公務員試験知能、教員採用試験数学解説

ある予備校講師が暇な時間に綴る小さなブログ

大阪府公立義務教育諸学校事務職no35(2016.10.22)

2016-11-20 08:29:00 | 証言
A~Eの5人の大学生の中で、自動車の運転ができる学生が1人だけいる。そのことを前提として、A~E以外の友人ア~エの4人が、それぞれ次のように発言をした。                    ア AとCは二人とも、自動車の運転ができない。                    イ AかBのどちらかは、自動車の運転ができる。                    ウ BとDは二人とも、自動車の運転ができない。                    エ 自動車の運転ができるのは、Dである。                    ア~エの4人それぞれの発言のうち、1人だけが本当のことを言っているとき、自動車の運転ができる学生として、確実にいえるのはどれか。①A②B③C④D⑤E                  問題文中の、「そのことを前提として」というのは、発言者ア~エは、A~Eのうちの一人だけが運転ができることを認めた上でという意味です。つまり、「誰も運転できない」ということはない。さて、アの発言より、運転ができるひとは、BかDかEのうちの誰かですね。イの発言より、運転ができるひとは、AかBです。ウの発言より、運転ができるひとは、AかCかEです。エの発言より、運転ができるひとは、Dです。まとめます。もしも、運転ができる人がAだったとすると、イとウの2人が本当のことを言っています。本当のことを言っているのは一人だけという条件に反します。運転ができる人がBだとしても、Dだとしても、Eだとしても、本当のことを言っているのは2人です。つまり、自動車の運転ができる人はC。正解は肢③です。PVアクセスランキング にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪府公立義務教育諸学校事... | トップ | 大阪府公立義務教育諸学校事... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

証言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL