公務員試験知能、教員採用試験数学解説

ある予備校講師が暇な時間に綴る小さなブログ

国家一般職(高卒)図形 2016.9.4

2016-10-11 09:06:09 | 日記
紙粘土を用い、各辺の長さが70cmである中身の詰まった底面が正方形の四角錐を作ることとした。そのもととなる紙粘土の塊が1個700㎤であるとき、この四角錐を作るために必要な紙粘土の塊は最低で何個か。ただし、√2=1.41とする。また、紙粘土は、変形させても、体積が変わらないものとする。たとえば、次のように考えるのは、間違ってはいませんが、少し損です。直角二等辺三角形の辺の長さの比は1:1:√2だということは知っているでしょうから、では、これは?これも同じですね。これが前半のポイントとなります。115個では、少し足りません。116個あれば、大丈夫。正解は肢2です。PVアクセスランキング にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国家一般職(高卒)流水算 2... | トップ | 国家一般職(高卒)グラフ201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL