花と緑を追いかけて

山を愛し、花を愛し、旅と
映画とパソコンと、好奇心も
いっぱいの主婦の日記です

ワンゲルの会・小富士からグランドキャニオンへ

2016年09月16日 | 山シリーズ
フジあざみ



あざみの種類の中で一番大きい「フジあざみ」を見てきました
富士山周辺でたくさん見られる固有種です。

5㎝~10㎝の紅紫色のお花はみな下を向いていて、歩きながらの撮影は難しかったのですが
小さなコンデジでも辛うじて撮れた画像をUPします。

富士山須走口五合目から「小富士」へ(9月9日)
久しぶりにワンゲルの会の催しに参加しました。

真夏のアルプス縦走はとても着いていけず、近場の低山は暑い中登る気がしなくて・・・
この夏はもっぱらもう一つの趣味の、写真の方に出かけていました。

”ハイシーズンが過ぎて落ち着いた富士山須走口五合目より小富士三角点を踏み、更に下って
昔見た西部劇のシーンを彷彿させる絶景を見に行きます”
という誘い文に惹かれて、この日は月に一回のカメラ教室でしたが、そちらは休んで
10時15分集合の御殿場駅に向かいました。



「歩く時間は2時間少々、下る一方の散策だと思って下さい」とのリーダーの説明

地図には載っていない点々で記された道を行くようです。
参加者は12名、JRの御殿場駅から、富士山須走口五合目直行便のバスに乗りました。



およそ40分で富士山須走口五合目に到着です。
気温は15度でとても涼しい~、半袖Tシャツの上に長袖シャツを着ました。

自宅を出た時は晴れていましたが、御殿場は曇り空、そして富士山周辺は霧でした

まず東富士山荘できのこそばorきのこうどんの昼食です(1100円)



「ここのキノコの量は普通のそば屋の倍以上だよ」と、行きの電車で一緒になった
リーダーのお話に嘘はありませんでしたわ。
数えきれない種類の大きなキノコがタップリと入っていました

食後にはリーダーの顔で?、コーヒーと富士山の形の羊羹も付きました。
もしかして今回はグルメ観光旅



これから歩き出すので諦めましたが、これだけキノコが入って一袋1000円だそうです。

「登山道にもたくさんのキノコが生えているけど、食べられるキノコかどうかは半々・・・」
「ここに戻ってくるようだったら選別しますよ」と、山小屋のお兄ちゃんに言われましたが
下った先の旧馬返しでバスに乗り、御殿場に戻るので無理



富士山頂上を目指す(外人さんが多い)ルートの右側の道を入ります。

古御嶽神社の遊歩道は鬱蒼とした森林地で、富士山東裾野の側火山の小富士まで30分
往復1時間のハイキングコースが楽しめます



コメツガやダケカンバの樹林の中にはあちこちにキノコが見られ、絶好の自然観察コースですね。。
キノコ狩りの人の姿もありました。



やがて視界が開けて標高1979mの「小富士」です。
砂礫の向こうの高台には何やら「団体様ご一行」の姿が・・・



小さな祠がありました。

20人位の謎の集団が富士山頂上を背にして座り、何やら唱えながらお祈りしている姿は異様でした。
日本人かどうかも解りませんでした。



晴れていれば富士山の頂上がドカンと見える所ですが、残念ながら眺望はききません
辛うじて、眼下の樹海と河口湖大橋が見えました。

時々雲が流れてギザギザの吉田口登山道も見えましたが、富士山は隠れたままでした



こんな厳しい環境の中で「フジアザミ」が咲いていました。
三等三角点は少し下がった所にあります。



風と霧の強い中、そろそろ終わりのオンタデが揺れていました。
このコースはガスの時には特に迷いやすく、雪どけの時には崩落も激しく地図には載っていません。



この赤い実はコケモモ、紫のお花はモメンズル(山小屋さんありがとうございます)



膝にブレーキをかけながら、滑りやすい砂礫の下りをずんずん進むと樹林地帯に入りました。
カラ松が秋色に感じられます。

ここで休憩タイム・・・
キューリの塩漬けや栗の渋皮煮などが回ってきます。美味しい



白い穂のようなお花は「テンニンソウ(天人草)」と、山野草に詳しいブログ仲間の山小屋氏が教えてくれました。
辺り一面に群生で咲いていました。

紫のお花は毒のある「トリカブト」



「結構な標高差を降りてきたはずだよ」と山小屋さんが言います。

ズルズルの火山砂礫の下りを1時間半以上も歩いてきましたから、膝が重くなりつつありました。
「散策にしてはキツイコースだわ」とどなたかが呟きました。

4~5日前に北アルプスを縦走してきたばかりの山小屋さんはケロッとしていて、信じられない強靭さです。

    

林の中には秋のお花が咲いていました。フジあざみ以外にも、小さな優しい「アズマヤマアザミ」が

日本のグランドキャニオンから、「あざみライン・馬返しのバス停」に



突然深い谷に出ました。
富士山の噴火の時にできた断層が、グランドキャニオンに似ているのでしょう。
圧巻です



フジあざみの群落と断層が絵になります。
私は一眼レフカメラをザックの中から取り出そうとしましたが、
リーダーが「バスの時間がギリギリだから急いで~」と叫んでいました。残念



2時10分に富士あざみラインの自動車道路に出ました。2時40分のバスには十分間に合います。

2時間10分かけて標高1366mの馬返しバス停に着きました。標高差は619m・・・
久しぶりの山歩きで、膝上の筋肉が少々疲れました。



かつて馬返しと呼ばれていたこの場所から、須走口の5合目まで登ることができました。
但し今では通行禁止となっています。

今回歩いた小富士からグランドキャニオンへのコースはこの旧登山道ではありません。
道しるべは一切ありませんので、経験者と行く事をお勧めします。

バスに乗り、3時過ぎに御殿場駅に戻ってきました。、
有志だけで中華料理のお店で懇親会、ビールが美味しかったです。

富士山の山小屋も半分が9月11日で営業終了と聞きました。
私たちが利用した直行バスも11日以後は便数がほとんどなくなるとか・・

街はまだまだ蒸し暑い日々ですが、山はもう秋も深まり冬支度のようですね。


先日のOCNのメンテナンス以後、画像の縁取り用のタグが使えなくなりました。
マイブログ作りに不便で、ガックリです。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初秋の鎌倉の花々と写真展(... | トップ | 大雨の中の小江戸散策と彼岸花 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (恵那爺)
2016-09-18 06:14:02
日本のグランドキャニオンは凄い光景ですね。
溶岩の流れた痕でしょうか。
藤浅見をゆっくり撮影できなかったのが残念でしたね。
Unknown (RW)
2016-09-18 07:09:38
「フジあざみ」初めて見ました!壮観ですね~!富士山もそろそろ登山シーズンが終わっちゃって寂しいですが秋の風情満載ですね。十五夜も過ぎて迎えてだんだん過ごしやすくなってきました。皆様のブログもこれからお月さま・ススキ・ヒガンバナ等の記事が増えてきそうです。秋の夜長を楽しみましょう。
Unknown (mako)
2016-09-18 10:02:54
今はただただ
元気に歩ける人が羨ましいです。

健康って本当に大事ですよね

これからも綺麗なお写真を楽しみにしています。
Unknown (tona)
2016-09-18 15:05:05
ふじアザミが何てきれいなのでしょう。
小冨士やグランドキャニオン、富士山2000m位になるとこんな素晴らしい所があるのですね。
もっぱら裾野ばかりを歩いていて、こんな所があるなんて思いもかけませんでした。過去には五合目あたりをうろうろ歩いただけですから。
今の時期のきのこのお料理美味しそうですね。種類が多いからいろいろな食感を楽しめたのでは。
コケモモはもう真っ赤な実になっているのですね。
お花もまだいろいろ咲いていて、楽しませていただきました。
☆恵那爺さんへ (nao♪)
2016-09-18 22:21:36
この日本のグランドキャニオンを一眼レフカメラで撮りたくて、重いカメラを持って行きましたが・・・
時間がなくて残念でした。

ワンゲルはひたすら歩くのが目的ですから、撮影も瞬間芸で撮らなければ置いて行かれます。
このコースは案内板もなく、ガスって前の人を見失ったら道が分からなくなります。
撮影をノンビリ楽しむ余裕はありませんでした。


☆RWさんへ (nao♪)
2016-09-19 00:21:43
富士山周辺に咲くフジあざみの存在は知っていましたが、私もこんなにたくさん見たのは初めてでした。

今週は巾着田の彼岸花を見に行く予定ですが、問題はお天気です。
台風16号はどのような進路をとるのでしょうか?
☆makoさんへ (nao♪)
2016-09-19 00:33:58
今回のリーダーさんは80歳で、私など「若い人」と言われます。
そのリーダーさんも何度も手術をしているそうで、大好きだったお酒はやめたとか・・・
そんな方々を見ると希望が持てますね。

私も「もう歳だ」とは思わないことにしました。
とにかく生きている内は自分で歩けるようにと、筋肉を付けるようにしています。


☆tonaさんへ (nao♪)
2016-09-19 00:45:12
富士山の裾野を一周なさったtonaさん、ガイドさんから富士山の自然と文化をたくさん説明されたと聞きました。
私より富士山のことは良くご存じかと思いますが、フジあざみには出会えましたか?
私は初めてでした。
大きくて存在感があり驚きました。
バスの中からも見えていましたから、そこここに咲いています。
私はまだ富士山には登っていません。
お花もないと聞いていましたが、瓦礫の中でも咲いているお花があり、愛しくなりました。
日本のグランドキャニオンではもっとゆっくり撮影したかったです。
Unknown (山小屋)
2016-09-19 07:31:15
フジアザミがきれいでしたね。
ムラサキの花はモメンヅルという花です。
夏の花で最盛期は過ぎていましたが、幾つか残っていました。
アザミはアズマヤマアザミでした。
茎の先端に花がたくさん咲いていて葉っぱのトゲが鋭いのが
特徴です。
このコースは春に歩くとまた違った花が楽しめます。
雨に降られなくてよかったです。
グランドキャノオン (ころん)
2016-09-19 10:34:48
壮大なグランドキャニオン素晴らしい場所歩かれました。

フジあざみの群落・・土壌が柔らかそうですが・
良くも育ってる背景と共に圧巻です・
フジアザミ (おみや)
2016-09-19 12:11:20
こんにちわ
一昨年、フジアザミの咲くころ行きました
上で芋煮会をする予定だったのですが寒くて下へおりました。息子の処の子供は「こんにちわ」
声をかけたのを不思議がって「知らない人でもこんにちわ」っていっていんだよ」というとぜんぶのとじあいさつしてました。
蜜峠に行く道で芋煮会をしました。
仙台・山形の人はサトイモが出来るころになると山の中で芋煮会をします。
山の仲間と12月の山行はいつも芋煮会でした。グラントキヤノオンはじめてみました。
あかんですね。
テンニンソウ、久しぶりに見ました。三峠には沢山ありました(昔だけど)
☆山小屋さん (nao♪)
2016-09-19 14:29:22
お花の名前を教えていただきありがとうございます。
その場でメモしないとすぐに忘れる私です

残念ながら雄大な富士山の眺望は得られませんでしたが、たくさんのフジアザミが咲いていて感激しました。
初めて見るお花だと思います。
日本のグランドキャニオンも圧巻でしたね。
雨が降らなくて本当にラッキーでした。

☆ころんさんへ (nao♪)
2016-09-19 14:34:55
富士山の火山灰の土壌ですから、ツブツブのザラザラ状態です。
荒い軽石の砂の上を歩く感じでズルズルと滑りそうになり、膝のブレーキが必要でした。
そんな中で咲く「フジあざみ」に驚かされました。
日本のグランドキャニオンも絵になりました。
ゆっくり、一眼レフカメラで撮影したかったです。
小富士! (ラッシーママ)
2016-09-19 21:23:24
私達がツアーや車で行った時の5合目駐車場と、須走口5合目とは違うのですか。
フジあざみ、綺麗ですね。
小富士遊歩道などというのがあるの、初めて知りました。

もうカラマツが秋の気配ですね。
やっとワンゲルの会でハイキング出来て、少しはストレスが取れたでしょうか。
日本にグランドキャニオンがあったのですね。
写真を見てるだけでも圧巻です。

私、アメリカまでグランドキャニオンを見に行きましたが
最初、バスから見えた時には全員が凄いとため息が出てましたが
2,3時間走っても同じグランドキャニオンには飽きました。
☆おみやさんへ (nao♪)
2016-09-19 22:39:20
三つ峠も富士山が目の前ですから、フジあざみが咲いているのですね。
私はGWの三つ峠しか知りませんので、見た事がありませんでした。
以前、古くからの山仲間と、山中湖の南側の籠坂峠から大洞山、三国山、明神山と続くハイキングコースを計画した時
9月のフジあざみが咲く頃が素晴らしいと知りました。
結局アクセスが不便でまだ実行していませんが、今回のワンゲルに参加して見る事ができ満足です。

山形名物の芋煮会は有名ですが、私はまだ経験がありません。
山仲間と食べる芋煮、寒さが感じられる季節にはうってつけですね。
☆ラッシーママさんへ (nao♪)
2016-09-19 22:57:24
富士山に登るには四つの登山ルートがあり、車で行ける五合目もすべて違います。
ママさんはどのコースを行ったのかしら?
北の山梨県側にあるのが富士スバルライン五合目、東の御殿場から行くのが今回私たちが行った須走口五合目
南東に御殿場口新五合目があり、一番南側に富士宮口五合目があります(このルートは海が見えます)。
私は主人と、スバルラインと富士宮口は行ったことがありますが、須走口は初めてでした。
山小屋の数や賑やかさは富士スバルライン五合目が一番ですから、ツァーだとこちらが殆どかも知れません。

私は本物のグランドキャニオンは知らないのですよ。
きっと風景が大きすぎて、写真に収めるのも大変でしょうね。
この日本のグランドキャニオン位がカメラに収めるには好いのかも知れません。
フジあざみの群生とコラボで素晴らしい風景でした。

フジアザミ (だんだん)
2016-09-20 17:54:13
お久し振りですね、東京の天気が悪くて驚いています。

お元気に山歩きされましたね。
須走口は知らなくて、河口湖から五合目に行くばかりです。
小富士のグランドキャニオンは凄いですね! 見たくなりました。
フジアザミも健気で、今しか見られないのが残念~

スバルラインから行く奥庭には、知り合いの実家が茶店をしています。
生協委員を一緒にしていて、バスツアーの計画開始(^^)
30人参加で、実家で食事をして二合目まで下ることにしました。
山歩き経験者は私だけ、まさか大変なことになるとは思わず・・・
軽装で普段靴の人が多く…転んだり座り込んだりでやっtこさ戻りました。
昨日は八海山へ花を見に行く予定でしたが、雨で中止。
ますますご無沙汰になってしまいました。
こんばんは (PAPAさん)
2016-09-20 23:25:03
私も フジアザミすきですよ。
最初は気が付かなかったけど 大きなアザミがとっても気になっていて調べたらフジアザミでした。
休暇村富士にも少しですがさいていましたよ。
大きくてかわいくて もう一度みたいです。
そういえば今頃ですね。
富士山で マツタケも頂いたことあって美味しかったなあ~

私は富士宮口から富士山登りましたよ。
素晴らし景色のお蔭で登れたのだと思います。

グランドキャニオン 行ってみたいわ~
素晴らしい景色で 写真もっと撮りたかったでしょうね。
私達だけではいけませんね。
でも教えて頂けただけでもうれしいわ~
ありがとう nao♪さん・・・
☆だんだんさんへ (nao♪)
2016-09-22 05:56:34
今日も雨!、太陽の光が恋しいくらいに雨が続きます。
20日の台風がらみの日に、バスツァーで巾着田に行ってきましたが、
豪雨の中の彼岸花見物になりました。

コメントのお返事が遅くなり申し訳ございません。
連日のお墓参りもあり、バタバタしていました。

五合目で一番賑やかなのはスバルライン口かと思います。
お知り合いのご実家がそこでお茶屋さんをしているのですね。
未経験な方30人を案内してのハイキング大変でしたね。
我々も楽ちんな下りと言われましたが、富士山は侮れません。

八海山は残念でしたね。
この時期に咲く八海山のお花、何でしょう?
☆PAPAさんへ (nao♪)
2016-09-22 06:12:48
グランドキャニオンだけなら馬返しのバス停から15分くらいで入り口に行けます。
このバス停近くまで車で行ければ便利なのですが、駐車場がないのが不便ですね。
まだあまり知られていない秘境なのでしょう・・・

私はフジあざみを意識して見たのは初めてでした。
PAPAさんは休暇村富士で見たのですね。
休暇村富士の記事、最近拝見したような気がしますが?

私はまだ富士山は未踏ですが、主人が友人と富士宮口から頂上まで登って感激して帰ってきました。
それで快晴の日に急きょドライブで富士宮口まで連れて行ってくれました。
私も軽く歩きましたが、太平洋が見えて素晴らしい風景でした。
Unknown (ビオラ)
2016-09-22 15:10:24
日本のグランドキャニオンですか
白神の青池に行く途中にも同じ名前のついた崖?がありました
ちょっと似ているとつけたくなる日本の〇〇でしょうかでもこちらの方がグランドキャニオンらしいような気もします(笑)

>ズルズルの火山砂礫の下りを1時間半以上も歩いてきましたから

高校の時富士登山しましたその時の事を思い出しました
止まりたくても止まれずに一気にすべり降りた「スナバシリ」
あれは17歳の若さでも堪えました~
何か所かある富士山への登山道ですが;須走口からが一番大変と聞いたことがあります
カラ松の林が黄色く色づくのももうすぐですね
その景色も素晴らしいです
☆ビオラさんへ (nao♪)
2016-09-23 09:54:52
富士山登山をまだまだ元気な高校時代に経験して良かったですね。
私はお花の綺麗な山が好きだったので富士山は登りそこないました。
ズルズル下りを考えると膝が心配で、もう無理でしょうね~。
この日、須走口の五合目から上を目指す登山者は外人さんが多かったです。
一番キツイルートなのですね。

「日本のグランドキャニオン」をネットで調べると、日本のあちこちにあることが分かりますね。
両親がお世話になっていたホームのそばには、「横浜のグランドキャニオン」がありました。

今日も雨!、風邪を引いてノドが痛くて口内炎も出ました。
友人との「銀座でグレースケリー展&ランチ」を断りました。
早くお天気回復して欲しいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。