Nの目線

箏弾き菊地奈緒子の360°に向けられた眼差し

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フランクフルトへ/to Frankfurt

2010-02-08 21:28:17 | Weblog
先週、ドイツに戻ってきました。
やはり日本にいるときは、これをして、あれをして、、誰に会って。。と予定がいっぱいになってしまい。
ドイツではのんびり生活していたせいか、少し息切れ気味。。
でも一つ一つが大切な時間でした。
1月22日の作品展も無事に終わり、若い作曲家の方達の音楽に携われたのもとても嬉しい事でした。
どの曲も、大きな構成やまして勢いやノリで片付けられない、繊細で細部を大事にする曲だったので、音を考えながら、さらに全体を見つつ。。。とても勉強になりました。
今ヨーロッパで試みている音楽と、時間の流れの感じ方を少し変えるような感覚、、というのでしょうか。。。

私なりの収穫を得つつ、さらにまたもや新たな楽器と沢山の日本食料を持って戻ってきました(笑)

18日にはフランクフルト市内の本屋さんで、ダンテの詩の朗読に音付けしてきます。
翻訳家と詩人の共同作業での、イタリア語からドイツ語への新しい形での翻訳です。
これは、すでに録音もしていてCDにもなっているのですが、ライブはまた違った形の面白さが出てくる事と思います。
詳しくは
www.landinsicht.eu
にて。。。

どんより曇って、まだまだ冬のフランクフルト。。
春が待ち遠しいですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
I came back to Frankfurt last Thursday.

In Japan, I had so many things to do, so many people to meet...
as always it was busy staying. (It might be I get used do slow and relax life in Germany..)
Of course it was substantial time.

It was nice concert in 22nd Jan, that I joined.
I was glad to co-work with young composers.
Its pieces were very delicate for every tone. So I tried to play each tone carefully but not to forget to look whole pieces...
I felt different with time and space, that I am trying to do in Europa.
Anyway, it was nice to participate.

And I came back to Frankfurt with good experiences ,one more koto and many Japanese food.

In 18th I accampany with reading "Dante, Inferno V , la commedia ".
It is new german translation version by translater with poet.
We already worked for long time and made recording already.
But of course, Live is different and will be interesting.

Information:
www.landinsicht.eu

Frankfurt is cloudy and still winter like.. I am looking forward to spring.


Comment
この記事をはてなブックマークに追加