花と緑を追いかけて

山を愛し、花を愛し、旅と
映画とパソコンと、好奇心も
いっぱいの主婦の日記です

TVを観て、映画を観て、涙ほろほろと・・・

2017年06月28日 | 日常の日記
6月下旬、こちら横浜も梅雨の真っ盛りのような空模様が続いています。
私、加齢現象でしょうか? 最近は涙する機会が多くなりました



乳がんの闘病中だった「小林麻央さん」がとうとう力尽き天国に旅立ちましたね

この数日間、TVを点けるとそのニュースが流れ、愛する夫と二人の幼子を残して逝った
麻央さんの気持ちを思うと切なくなります



夫たちがまだ現役のサリーマンだった頃、親しくしているご近所仲間のプリンさんに誘われて
仲間皆で映画や歌舞伎鑑賞によく行きました。

プリンさんは特に海老蔵さんの大フアンで、成田屋さんの友の会の会員でしたから
私たちもチケットをいつもお願いしました。

私も海老蔵さんの助六の美しさには完全にノックアウトでしたわ

ただあの頃の海老さまは、若くして婚外子を作ったり(認知はした?)、
喧嘩して役者にとっては大事な顔に怪我したりの困ったちゃんでしたね。



それが今では夫の鏡!、幼い子供を持つ父親の鏡!
妻を失った彼の悲しむ姿をTVで見て、私もほろほろと涙が流れました。



今回の小林麻央さんの悲劇が、単に芸能人の話題の一つと片づけられない思いの原因は
私の身近に同じような経験をしている人が居るからで・・・
その時の衝撃をマイブログの2007年の5月に「悲しい知らせ」という題名でUPしていますこちらです。



”よく我が家に遊びに来ていた息子の中学時代からの親友P君の奥さんが亡くなったのです。
まだ35歳・・・
上の5歳の女の子と、この3月で2歳になったばかりの男の子を残して・・・
どんなにか心残りだったでしょう”

”下の子の母乳をやめた時に、胸のシコリに気がついて昨年の10月に手術をしたと聞きましたが・・・
その若さで、そんな事ってありですか???”

と、10年前に私はこのブログで綴っています。



P君はその後、我が家の隣街の彼の実家に二世帯住宅を建て新しいお嫁さんを迎え
その人との間に3番目の子供を授かりました。

でも・・・
平成時代の30代の女性にとって、舅(P君の父親)と大叔母(お父さんの妹)と、
そして先妻の子供二人との一つ屋根の下での生活は無理だったようで、
再婚相手は、自分の子供を連れて出て行き、結局P君夫婦は離婚したそうです

息子の話では「Pは彼女は作っても、もう正式な結婚は諦めたようだ」とのことでした。

歌舞伎界の名門「成田屋」の名跡を継がなくてはならない、
一般人とは違う海老蔵さんの今後が気になります。

(挿入した画像は今我が家の庭に咲いているお花です。梅雨時のお花は儚げで愛しいですね)


              

TVの生の歌番組を聴いて涙ぐむ
昼間は友人とランチを楽しんでも、基本夕食はほとんど一人です。
昨夜はお一人様すき焼きと、畑のレタスときゅうりのサラダ、台所仕事10分で作れました

たいていはNHKの午後7時のニュースを観ながらテーブルに向かっています。
最近NHKTVの生の歌番組で二つの歌を聴いて、涙がジワリと出てきました。

はなわさんの「義父さん」
頭のてっぺんの毛を金色に染めて三角に立ち上げ、昔佐賀の事を歌っていた芸人さん?
と言うくらいしか知らないはなわさんですが、NHKの生の歌コンでたまたま聴いたこの歌



生まれすぐに父親が出て行って行方不明、苦労して育ったはなわさんの奥さんの誕生日に贈った歌だとか。
嫁は3人の子供のお母さんで天然ボケ・・・

はなわさんにとっては初恋で結ばれた奥様へのラブレターのような「義父さん」という歌、ジワリます
こちらのYチューブでお聴き下さい。

沢山の苦労をしたけれど、今では母として妻として幸せに暮らしている嫁の姿を義父さんに見て欲しい・・・
その歌詞に聞き惚れました

星野源さんの「老夫婦」
こちらもGWの夜にNHKTVでやっていた「お源さんと一緒」という音楽の生番組でたまたま聴いた歌



サザエさん風に女装したお源さんの姿には笑っちゃいますが、ギターの弾き語りに魅せられました

おじいさんは一人暮らし おばあさんは雲の上

おじいさんは歩いていく おばあさんの好きな場所
何もないし 何もしない
ただ来てみただけさ ぼけたふりしただけさ~

2分ちょっとで終わる短い歌詞ですが、最後に長々とラ~ラ~ラ~が続きます。

おじいちゃんのおばあちゃんを想うラブソングに涙が出ました。痺れます

孫娘が大好きな「恋ダンス」でブレークした星野源さんが、10年以上も前に作った歌だそうで
とにかくそのシットリ感にビックリ


この歌は星野源さんのデビュー初期のアルバムの中に入っていて、CDはありませんので
YチューブにもUPされていません。

素人さんがカバーしたYチューブの中で、一番声の雰囲気が星野さんに似ているこちらで是非聴いてください。


            

映画「ライオン」を観て涙ポロポロ
6月上旬にプリンさんに誘われ、ご近所仲間と3人で映画「ライオン」を観てきました。



「インド中部の町のスラム街に住む5歳の少年サルーンは、仕事に行く兄に着いて行き
回送列車に乗り込んで迷子になります。

やがて施設に収容され、オーストラリア人夫婦の養子となり、オーストラリアタスマニアで平和に暮らし
大学も出て就職もし恋人もできてますが・・・

PCとグーグルアースを駆使して、幼いころの迷子になった故郷インドの駅を見つけて
25年ぶりに本当の家族に会いに行く物語です。

詳しいストーリーや内容はこちらをご覧ください。
ロードショウではもう終わった映画ですが、我が街の小さなミニシアターでは先週までやっていました。

この映画の子役が可愛いのよ~、迷子になった時カルカッタの人買いに狙われたりするけど、
賢く逃れて・・・



自愛深い養母役が私の大好きなオーストラリアのスター・ニコールキッドマン
「私は産めないのではない、地球人口が爆発する中自分の子供を作るよりは親のない子を救いたい」
と言う彼女の言葉がグサッと響きました。

血縁を重んじる日本では考えられない、白人の博愛精神に感じ入りました。


舞台がインドからオーストラリアに移った画面から、夫と4~5年通ったオーストラリアのパースでの風景が蘇り
私は涙が止まらなくなりました

そして最後に実際に母子の対面時に取材した実話のドキュメンタリーも流れて
エンドロールの「今でもインドでは一年に8万人の子供が行方不明になっている」
の文字にも驚き、更に涙があふれました。



映画を観終わってから3人でランチをして、映画談議に花が咲きました。

「感動したわ。私は今一人の生活だから”家族の切ないお話”は心が痛い」
涙で私の目の周りが腫れていましたわ。

最近は独りも気楽と思えるようになりましたが、やはり寂しさはぬぐいきれない
時々、何だか思い切り誰かとハグしたくなります。

孫がもっと小さければ、ムギューッと抱きしめるのだけど・・・
お兄ちゃん孫はもう中学生、私よりも背が高くなりました。

あと数年してもっと大きくなって、私がヨタヨタとした小さな可愛いおばあちゃんになったら、
ハー君、ばぁ~ばをギュッとハグしてね




ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湯河原「星が山公園・サツキ... | トップ | 梅雨時のちょっとマイナーな... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
想い出はいつまでも (だんだん)
2017-06-30 14:40:19
あっち行ったこっち行ったのが続いてましたが。
今回は、しみじみとした内容ですね。
人はそれぞれの立場で、それぞれに想いを抱いて生きています。
生活はどんどん流れていきますが、ふとした瞬間に涙が溢れる。
パートナーを失ったことで、独りを実感されるのでしょうね。
長年元気に泳いでいた金魚鉢に、夫が承認無しに新しく買った金魚を入れました。
七匹いたのが全部死んでしまって、新しい四匹もアップアップ!
水替えや掃除は私の仕事で、彼は世話もせず何も知りません。
大喧嘩しました、悲しくてやりきれません。
変なこと書きましたが、人間だけでなく生き物にも愛情が必要と思っています。

ライオンは、良い映画のようですね。
Unknown (山小屋)
2017-07-01 07:27:28
テレビに映画に・・・
忙しい毎日のようですね。
ウォーキングも忘れないようにしてください。

昨日の鎌倉・・・・
お会いできなくて残念でした。
Unknown (tona)
2017-07-01 08:49:15
海老蔵さんと小さな子供さんたち、とてもお気の毒。海老蔵さんの涙に、よくここまでやってきたなあ、そしてこれからも大変だと思いました。しかし仕事があるということがいかに人を辛い気持ちの時も引き立たせてくれるかですね。
外歩きに畑に、町内会のお仕事に、趣味にそして映画やテレビに感動する毎日、素晴らしい日々を送っていらっしゃいます。
徐々に元気を取り戻しておられるのでしょうか。
おはようございます☆ (616)
2017-07-01 08:55:34
naoママさんの懐の広さに感服です

うちの両親だったら、
はなわさんも星野源さんも
「若いもんの歌は理解できん」と耳を傾けることもしないだろうなぁ

コメントではご無沙汰ですが、
いつも楽しみに拝見しております
いつかまたパースにも行ってみて下さいね。
街中は随分と変わった所もありますが、
あの雰囲気はずっとあのままですので
Unknown (ラッシーママ)
2017-07-01 21:02:52
最近のnao♪さんのブログはあちこち遊びに出てて、ブログの更新が少なくなりましたが
以前のnao♪さんの記事はご主人の事に必ず触れていて、読むのも辛いほどでしたが
今はそれもだいぶ薄れてきてたので、元気が出てきたと喜んでましたよ。

それが今回はシットリとした文章で、何を見ても聴いても涙ポロポロでしたね。
人間は泣きたい時もあるでしょう。
nao♪さんの周りには、nao♪さんを助けたいと思ってる人が大勢います。
どうぞ、甘えて下さい、皆さんすぐに飛んできますよ。
Unknown (kiki)
2017-07-04 11:35:31
お元気でお暮しの様子 何よりですね。
コメントご無沙汰してしまいました。
お友達と映画に、お家ではテレビといろんな面で感動を受けて生活されて、日々忙しくされていますね。
ひとりになってみて、そうせざるを得ないのかもしれませんね。
私がそうだからかも・・・
小林麻央さんのブログもお気に入りに入れて観てました。
6歳と4歳 こんな小さなお子さんを残して天国へ、言葉が出ません。出るのは涙だけです。
はなわさんのご家族のことは子供たちの柔道の試合などの時観てました。
良い家族ですね。でもいろんな苦労悲しみがあったんですね。
私も忙しくあちこち出ています。
お互い 心の中は通じ合うものがあると思います。
健康にだけは気を付けて過したいと思うこの頃です。
☆だんだんさんへ (nao♪)
2017-07-04 13:08:54
コメント遅くなり申し訳ございません。
急に蒸し暑くなりましたね。
毎朝、メールとブログのコメントは確認していますが、出かける日が多く、夜は疲れてPCを開く元気がなくなりました。

日ごろ行動を共にしている仲間も「身体がダルイ」と呟いていますが・・・
ストッレッチの講師に言わせると、この時期は自律神経が乱れがちになり「低気圧鬱」という言葉もあるそうです。
私もとりあえず元気にしていますが、この所涙が出る機会が多いです

だんだん家の金魚全滅ですか~?、原因を作ったご主人と大喧嘩!
生き物の命を維持するのは本当に大変です。愛情がないと無理ですよね。
我が家も夫が大事にしていた鉢植えが息子の手で半分以上整理され、夫が愛でていたメダカの水盤も片づけられました。

「ライオン」とても良い映画で、お勧めです。

☆山小屋さんへ (nao♪)
2017-07-04 13:19:21
時々雨が落ちていた30日はご近所仲間と「エステ」の予約を先に入れていて、ワンゲルはパスしました。
前日ご近所仲間と4人で鎌倉アジサイ観賞に行き、朝の9時半から夕方の6時まで北鎌倉を満喫しました。

今年のアジサイはちょっと花数が少なく、残念でした。
季節か変わり目は気持ちが上がったり下がったり・・・
涙もろくなる日々が増えました。

☆tonaさんへ (nao♪)
2017-07-04 23:32:43
コメントのお返事、遅くなり申し訳ございません。
梅雨真っ盛り・・・
蒸し暑さもあって、自律神経が乱れがちですが、とりあえずは寝込むことなく元気にしています。
海老蔵さんと息子勸玄君の歌舞伎座での活躍記事、連日出ていますね。
悲しむ間もなく、やらねばならない「仕事」があって、良いのかもしれませんね。

台風の影響か?
凄まじい勢いで雨が降っています。明日は晴れるのでしょうか?



☆616さんへ (nao♪)
2017-07-04 23:58:27
お久しぶりです。いつもご覧いただきありがとうございます。
パースでの日々は忘れられない思い出です。
主人と協力し合い、一番濃厚に過ごすことができたパース生活でした。
気が付いたら、パスポートが切れていて・・・
今後行くことがあるのか?と迷いますね。

孫の好きなTVも観て、話についていけるようにアンテナ張っていますよ。
山Pのドラマも観たりしていますが、殆どコックリしていますね。
逃げ恥じははまって、孫娘の大好きなヒラマサさん役の星野源さんを知りました。
軽快なダンスナンバー以外にも、昔はシンミリと家族や生活を謳った歌が多くビックリしました。
はなわさんもそうですが、今の私は「家族物」が心の琴線に響き涙が出ます。
最近はTVを観るよりもYチューブで音楽を聴くことが多くなりました。
今日はサザンやチャゲアスを聴きながら掃除をしました。



☆ラッシーママさんへ (nao♪)
2017-07-05 00:08:52
先日はお世話になりありがとうございました。
楽しい一日でした。

相変わらずご近所仲間と趣味の会や遊びに出かけていますが・・・
季節の変わり目はちょっと心が乱れます。
ストレッチの講師によると「低気圧鬱」というのがあるとか。
そんな中、家族の物語を観たり聴いたりすると涙が出てしまいます。
ママさんはじめ、友人たちに救われていますが・・・

台風襲来で凄まじい雨音が聞こえます。
こんなときは一人が不安になりますね。


Unknown (ビオラ)
2017-07-08 13:50:56
多くの人々が心を寄せた小林麻央さんの死でしたね
病状を公にしブログに闘病の姿を載せる彼女の勇気と強さを思いました
短くても素晴らしい人生だったとその生き方に感銘を受けた死でした
相変わらず多忙な毎日をお過ごしのようですね
テレビや映画を見て涙されるとか
私は感性が鈍いのでしょうか、あまり涙はでません(^_^;)
涙なくして読めないとの評判の「君の膵臓が食べたい」を読みましたが涙はなしでした
唯一涙涙だったのは「星守る犬」を読んだ時だけです
Unknown (あざみ)
2017-07-08 14:28:05
人の不幸は涙の枯れるまで泣き悲しんだ経験のある人にとっては、我が事のように、涙があふれて来ます。
心の奥底で無意識に我が身と重ねているのでしょうね。

親しかった友が認知症になって、毎日同じ事を話されます。賢くて人格者で優しい人でした。
私はいつか我が身にも、と思えば優しくなれます。
そして涙がこぼれました。(母を重ねていました)

理由は違えど悲しみをこらえている人が多いですね。
どうやって、それらを乗り越えられるかは、その人の課題ですね。
☆kikiさんへ (nao♪)
2017-07-09 09:05:21
こちらこそご無沙汰の上、コメントのお返事も遅くなり申し訳ございません。

九州は梅雨末期の凄まじい大雨の被害が出ていますが、こちらは雨不足で真夏のような暑さが続いていますね。
日に日に木々が茂り、雑草が伸び・・・
午前中出かけない日は毎朝、20~30分、庭仕事で汗を流しています。
そして連日のようにサンバイザーを額にかけ、日傘をさしてご近所仲間と出かけていて・・・
一つの趣味の会参加から、たくさんの興味が広がりますね。
明日から又コーラス・ストレッチ・ワンゲル・カメラサークルと続き忙しい週となりそうです。
結局寂しさから逃れるために蒔いたタネ、今はそれらに追われている日々ですが、ふと一人の夜に孤独を感じ・・・
涙もろくなっている自分を愛おしくなりますね。


☆ビオラさんへ (nao♪)
2017-07-09 09:26:02
6月後半は梅雨らしい天気が続き、私も少々低気圧鬱になり、涙もろくなったりしましたが・・・
こちら横浜はこの所梅雨明けを思わせるようなカンカン照りが続いています。
ビオラさんが住む、お隣の県も同じかしら?

涙が出ないビオラさんは感性が鈍いのではなく、今が幸せで満たされているからだと思います。
私は伴侶を失ってから、「家族の物語」に涙することが多くなりました。
海老蔵さんの哀しみが他人ごととは思えなくなるからなのかな~?
あのヤンチャな海老蔵さんをここまで変えた麻央さん、素晴らしい女性だったと思います。
☆あざみさんへ (nao♪)
2017-07-09 09:48:05
>人の不幸は涙の枯れるまで泣き悲しんだ経験のある人にとっては、我が事のように、涙があふれて来ます。
そう!、まさにその通りで・・・
同じ思いをしたあざみさんの言葉にうなずくばかりです。

私の父も80歳前から認知症の症状が出ました。
私も「いずれ?」と思うと、他人ごとでは済まされません。
最近あれもこれもとやらねばならないことが増えだし「面倒くさい」という気持ちが出てきて、ブログのUPも遅れがちで
「ちょっと危ない私」を感じています。
以前は月に2週間の仕事をしながら、両親がお世話になっている施設や入院している病院を日々訪ね
そして主婦業しながらブログもUPできていた。
それなのに・・・?
まぁ~
週に三日は一緒に行動する70歳前後のご近所仲間も、集合時を間違えたり、忘れ物したりと皆ちょっと変!
「加齢現象!」「加齢現象!」で済ませていますが、冷静に考えると恐ろしいことですね。


Unknown (zooey)
2017-07-18 23:22:54
麻央さんのブログは私も読んでいました。
海老蔵さん、日本で一番困ったちゃんだった自分を
彼女が救ってくれたと言っていましたね。
私もあの訃報には泣きました。
当時、テレビはあの話題ばかり流していましたものね。
そして「ライオン」にも泣きました。
中盤、やや中だるみがあったものの、良い映画でした。
あれが実話とはねえ…。
☆zooeyさんへ (nao♪)
2017-07-21 12:36:17
海老蔵さん、悲しみの中息子勸玄君との歌舞伎座での活躍・・・
仕事の時だけは悲しみも忘れられるのかもしれませんね。
ご自分のお母様や小林家の協力のもと、今はお子様方のケァーに頭を悩ませる日々かと思いますが、立場が立場だけに
今は考えられないかもしれませんが、これからの彼の再婚問題もいずれ浮上するかもですね。

映画「ライオン」は感動し、涙ポロポロでしたが、一緒に行った友人の一人は「良かったけど涙は出なかった」と言っていました。
人それぞれなんですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。