18 09:13:03 | 日記
次の図のように床にマス目があり、そこに1から9までの数字が書かれている。A、B、C、D、Eの5人が好きな数字の上に立ち、前を向いている。1マスには1人しか入れない。A~Eの5人がそれぞれの立ち位置に関して次のように述べているとき、人が立っていないマスに書かれた数の合計として正しいのはどれか。A 「私は全体の中央にいる。」                  B 「私の左右には両方人がいる。」                  C 「私がいるところの数は3の倍数である。」                  D 「私がいるのはAをはさんでちょうどCの反対側である。」                  E 「私がいるところの数で他の人のいるところの数を割った値はすべて整数である。」①16②21③24④27⑤30          条件を見ていくと、仮に、Eが2だとしたらどうでしょうか?E以外の4人は、4、6、8、10。10はダメですね。Eが3以上だとしたら、もっとダメです。よって、Eは1にいます。次に、Cが6だったらどうでしょうか?Dの発言も考えると、Cが9だとしても、よって、Cは3にいます。ということは、Dは7にいて、Bは2にいることになります。人が立っていないマスに書かれた数の合計は、4+6+8+9=27なので、正解は肢④です。PVアクセスランキング にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警視庁1類から(集合)平成25... | トップ | 警視庁1類から(天秤)平成25... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL