公務員試験知能、教員採用試験数学解説

ある予備校講師が暇な時間に綴る小さなブログ

警視庁3類no47(平成28.9.18)

2017-04-17 13:33:00 | 日記




ある仕事を完了するのに、甲と乙の2人でやれば2時間30分かかり、乙と丙の2人でやれば3時間かかり、甲と丙の2人でやれば10時間かかる。この仕事を甲だけでやるときにかかる時間として、最も妥当なのはどれか。①10時間②11時間③12時間④13時間⑤14時間                     2時間30分(2.5時間)と3時間と10時間の最小公倍数は、30なので、この仕事の量を30と仮定します。まとめると、よって、甲が1人でやると、12時間かかります。正解は、肢③です。PVアクセスランキング にほんブログ村

お金がたまるポイントサイトモッピー

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教員採用試験教養数学(富山... | トップ | 教員採用試験教養数学(福井... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL