たんぽぽのいつだってキープスマイル!

笑って笑ってのんびりいこう♪

バスケットシューズ…何足目?♪

2016-07-31 21:30:01 | 日記
今日はNちゃんと一緒にバスケットシューズを買いに行った。
お互いに忙しく、中々一緒に買いに行く事が出来ずにいたが今日やっと。
もう限界…の状態だったので買えて良かった。
バスケットシューズは高い(;_;)
何でこんなに高いのか?
ジュニア用は比較的安く買えるのだが、ミニバスをする高学年からもう
ジュニア用をはかない。
動きとシューズが一体化しないからだ。
シューズが動きに負けてしまうので怪我につながる。
シューズが痛むと言う事はそれだけ頑張っていると言う事…と思い
買うしかないか^^
バスケを始めて約3年。
これで何足目のバスケットシューズになるのかな(0^-^0)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハッピーニュース!!♪

2016-07-30 22:02:49 | 日記
負の連鎖のデイ。
そのデイに久しぶりにハッピーニュース!!
開所からアルバイトで働き、今年4月から常勤になったF先生が来月結婚!!
お相手のお腹の中にはすでにベイビーが♡
ずっと一緒に暮らしていた二人にとって最高のけじめのタイミングだ。
報告があるんですけど…とちょっと照れくさそうに。
まだ他の職員には秘密らしい。
来月の会議で皆に発表するのかな。
嬉しいなぁ。
とっても嬉しい。
F先生は真面目な青年だから、きっと良き夫・良きパパになるだろう。
これを機に負の連鎖が断ち切れますように(0^-^0)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不審者対策

2016-07-29 21:09:32 | 日記
津久井の事件を受け、デイでの対策を考え進め始めた。
まずは裏口。
何が起きてもおかしくない世の中になってしまったから
思い立ったらすぐ行動!!
事務所を通って、外に出るためのドア。
鍵は着いているのだが、外からドアを開ける鍵がない。
以前聞いた話では、不動産屋さんも持っていないとの事。
マンションの裏に送迎車が置かれているので、裏口は送迎員の出入り口と
なる。
外鍵がないのでいつも鍵は開いたままだった。
不動産屋さんに連絡をして来てもらった。
不動産屋さんはいくつかの鍵を持って来てくれたが、どれも合わず(;^^
もし鍵がないのなら、ドアノブごと替えてほしいとお願いした。
そして早急に不審者侵入の対策マニュアル・訓練マニュアルを作り、来月から
訓練をする事にした。
また、外で子供を守るために名札を作った。
親御さんから預かる大事な子供達。
本気で守る体制を作らなければ。
やれる事は全てやる!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

福祉現場の現状

2016-07-28 21:43:33 | 日記
今日のYくんの連絡ノートには、親の気持ちが切々と綴られていた。
障害を持つ子の親として、今回の津久井の事件は衝撃だと。
あの事件以来心が休まらないそうだ。
決して他人ごとではない。
今デイにいる子供達もいずれ親と離れ、グループホームや施設で暮らす事に
なるだろう。
私達職員が衝撃を受けるのだから、親はどれほどのショックか。
弱者が心穏やかに日々過ごせる生活。
それは今の福祉社会を大きく改善しなければ生まれない。
安い賃金での重労働。
心身ともに疲れ果てる。
たくさんの重度の成人を一人で担当しなければならない。
優しく穏やかに接したいと思っても時間に追われ、そう出来ない。
そんな現状では温かな空気は生まれない。
この日本の福祉をスエーデンの様に変えてくれるのは誰なのか。
私達が底辺でいくら叫んでも何も変わらない。
でも諦める事無く訴えなければ事は始まらない。
私に出来る事…動かなければ!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

命の重さ

2016-07-27 21:22:21 | 日記
日本は平和な国だった。
だったはず…。
でもいつ何が起きてもおかしくない国と化している。
相模原の残忍な事件がそれを物語っている。
『障害者は皆安楽死させるべき…』
どこからそんな発想が生まれるのだろうか。
障害があろうがなかろうが、一つの命の重さは同じだ。
好きで重い障害を背負って生まれてきたわけではない。
障害があってもたった一度の人生を一生懸命生きているのだ。
こんな形で子供を失った親の気持ちは…。
そしてこんな異常で残忍な事件を起こした子の親の気持ちは…。
たった一人の犯行が多くの人の人生を狂わせた。
模倣犯がでませんように。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加