Nの目線

箏弾き菊地奈緒子の360°に向けられた眼差し

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あっという間に..

2008-02-21 08:56:06 | Weblog
当たり前の様に。。ただ今ドイツの家にいます.
16日の夜にやっと我が家に戻って来ました.
バルカンのコンサートツアーはなんとか5公演を乗り越え、それぞれ各国各都市で喜んで頂けたようで嬉しく思います.
日本チームに合流する不安もあったものの、メンバーやフェスティバル、大使館の方々等たくさんの人達が支えてくれたお陰で心配なく乗り越える事が出来ました.

ベオグラードは2年前に来た時よりも、街も人も明るく豊かになった様に思いました.
ギターフェスティバルでは、箏も日本に固定する民族楽器ではなく世界中の人が自分の音楽を演奏する楽器になれば良い!と改めて感じ
各国の移動は車で7時間ほど、遠足気分で。。でもほとんど寝ていましたが..そしてまた来た道を帰る運転手さん達にも感謝!
サラエボは、お椀の様な町で、夜になると、家々の光が星をちりばめている様な姿に感激!
公演前に行なった子供達へのワークショップも楽しくて、可愛くて、なぜか写真を写すときの合い言葉が“チーズ”では無く“シャクハチ”になり、シャクハチが大ブレーク。
ザグレブでは早朝出勤(6時前出発)でテレビ出演し(確か“おはようクロアチア”という番組)、公演にはクロアチアのメシッチ大統領がいらっしゃるという事になり。。。
本当にいろいろ感じるツアーでした.

公演途中で、全ての電気系統が切れたり、今まで経験した事のない大小様々なハプニングもたくさんありながらも、演奏だけは絶対乗り切る!!というみんなの“暗黙の力”が公演に多大な支障を来す事無く終える事に繋がったのだと思います.

2、3日前のニュースでコソボが独立宣言するとのニュースが流れ、実際に踏み入れてはいない土地ながらも、人ごとには思えず、実際暮らしている人々の顔を想像しながら、どのような形であれ、悲しむ人が出ない事を心から願うばかりです.

14日はまたまた早朝、5時にホテルをでてドイツまで戻り、15日にはカールスルーエでエレクトロニックとの曲を演奏し、16日はハイデルベルグで尺八の方と古典や現代邦楽の演奏などスイッチの切り替えを必要とする演奏をして来ました.

そして、お家、やっとお家、ビバ!フランクフルト!

一日の休息のあと、次なるプロジェクトのリハーサルに入っています.






Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ただ今ベオグラーです.

2008-02-05 00:17:51 | Weblog
今日からギターフェスティバルに参加するので、セルビアのベオグラードに来ています.
今晩、日本からの演奏家達と合流、明後日から3回コンサートがあります。その後、また移動して16日まで様々な所でコンサートが続きます.ここまでコンサートが続くのは久々..体力がもつかしら。。
それぞれ違うプログラムなので、出来る限り随時ご報告できれば。。と思っています.


Comment
この記事をはてなブックマークに追加