伊那人のサッカーぶろぐ

二十年来のアルゼンチンファンである筆者「Menotti」のサッカー観戦記。U12の少年サッカーも応援しています。

全少、初日

2016年10月16日 20時32分43秒 | 少年サッカー
今日は、全少、長野県大会の初日だったわけですが、いつもなら組み合わせが決まると、
展望と称して、勝手に予想したりしていました。

ところが、今年は次男がJrユース、長男は昨日まで高校サッカーで、昨日は南長野まで
赤穂対都市大塩尻戦を見に行ったり、自分も今年は4年担当ということもあり、U12の様子が
あまりわかっていません。情報もなく、以前のイメージだけで予想するのも難しいし、
強くなったチームにも失礼なので、今回は、展望をアップするのはやめました。

ところで、昨日の南長野運動公園ですが、Menottiが昔、大原学園の自称サポーターだった頃
とは、見違えるようなサッカー場になりましたね。パルセイロの試合をテレビで見たりして、
立派になったのは知っていたのですが、あの、ほとんどスタンドが無く、ピッチ周辺でアップ
する選手のすぐ横で見られたのが、嘘みたいでした。

試合は、自分の教えていた選手も何人かいる赤穂の完敗でしたが、うちの長男は肉離れで
離脱していたので、ベンチにも入れず、スタンドで太鼓叩いてました。

で、今日はその都市大塩尻の横を通って、塩尻中央公園の人工芝で、TOP伊那の初戦を、次男と
一緒に見てきました。

相手は松本東というチームでした。うちはここ数年、初戦で強豪と当たる率が高くて、
初戦突破できていません。5年くらい前?うちの長男が6年の頃と、その前の年に3回戦まで
行ったのですが、それ以降は初戦敗退しています。今年はTOP伊那史上初めて、A,B、2チームを
送り込んでの全少なので、何とかして初戦突破してもらいたいと思っていました。

去年、初戦で惜しくも諏訪に敗れた時に、ベンチにいた5年生数人が、今年のAチームの主力と
なっています。全少の雰囲気を経験しているメンバーが引っ張ってくれるはずだ、と思いました。

さて、試合が始まると、その経験者たちがことのほか、硬くなってしまっています。

やはり初戦はどのチームも難しいですが、序盤は一進一退、松本東は女子を二人出していて、
背の大きい子も何人かいます。ほぼ互角の戦いだと思いました。

前半、うちのコーナーキックをゴール前で相手DFのヘッドがオウンゴールとなってしまい、
意外な形で先制します。均衡を破る、この一点で双方の硬さが取れた感じがしました。

個人のスキルを冷静に見ると、うちの攻撃の選手は多少、相手より上だと思いました。
前半に同じような右からのクロスに、サイドバックのSY君が綺麗にヘッドで決め、2点目。

後半の立ち上がり、今日はCFだったK君がボランチのS君とのパス交換からうまく抜け出して
あっさり3点目を取ると、そこからは相手のモチベーションが落ちてしまったというか、
単純な攻撃に終始してしまった感じがあり、うちはさらに自由に試合を運ぶことができ、
終わってみれば5-0の快勝でした。そう言えば、5年前、うちの長男たちが初戦を突破した
のも、この塩尻中央公園でした。かなり相性が良い場所みたいです。

来週はアルティスタ戦となります。厳しい試合になると思いますが、さらに上を目指して
頑張ってください。

木曽で初戦を戦ったBチームは惜しくも豊野に0-1で負け、TopstoneAは坂城に3-0勝ち、Bは
長野少年に0-8で敗れました。

上伊那の他のチームの情報はまだありませんが、うちの試合の前、アラグランデ対梓川は
PK戦の末、梓川が勝っていたので、初戦で梓川と当たった東春近は敗退したようです。

他の情報が入り次第、アップしようと思いますが、最近はサッカー協会の結果のアップが
早いので、その必要も無いかも知れませんね・・・。

ジャンル:
サッカー
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Knights杯U10、初優勝! | TOP | 全少長野、1,2回戦の結果 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL