Nの目線

箏弾き菊地奈緒子の360°に向けられた眼差し

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

たからもの

2008-11-20 19:17:03 | Weblog
先日5歳になった娘。
月日の経つのは早いものです。
やはり女の子、ピンクが好き、プリンセスになりたい、可愛い洋服大好き。
誰が教えるともなしに、女の子はそうなっていくのね。。。
と思っていたら、近頃幼稚園からのお土産(?)はお絵描き(最近は馬とか女の子が登場)と
何やらゴソッと重いものが、と思うと大きな石だったり、あとは枝だったり、木の幹の切れ端、ドングリ、顔以上ある大きな葉っぱ。。
???何だろうコレ???
質問してみると
“とっても可愛かったから。私のコレクションなの。。。”
それでも“可愛いもの集め”の一つなのね、と思いつつ。

今日も歩いていると急に立ち止まって、何やらポケットに入れております。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Punktlich

2008-11-17 19:59:28 | Weblog
昨日は友人が演奏しているメシアンを聞きにいく。。。はずだったのですが…

会場に到着したのは、コンサートが始まって10分後。
でも、一曲目はともかく2曲目から聞けるだろう。。と思って、、
扉が開いていない!! そして人もいない!!
会場を間違ったかな。。と確かめると、確かにコンサートのポスターは貼ってあり、、
では入り口が違ったかな。。とぐるりと会場の周りを一周。
刻々と時間は過ぎていくばかり。。。
どう考えてもこの会場、この入り口。だけどもう入場不可能!!
休憩まで待つのも寒すぎるので、残念ながら帰って来ました。
あ~あ。。。を何遍言っても時間は戻って来ませんが。。あ~あ。。。

ドイツ人は時間に正確な人が多く、受け取るミーティングなどのメールにもPunktlich(時間厳守!)と書かれている事もあり、几帳面なのは承知でしたが。。。

これからは、気をつけます。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Japantag にて

2008-11-17 06:22:00 | Weblog
寒さも慣れて来た今日この頃。。

先日はフランクフルトでのJapantagで演奏して来ました。
お昼から、折り紙や俳句、書道、アニメなど様々なイベントが、そして夜はコンサートという構成になっていて、私は昼からお邪魔してウロウロと見学。でもほとんどの講師の方がドイツ人の方だったので意外。。でもきちんと教えて下さって、こちらが『ハイ、、ハイ、、』と言いながら、教えてもらっていました。
自然と身の回りにあるものではなく、自らが興味を持って身につけた文化は、面白い視点と深い知識があるので、逆に勉強になる事が多いです。
こちらに来て質問される内容や、私自身が身をもって知る『箏を演奏するものとして知っておかなければいけない事、言葉で表現しなければいけない事』など、ただ“なんとなく。。身についているだけで。。”と言っているわけにはいけないと気づく事も本当に多いのです。いかに自分の意見を明確に言うか、も私の課題でもあります。
しかしながら。。その日の演奏は、演奏だけでしたケド。。。(少し安心している私。。)

さらに、来て下さっている客層の広い事。
様々なイベントのせいもありましたが、いわゆる“日本文化”に興味を持って下さっている年配の方から、アニメのコスプレをした若者まで、さらに家族づれもあり、こうやって興味を持ってもらえる事自体とても嬉しいのと同時に、日本人が思っている『日本的』ではなく、ありのままの『今の日本』にも興味を持っている様にも思え、良きにつけ悪しきにつけ、鏡を見ている気分にもなります。

私自身の演奏スタイルも、“どうあるべき”ではなく、自分のスタイルとして磨き続けていかなくてはいけないと感じた日でした。
これからも、たくさんの良い舞台があります様に。。










Comment
この記事をはてなブックマークに追加