Nの目線

箏弾き菊地奈緒子の360°に向けられた眼差し

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

見ていた景色/nice view from hill

2009-08-17 19:36:25 | Weblog
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

次の音楽家たち!?/Next musicians!?

2009-08-17 19:33:15 | Weblog
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

みんなで。。/Musicians

2009-08-17 19:30:29 | Weblog
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Robertoさん

2009-08-17 19:28:25 | Weblog
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Asiago にて

2009-08-17 17:47:57 | Weblog
あっという間に8月も後半。。。。早すぎます。

8月5日からはイタリア、アジアゴの音楽祭に参加して来ました。
8日にはリコーダーの鈴木俊哉さん、アコーディオンのシュテファン フッソングさんと一緒にトリオのコンサート、9日に原田敬子さんの個展での演奏、加えて9日に今回の招待作曲家の原田さんの自作に関するトークで、デモンストレーションをしてきました。 
アジアゴは私が到着したベネツィア空港から1時間半ほど、北イタリアの高原の町で、避暑に、スキーにと観光でたくさんの人が訪れるそうです。実際、バカンスシーズンなのか車がかなり渋滞していました。

今回のフェスティバルは43回、主催かつスポンサーでもあるRobertoさんはチーズ会社の社長さんで,オルガニストのお母様がこのフェスティバルを立ち上げたのを引き継いでいるとの事。昨年の招待作曲家はソフィア グバイドウーリナなど、意欲的に、また真摯に取り組んでいるのが伝わって来ました。
コンサート後、「今日来た聴衆の男性たちは、今晩あなたの夢を見るでしょう」と言ってくれたのはさすがイタリア人!!と思いましたが。。。。

このフェスティバルの音楽監督でもあるチェリストのユリウスさんご夫妻にも公私共に本当にお世話になり、他の出演者の方達とも楽しく過ごす事が出来ました。

私が一週間ほど滞在したホテルは町からさらに山を登っていったところにあり
リハが終わると景色や空気が疲れをぬぐい去ってくれる様な感じで、本当に充実した時間でした。

さて、明日から日本に帰ります。とは言ってもすぐにアラスカツアーに突入するのですが。。
まだまだ旅は続きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
It is already second half of August.. so fast.

Since 5th Aug until 11th, I went to Asiago which is 120km north of Venezia, Italy and attend "Asiago festival".

Mr. Roberto Brazzale who is organizer and sponsor of this festival, is also a president of cheese factory (of-course I could eat and also got super delicious cheese:)).At first his mother started and worked for foundation. So this festival is alredy 43 edition and named 「Friends of the music of Asiago "Florella Benetti Brazzale"(name of Roberto`s mother) 」.

This year invited composer is Keiko Harada. So I played her Duo piece with Recorder player Toshiya Suzuki and Trio piece with Toshiya and Accordion player Stefan Hussong.
In this festival, it is first time to join "Koto", so I played some traditional piece too.
Also I introduced this instrument at presentaion of Keiko.

I was really happy Audiences interested in traditional koto as exoticism and in contemporary koto work how to develop and forward to the future.
I think it is very important for first step, to know, and it will be connected to "to interest", "to understand", and "to develop".

And Hotel where I stayed was top of the hill and it was really beautiful.
After rehearsal and concerts beautiful view and fresh air made me calm and refresh..

I really thanks to Roberto , Keiko , music producer and cellist Mr. Julius Berger and his wife (also cellist) Miss. Hyun-Jung and everybody.
It was wonderful time!!

Tomorrow I will fly to Japan, I give lessons and rehearsal and soon will rush to Alaska tour with z+.
It continue to my trip...


Comment
この記事をはてなブックマークに追加