公務員試験知能、教員採用試験数学解説

ある予備校講師が暇な時間に綴る小さなブログ

教員採用試験教養数学(福井県)2016.7.16

2017-04-21 10:51:00 | 日記




ある中学校で新入生対象の部活動見学会を行ったところ、次の(ア)(イ)(ウ)のことがわかった。               (ア)野球部を見学した生徒は、テニス部も見学した。               (イ)サッカー部を見学していない生徒は、バスケットボール部も見学していないが、テニス部は見学した。              (ウ)サッカー部を見学した生徒の中に、野球部と卓球部を両方見学した生徒はいなかった。これらのことから確実に言えることを1つ選び番号で答えなさい。条件を、式にすると、ここで、対偶と、ド・モルガンの法則について、簡単に復習します。知っている人はとばして下さいね。②の式の対偶は、バスケットボール→サッカー。④の式の右側を、ド・モルガンの法則で書き換えると、書き換えるといっても、「野球部と卓球部を両方見学した生徒はいなかった」ということは、「野球部を見学していないか、卓球部を見学していない」ということなので、わざわざドモルガンの法則を使わなくても、当たり前ですね。さて、以上より、バスケットボール部を見学した生徒はどういうことになってますか?よって、正解は、肢5です。理解できた人は、ここをクリックしてね。にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ
にほんブログ村                                                     PVアクセスランキング にほんブログ村



お金がたまるポイントサイトモッピー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警視庁3類no47(平成28.9.18) | トップ | 警視庁3類no48(平成28.9.18) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL