遊歩で健康 歩けあるけ

風の吹くまま西ひがし、ただひたすら歩くことによって頭の中が空っぽの
心境にいたれば最高です。これまさに「歩禅」。

街歩き 布施

2016-09-18 10:49:49 | 日記

今日(17日)は降水確率20、明日からは歩みの遅い台風の影響で雨天が続くとの

予報で、あわてて家を出る。 山行きの準備もしてないので近くの街歩きとする。

生駒山を超えると東大阪、日本が誇る精密機械部品の小企業が頑張っている街だ。

そう「下町のロケット」、そんな元気な会社めぐりでもあったらおもしろいな。

近鉄沿線のハイキング情報誌にも隣の河内小坂は紹介されているが、それはメイン

に「司馬遼記念館」があるからだ。 

今年初めて「東大阪地蔵めぐり」が掲載された。 地味!

駅でマップを求めたが、まだ用意してない(10月3日フリーウォーク実施)とのこと。

フリーウォーク対象の神社・地蔵の名前と一般地図を頼りに歩いてみた。

ルートマップでのウォークよりもずっと楽しいし、方向感覚を養える。

近鉄布施駅~~①深江稲荷神社  1キロ 15分

一般地図にも神社名がありルートは簡単。 駅から「ブランドリーふせ」名の商店街

を突き抜け、国道15号線を横断するとすぐである。

旧深江村の氏神で、また深江には「笠縫部」(伊勢神宮を守る氏族で菅笠を奉納)

が住み、この神社はその跡地として大阪市の史跡に指定されているとのこと。

伊勢音頭に「笠を買うなら深江が名所」とあるように菅笠の産地でもあったよう。

大阪からの伊勢まいりの「伊勢本街道」沿いに位置している。

神社前の民家(写真右)、茶の湯釜製作で人間国宝の角谷圭一さんの生家です。

 

①深江稲荷神社~~②高井田地蔵 2キロ 30分

神社の周辺を伊勢本街道をさがしてみたが見つからない。やむを得ず国道を行く。

②ポイントは一般地図には表示されてないので縦横の狭い道をうろつくこと20分。

ようやく探し当てた。

立派な道標と「東大阪歴史の道」なるルート図があるではないか。

この地蔵の前の道が「伊勢本街道」なのだ。 ルートサーチの旅、迷わず

①に向けて引き返す。 ①手前で国道に合流してしまう。

どうやら大阪からの本街道は途中何回か国道にのみこまれているようだ。

国道から街道に入る目印は「カニの販売店」、その店の軒下に立派な道標

があった。 これではわからないようん。

とんだ道草で時間を使い、昼飯時になった。ちょうど近くにいかにもそれらしい

蕎麦屋があったので寄る。 けっこうおいしいかった。

 

②高井田地蔵~~③天神社 1.3キロ 20分

ここからは伊勢本街道(旧奈良街道)をどんどん生駒山を目指して東進。

国道に合流してすぐ「天神社」の石標を左折れすると神社の鳥居が見えてくる。

天神社、読み方は「あまつかむやしろ」です。 まったくわからないようん。

それよりも狛犬が新旧二対、自分の相方を睨み合っている。 これもわからん。

近くの団子屋、木の看板の貫録から見て創業何十年いや百年かな。

 

③天神社~~長田神社 2キロ 30分

神社の前の細道(これも古道のひとつか)をまた東進、「第三寝屋川」をわたり

北折れ、東西線の古道(?)につきあたり右へ。 長田神社である。

木の鳥居が珍しいが、何の変哲もない神社。

ここから10分(0.7キロ)で地下鉄長田駅に出る。

しめて7キロ、ネット1時間45分、そうじてサプライズのないコースであった。

もし人を案内するなら、天神社で反転し途中の大阪商大内にある谷岡記念館

そして司馬遼記念館を見て河内小坂に出るコース(地図上の靑線)がよい。

きょう日スマホを使えば、たちどころに行ける時代、あえてアナログでの歩き

でも結構楽しみました。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋ハイク 鞍馬山 | トップ | 街歩き布施 落穂ひろい »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事