公務員試験知能、教員採用試験数学解説

ある予備校講師が暇な時間に綴る小さなブログ

警視庁3類no44(平成28.9.18)

2017-03-30 09:48:00 | 速さ




池の周りに1周3360mの道路がある。A、Bの2人が同じ地点から互いに反対向きに、同時にスタートした。Aは分速80mで歩き、Bは分速200mで走るとき、スタートしてから2人が5回目に出会う地点として、最も妥当なのはどれか。2人が出会うということは、2人合わせて1周したということです。Aは分速80mで、Bは分速200mなので、この2人が、反対向きに1分進むと、2人合わせて280m進むことになります。(2分だと、560m、3分だと、840m)                3360÷280=12だから、12分後に1回目の出会いとなります。ゆえに、5回目の出会いは、12×5=60分後。                    Aが60分歩くと、80×60=4800mですから、1周+1440m。よって、肢3が正解です。                    また、Bが60分走ると、200×60=12000mですから、3周+1920mなので、スタート地点からBが走り始めた方向に1920mの地点です。PVアクセスランキング にほんブログ村お金がたまるポイントサイトモッピー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教員採用試験教養数学(神奈... | トップ | 教員採用試験教養数学(新潟... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

速さ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL